関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

映画「ダンケルク」(ややネタバレあり)

2週間ほど前にレイトショーで映画「ダンケルク」を観てきました。この映画は歴史的な作戦を題材にしているのでタイトル自体がネタバレと言えそうですが、記事内にも多少書いていますので、ネタバレを一切見たくない方はご注意ください。(私としては予習をお勧めします)

20170920 202138

【作品名】
 ダンケルク

【公式サイト】
 http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/
 
【時間】
 1時間40分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
レイトショーでしたが公開してすぐに行った為か割とお客さんが入っていました。

さて、この映画は「ダークナイト」や「メメント」、「インセプション」、「インターステラー」、といった人気作を手がけ新時代の巨匠と言われ始めたクリストファー・ノーラン監督の最新作です。私もこの監督の映画は大体観ているので今回も楽しみにしていましたが、タイトルを見てピンと来る人とそうでない人で評価が分かれると映画だったと言っても良いかもしれません。ダンケルクとはフランス北東にあるベルギー国境に近い海岸の街のことで、1940年にドイツ軍に包囲された多くのイギリス兵たちここから本国へと逃げて行きました。絶望的な状況において民間船舶を含めて多くの救出船が動員され、30万人以上が無事に生還した作戦で、今でもイギリスでは語り草になるほどだそうです。この作戦をきっかけにイギリス国民は団結しナチスに屈しない態度を強めたので歴史的にも大きな意味があるのですが、映画ではその前後の話はありません。
 参考リンク:ダイナモ作戦のwikipedia

映画の内容は3つの視点から描かれていて、脱出できずに海岸にいる兵士、イギリスから救出に向かう民間船、制空権を確保しにいくスピットファイアとなっています。それぞれの時系列が前後したりしながら、やがて1本になっていく感じで、リアルで見ごたえのある戦争映画となっています。
しかし、万人受けするとは思えない描写となっていて、特徴としては
 ・ストーリーはあまり起伏がなく同じようなシーンが多い
 ・映る人は沢山いるけど、主要な登場人物は少ない
 ・みんな疲れているのでセリフも少ない
 ・状況説明も無いので分かりづらい
 ・名前が中々出ないで顔が泥だらけだったりで人の区別が難しい
 ・戦闘シーンが地味(ドイツ兵は見えないし戦闘機も少ない…)
 ・音響がリアル
 ・緊張感と絶望感が凄い
等となっています。実際に戦場にいる人の状況に近いとも言えますが、娯楽映画として観るには厳しいかもw いちいち説明しない所はインターステラーでもそうだったように思いますが、もうちょっとストーリー性は欲しかったかな。女受けが悪い映画を作る監督としてネタにされがちですが、今作の連れの感想は「もうちょっと説明が欲しかった」でしたw

ということで、せめてウィキペディアを読むくらいの予習はしておいた方が良いと思います。私としてはもっと議会や国民の反応なども含めて当時の大局的な様子なども観たかったかなと思いました。追い込まれる感じはヒシヒシと伝わってくるので、それを味わう映画として考えればよく出来ていると思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




映画「セザンヌと過ごした時間」 (軽いネタバレあり)

先週の平日の会社帰りにBunkamuraル・シネマで「セザンヌと過ごした時間」を観てきました。今回はネタバレを含んでいますが、セザンヌについて調べれば分かる程度のネタバレにしておきます。

DSC08511.jpg DSC08497.jpg

【作品名】
 セザンヌと過ごした時間

【公式サイト】
 http://www.cetera.co.jp/cezanne/

【時間】
 1時間55分程度


【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
上映している映画館が少ない為か、割とお客さんがいましたが快適に鑑賞することができました。

