関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟 【出光美術館】

週末にネタを補給したので最近の展示の記事に戻ります。この展示は最終日間近の7/16に観てきました。既にこの展示は終了しています。

20170715 133712

【展覧名】
 水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟 

【公式サイト】
 http://idemitsu-museum.or.jp/exhibition/schedule/

【会場】出光美術館
【最寄】有楽町駅

【会期】2017年6月10日(土)~7月17日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
最終日が近かったこともあって、結構混んでいて列を組んで観るような盛況ぶりでした。

さて、今回は長谷川等伯と雪舟という日本画でも屈指の絵師2人の名前を冠した展覧会となっています。しかし美術好きの方ならピンと来ると思いますが、そんなビッグネームの2人の作品だけで展覧会が成立する機会は滅多にありませんw 大半は他の絵師の作品です。 今回はテーマが「風」ということで、風をテーマにした作品というだけでなく雪舟風だったり等伯風といった水墨の歴史の流れを観るような趣旨で、どちらかと言うとこの2大絵師の作風を知っている人向けの内容だったと思います。既に終了しているし、ごく簡単な章ごとの展示内容だけ振り返ろうと思います。

<第1章 雪舟を創りあげたもの-「破墨山水図」への道>
この章は雪舟の「破墨山水図」を中心に、雪舟が留学し影響を受けた中国の玉澗や浙派(せっぱ)、牧谿(牧谿は長谷川等伯が特に影響を受けた)、後の時代に雪舟から影響を受けた雪村や谷文晁などもありました。雪舟は大胆さと繊細さが同居していると思いますが「破墨山水図」は大胆さが強めに出ていて、近代西洋の印象派よりもずっと前に単純化され筆跡を残す手法で描かれているのが面白いです。玉澗の作品は確かにそれに似た感じがあり、雪舟のルーツが伺えました。

<第2章 等伯誕生-水墨表現の展開>
ここは等伯を中心に、牧谿1点と狩野探幽などがありました。叭々鳥(ははちょう)を主題にした作品がいくつかあったかな。等伯は自身を五代雪舟と名乗っていましたが、空気感などは牧谿からの影響のほうが強いように思います。後期展示で竹鶴図屏風は観られませんでしたが、「松に鴉・柳に白鷺図屏風」など叙情的な作品を観ることができました。

<第3章 室町水墨の広がり>
ここから先は雪舟も等伯も出てきませんw この章は室町時代に描かれた様々な水墨画が並んでいました。この辺は軽く着色もあったりしたかな。強い輪郭と繊細な濃淡の表現をしている作品などは雪舟と共通するものを感じました。

<第4章 近世水墨-狩野派、そして文人画へ>
ここは桃山以降の近世の作品がならんでいました。日本の漢画は狩野派が主流となって行きましたが、狩野派はそれだけではなく大和絵との融合など独自の展開を見せていくのでやはりどこか雅な雰囲気があるように思います。一方、文人画とか南画はあまり好みではないのでサラッとw 描き込む割に緩いのでゴチャゴチャしている印象があるのでいまいち好きになれない。


ということで、雪舟と等伯の作品はそれほどありませんでしたが、水墨の歴史を中国から江戸時代まで観ることができました。全部 出光美術館の自前のコレクションなので、これだけの展示が出来るのは凄いことだと思う一方で、展覧会のタイトルはちょっと大袈裟だったんじゃないかなとw それさえ気にしなければ参考になる展示でした。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【番外編】没後90年 萬鐵五郎展 YORUZU Tetsugoro 1885-1927【萬鉄五郎記念美術館】

岩手編は今回で最後です。先日ご紹介した岩手県立美術館での「没後90年 萬鐵五郎展」と共同開催された萬鉄五郎記念美術館の「没後90年 萬鐵五郎展 YORUZU Tetsugoro 1885-1927」も合わせて観てきました。この展示は既に終了しておりますが、神奈川に巡回しておりますのでご紹介しておこうと思います。

DSC01692.jpg

【展覧名】
 没後90年 萬鐵五郎展 YORUZU Tetsugoro 1885-1927
【公式サイト】
 https://www.city.hanamaki.iwate.jp/bunkasports/501/yorozutetsugoro/p007663.html

【会場】萬鉄五郎記念美術館
【最寄】土沢駅(岩手県花巻市)

【会期】2017年4月15日(土)~6月18日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
こちらは岩手県立美術館と共同開催となっていて、章立ても同じ構成となっていました。内容は油彩もありつつ、素描や日本画が多めとなっていて、特に南画風の日本画がメインと言えそうでした。萬鉄五郎はこの美術館の付近で生まれ育ち、一度帰郷して制作を手掛けたこともあり、この辺を描写した作品もあるので臨場感というか、ここで作品が生まれたのかという感慨深いものがあります。

まず、素描は割りとラフなものが多いですが、直接のインスピレーションを示すものとなっているので、独特の面白さがありました。若い頃の人体素描などは割りと硬めに思うのですが、晩年に向けて大胆で力強い線に変わっていっているのも油彩同様に思えます。そしてこの展示のメインは何と言っても日本画です。日本のフォーヴィスムを牽引した萬が日本画(水墨画)を描いていたというのもあまり知られていないと思いますが、元々は水彩などから始まり、晩年は南画研究を行っていたのでそれが如実にあらわれています。池大雅や与謝蕪村のような雰囲気もありながら、どこか禅画のような緩さもあって面白いです。また、確実に晩年の洋画での展開を伺わせるものとなっていて、大胆かつ強烈な線が駆け巡る様はまさに日本画版のフォーヴィスムといった感じでした。

この美術館には特別展の他に、萬鉄五郎の残した品々や簡単な変遷をたどるような展示が常設されているので、そちらも楽しむことができました。(ちなみにこの美術館は花巻にあるので、盛岡の岩手県立美術館とハシゴするのは車が無いとかなり厳しいところです。)

ということで、岩手県立美術館の展示と共に萬鉄五郎を詳しく知ることが出来る内容だったと思います。どちらかと言うと萬鉄五郎のことを元々知っている人向けの内容でしたがフォーヴやキュビスムといった洋画からの影響からだけでは語れない萬の魅力はここも源泉の1つのかな?と隠し味の正体を観たような展示でした。この記事を書いている時点で神奈川にも巡回しておりますので、萬鉄五郎が好きな方は是非どうぞ(神奈川の展示は岩手の2館分まとめるのかは不明です。) 

 巡回詳細:神奈川県立近代美術館(葉山館)
 2017年7月1日~2017年9月3日
 


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【番外編】没後90年 萬鐵五郎展 【岩手県立美術館】

休暇を取っていたため少し間が空きました。6月の頭くらいに盛岡の岩手県立美術館で「没後90年 萬鐵五郎展」を観てきました。この展示は既に終わっていますが、入れ替わりで神奈川県立近代美術館(葉山館)で巡回展が始まりますのでご紹介しておこうと思います。

DSC01379.jpg

【展覧名】
 没後90年 萬鐵五郎展

【公式サイト】
 http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/2017_01.html

【会場】岩手県立美術館
【最寄】盛岡駅

【会期】2017年4月15日(土)~6月18日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
この展示は萬鉄五郎の20年ぶりの大回顧展で、生家のある花巻の萬鉄五郎記念美術館との共同開催となっています。合わせて300点という質・量ともに萬鉄五郎の決定版と言える内容となっていました。
萬鉄五郎はアート好きにファンの多い画家であるものの一般的にはそれほど知られていないと思いますがこの展示では学生時代から晩年にかけて代表的な作品も含めて多彩な画風を楽しむことができました。年代ごとに章分けされていて、簡単にご紹介すると

<1885-1911年 出発>
水彩を学ぶ、白馬会に通う、渡米、東京美術学校で黒田清輝の影響を受ける、フォーヴィスムに傾倒する といった流れ。特に画風がよく変わっていて、初期の水彩は観ても萬の作品とは思えないかも。学生時代はデッサンなどもあります。

<1912-1913年 挑戦>
フュウザン会に参加。主に後期印象派・フォーヴィスムの影響が強く、代表作を多く排出した時期。かなり色彩が強くて筆使いも大胆。この展示でも特に見どころが多い章です。

<1914-1918年 沈潜>
郷里の土沢(今の花巻)に帰っていた頃。茶色が中心の静物や人体、風景など力強さと土の匂いまでしそうな作風の時期。こちらも萬の代表作が多いかな。