この映画は近代画家の父と呼ばれ現在でも絶大な影響力を持つポール・セザンヌを主人公にしたもので、史実を下敷きに最近の研究結果なども考察して作られた物語となっています。幼少の頃に地元のエクス・アン・プロヴァンスで友達になったエミール・ゾラ(後の有名小説家)との友情を主軸に、苦労した若い頃と、仲違い後に久々に再会した頃の2つの時間軸を行ったり来たりするような構成となっていました。セザンヌは裕福な家庭の息子で、ゾラは幼少時に父を亡くし母親だけで育てられたのですが、ゾラは割と若いうちから有名になり、セザンヌは晩年まで世間あまり評価されませんでした。その葛藤もあってかセザンヌはプライドが異常に高く皮肉や罵詈雑言を言ってばかりという とんでもない性格ですw 今でこそ美術界の巨匠ですが、実際にこんな人が周りにいたら大変そう…。一方のエミール・ゾラはそんなセザンヌに子供の頃にイジメから救って貰ったこともあり、いつもセザンヌの味方になってくれる聖人のように思えます。(ゾラも何だかんだで若い家政婦と不倫したりと褒められた性格ではないですがw)
しかし、そんな2人もゾラの書いた「制作」という本を巡って仲違いするようになり、しばらく会わずにいました。そして久々の再会というところが、今回の映画の舞台となります。2人の友情がどうなってしまうのか、結果を知っている人にはストーリーが読めてしまうと思いますが、それよりも心情表現が深くてそこに面白味があると思います。強がって周りを罵倒していてもナイーブなセザンヌの不器用さが何とももどかしいです。父親に認められたいというコンプレックスをゾラに見抜かれ指摘されるなど、お互いの歯に衣着せぬ応酬が観ているこっちまで心苦しくなってくる感じです。

また、ストーリー以外でも楽しめる点としてこの映画の登場人物にはマネや画材屋のタンギー爺さん、画商ヴォラールなど近代絵画史で有名な人物も沢山出てきます。しかしそれらを知らなくても十分にストーリーは分かるので、知っていたらより楽しめる要素と言った感じかな。また、セザンヌがモデルに対してじっとしていることを強要するシーンなどはセザンヌのエピソードとしてよく紹介されているので面白かったです。

映像や役者については当時の街や本人のようにしか見えないw つい3ヶ月前くらいにエクスに行ったので、現地の光景を思い出しながら観ていましたが本当によく出来ていると思います。フランスの役者には疎いですが、セザンヌ役のギヨーム・ガリエンヌもゾラ役のギヨーム・カネも実力派と呼ばれるのが納得できるなりきりぶりでした。
 参考記事:セザンヌゆかりの地めぐり (南仏編 エクス)


ということで、セザンヌ好きとしては非常に楽しめる映画でした。予想以上の畜生ぶりを見せてくれて笑ってしまうところもありましたが、概ね今までの情報でイメージしていた通りかなw 2人とも強烈な個性を持っていました。 これを観ておけば、今後セザンヌの絵を観る時により感慨深いものとなると思いますので、美術好きの方にお勧めです。

なお、bunkamura以外にもいくつか(関東以外でも)やっている映画館はあるようですが、公開日がまちまちとなっていますので、気になる方はお近くの劇場があるか公式で探して確認してみるのをお勧めします。
 参考サイト:上映している映画館


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




映画「メアリと魔女の花」(ややネタバレあり)

先日、レイトショーで映画「メアリと魔女の花」を観てきました。今回はややネタバレを入れながらのご紹介となりますので、一切のネタバレ無しで観たいという方は感想部分は読まないように気をつけてください。

DSC07403.jpg

【作品名】
 メアリと魔女の花

【公式サイト】
 http://www.maryflower.jp/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_③_4_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
それほど混雑してるわけでもなかったですが、結構お客さんは入っているようでした。もう公開から長いので上映回数が減ってる分集まっているのかも。

さて、この映画は2014年にスタジオジブリを退社しスタジオポノックを立ち上げた米林宏昌が監督を務めた作品です。ジブリの時代には「借りぐらしのアリエッティ」と「思い出のマーニー」を手がけた監督なので、一定以上の出来は保証されていると思いましたが、やはり気になるのはジブリを出てどうなったのかという点でした。先に結論から言うと、それなりに面白いけど何年もしないうちに忘れそうな感じかなw 特にこれと言って新しいものがなく、ジブリに求められていたファンタジー活劇を代わりに出したという印象です。
 参考記事:
  映画「借りぐらしのアリエッティ」 ネタバレなし
  借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展 (東京都現代美術館)
  