<1919-1927年 解放>
神経衰弱と肺結核で茅ヶ崎に療養移住してから亡くなるまで。色彩が多彩に戻り、南画やマティスに影響を受けた画風。素描がかなり大胆で躍動的。

といった感じでした。私は萬鉄五郎が非常に好きなので、これだけ網羅した内容にかなり満足して図録も買いました。
前述の通りこの展示は萬のゆかりの地である神奈川でも開催されますので、アートファンは是非どうぞ。

 巡回詳細:神奈川県立近代美術館(葉山館)
 2017年7月1日~2017年9月3日
 
おまけ;
中々クオリティの高い折り紙w
DSC01388.jpg


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




驚きの明治工藝 【川越市立美術館】

この展示は5/20に観てきました。前回ご紹介したヤオコー川越美術館から徒歩でハシゴしました(すぐ近く) 

DSC00823.jpg

【展覧名】
 驚きの明治工藝

【公式サイト】
 http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html

【会場】川越市立美術館
【最寄】本川越駅・川越市駅・川越駅

【会期】2017年4月22日(土)~6月11日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。
この展示は台湾在住の漢方薬剤師である宋培安(ソンペイアン)氏のコレクションを中心に明治から昭和初期頃までの工芸品を集めたもので、漆工、金工、陶磁、七宝、染織といった幅広いジャンルの品が並ぶ内容でした。条件付きで写真を撮ることもできましたので、気に入った作品の写真を使いながらご紹介しようと思います。

写真のルールはこんな感じ。
DSC00825.jpg

まず第一章は「写実の追求 -まるで本物のように-」ということで、リアルな品々が並んでいました。

田中宗義 「自在龍」
DSC00827.jpg
これは世界最大の自在置物の龍。自在置物というのは可動する置物で、今で言うリボルテックです。首だけでなく指とかも動きそう。鱗も細かくて緻密な設計に驚きです。

この辺には蛇の自在置物もあり、それを動かしてる映像がありました。映像を観ると気味悪いほど蛇に見えますw

守由 「自在伊勢海老」
DSC00848.jpg
色がついてればエビそのものw 立派です。

宮本理三郎「柄杓蛙」
DSC00864.jpg
こちらは色も大きさもかなり本物っぽい。発想も面白い。

橋本市蔵「竹塗煙管筒」
DSC00870.jpg
これは一見すると竹ですが、実は紙と漆塗りで出来ています。斑点のところは黒い漆という徹底ぶり。

好山「自在トンボ」
DSC00888.jpg
これは少しアール・ヌーヴォー的な宝飾品みたいに見えるかな。他にもカマキリやセミなどもあり、いずれも驚くほど精緻です。

この近くには漆絵でも有名な柴田是真の作品などもありました。

続いて第二章は「技巧を凝らす -どこまでやるの、ここまでやるか-」ということで、技巧を駆使した作品が並んでいます。その背景には輸出や博覧会への出品があったようです。

米原雲海「無弦琴」
DSC00903.jpg
高村光雲の弟子の雲海。日本だけでなく西洋の技法も取り入れたようで、生き生きとしています。

三代清風与平「黄釉牡丹文壺」
DSC00944.jpg
焼き物もありました。黄色が柔らかくて非常に気品があります。牡丹の文様も優雅。

周山「薩摩焼竹図花瓶」
DSC00950.jpg
こちらは海外向けかな? 豪華さと静謐さが印象的。

濤川惣助「秋草鶏図花瓶」
DSC00955.jpg
明治期の七宝と言えば2人のナミカワ(並河靖之と濤川惣助)が有名。こちらは濤川惣助で、柔らかい表現が独特です。

海野勝珉「背負籠香炉」
DSC00978.jpg
中に香炉が入っている背負いかごのデザインが秀逸でした。

この近くには根付や蒔絵などもあり、いずれも驚かされるような技巧が見られます。

善拙「猫置物」
DSC01040.jpg
ちょっと悪そうな猫。ニヤッとしてるw

大島如雲「狸置物」
DSC01066.jpg
こちらは狸の和尚さんかな? とぼけた顔が可愛い。

最後は友禅で出来た絵などもありました。

ということで、タイトル通りの驚きだけでなく、面白さや可愛さなど様々な面を見せてくれる工芸品が並んでいました。
老若男女が楽しめる内容だと思いますので、川越観光に行く予定がある方はついでに足を運んでみるのも良いかと思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




雪村-奇想の誕生 【東京藝術大学大学美術館】

この展示は5/14に観てきました。この記事を書いている時点で既に終了していますが、滋賀のMIHO MUSEUMに巡回予定(2017年8月1日(火)~9月3日(日))のため、ご紹介しておこうと思います。

DSC00790.jpg

【展覧名】
 雪村-奇想の誕生

【公式サイト】
 http://sesson2017.jp/

【会場】東京藝術大学大学美術館
【最寄】上野駅

【会期】2017年3月28日(火)~5月21日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_4_⑤_満足

【感想】
この展示は15年ぶりに行われる雪村周継の大回顧展となっています。キャッチコピーに【「ゆきむら」ではなく「せっそん」です。】とわざわざ書いてあるのが面白いですが、日本美術史の重要人物でありながらあまり展覧会でも観る機会が少なく、一般的には知名度が低いのかもしれません。今回はそんな貴重な雪村の主要作品が一挙に100点近くあり、さらにそれを追った絵師たちへの影響なども取り上げていました。

雪村について簡単に説明すると、1489~92年頃に常陸国部垂で誕生したと言われ、近くの常陸太田の正宗寺(夢窓疎石が開山)に10代で入寺して修行していたそうです。その後はよく分かりませんが、50代で常陸を出て会津に向かい、蘆名盛氏に絵画の鑑賞法を伝授したそうです。その後、栃木の鹿沼の今宮神社に「神馬図」を奉納したり、佐野・足利を回ってから鎌倉・小田原に向かい、そこでも作品を残しています。 60代半ばは奥州を中心に活動。最晩年の80代は三春田村氏の庇護を受けて福島の郡山あたり(三春)で活動し、86歳で瀟湘八景図屏風を描くなど割りと長生きしていたようです。名前に「雪」が入っていることからも雪舟をリスペクトしていたようですが、雪舟のように中国に渡ったわけでもなく作風が似ているわけでも無いかなw

展覧会は入ってすぐに「欠伸布袋・紅白梅図」が展示されていて、その前には尾形光琳の「紅白梅図屏風」(MOA美術館のやつ)の垂れ幕がかかっていました。これは雪舟の「欠伸布袋・紅白梅図」の構図を江戸時代の尾形光琳が模して「紅白梅図屏風」を描いたのではないか?という説に基づいたもので、確かに言われてみれば布袋の部分が川になっているものの紅白梅は重なる部分があったように思えます。そもそもの紅白梅を両脇に置く着想はそのものと言って良さそうだし、尾形光琳は雪村を熱心に研究していたようなので、この説の妥当性は高いように思いました。そう考えると、江戸時代の美術の代名詞ともいえる琳派も元を辿れば雪村からの影響もあったのだなと感慨深いものがあります。

その後は時代順に観ていく流れで、奇想天外な作品が並びます。特に代表作の「呂洞賓図」や「琴高仙人・群仙図」「龍虎図屏風」などはファンタジーの世界なのにリアルで、存在感があります。首がもげそうなほど上を向いていたり、鯉に乗ったり、龍と猫みたいな虎が相対していたりと、どれも奇妙なのに愛らしく、一方で緊張感が漲る不思議な面白さがあります。龍なんかは雪村の描いたものがスタンダードとなって、後世の絵師が真似している様子なども展示されていました。
しかし、雪村の凄さはそれだけでなく、猿や馬など動物を描くとゆるキャラ的な可愛さがあり、これがまた面白い(特に神馬図の馬) 単純に可愛いだけでなく、背景との相似形を描くなど絵としての完成度も高く驚くばかりでした。勿論、風景画や人物画も手がけていて、人物画では顔は細かく描かれている一方で衣などは太く流麗な線で大胆に描くなど、1枚の絵でも表現に大きな差があります。風景画においては、風や波の表現が特に面白く、臨場感あふれる表現が見事でした。
展覧会の最後のあたりでは割りと近代の画家(橋本雅邦や狩野芳崖など)への影響なども観ることができました。これだけ影響力があったのにあまり知られていないのは勿体無いとしか言いようがないw

ということで、本当に自由闊達な画風を凄腕で描く絵師でした。関東ではもう終わってしまいましたがこれから始まる関西の方にオススメしたい展示です。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告