ここからはネタバレを含みますが、まずストーリーは非常に平凡な話です。冴えない主人公がふとしたきっかけで異世界に迷い込み、そこで天才と賞賛されて無双する …と、昨今のライトノベルで大量生産されているプロットに近いものが序盤に展開されて思わず苦笑いw まあハリーポッターもそんな感じだし分かりやすいとは思いますが、話も単純な上に登場人物が非常に少ないのがちょっと気になりました。思えばアリエッティもマーニーも登場人物が少なかったですが、この作品よりは人物の深掘りがあったような…。 この辺は大人には物足りなさが残るように思います。とは言え、単純明快で伏線なども丁寧すぎるくらいに回収していくので、まとまりが良い話だと思います。

映像については、ジブリの映像に非常に近いとは思いますが、煌めくような感じがなく平坦な印象を受けました。緻密に描いてあるものの陰影が薄い絵のようになっていて、風景に奥行きがないのは残念。また、キャラクターは流石だと思うのですが、機械への愛情がちょっと感じられないかな。ラピュタのメカのような心惹かれるデザインが欲しかった…。 一方で声優陣に関しては安定感があって好印象でした。

ということで、どうしても宮﨑駿と比べてしまう映画でしたが、十分に楽しめる内容ではあったと思います。ジブリっぽい作風になっているだけにハードルが上がっているというのは間違いなくあるので、公平に観れば割と面白い作品になると思います。 ちょっとジブリ風に寄せすぎた感じもあるので次回以降に個性が観られると良いかなと。

それにしても残りの花はどうしたんだろう??というのが気になりますw



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




映画「スパイダーマン ホームカミング」(ややネタバレあり)

お盆休み期間に、レイトショーで映画「スパイダーマン ホームカミング」を観てきました。この記事には設定に関する軽いネタバレが含まれておりますので、一切のネタバレを見たくない方はご注意ください。

20170813 212437

【作品名】
 スパイダーマン ホームカミング

【公式サイト】
 http://www.spiderman-movie.jp/ 

【時間】
 2時間10分程度


【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
公開して2~3日くらいでしたがレイトショーということもあり、それほど混んでいませんでした。

さて、この映画はアメコミで有名なスパイダーマンを映画化したもので、近年の映画化では6作目となります。しかし、最初の3部作(サム・ライミ版)、その次にリブートされた2部作(アメージング)とも異なり、2回めの再始動となっていて今までのスパイダーマンの映画との繋がりはありません。しかし一方でアイアンマンやアベンジャーズシリーズとの繋がりがあり、物語自体はキャプテン・アメリカのシビルウォーの続きとなっています。 この設定が割とストーリーに絡んでくるので、アベンジャーズを観ていないと分からない所もありそうです。(観てなくても楽しめるとは思いますが何の話か分からないところが出ると思います)

また、今回のスパイダーマンの能力に関してもこれまでのシリーズと異なるところがあり、どうして能力を身に着けたかは話でさらっと説明する程度となっています。流石に3回も同じ話をするのは観てる方も飽きるのでそこは気にならないのですが、最も違いを感じるのはスパイダーマンの年齢と相棒の存在かな。とにかく今まで観てきたスパイダーマンの中でもぶっちぎりで頼りないw 色々危なっかしくて、アイアンマンに認められたくて仕方ないというのが前面に出てる感じです。 なので、今までのスパイダーマンとは違った先の読めないハラハラするものがありましたw その辺が年齢に合ったリアルな感じがして面白いです。

ストーリーはそれほど複雑ではなく、スパイダーマン本人や友人・家族など多くの人物のキャラ付けが丁寧に描かれている感じでした。アクションシーンはハリウッドの人気作だけあって凄いの一言なので、それだけで楽しめるかと思います。

ということで、今までのスパイダーマンとは一味違った映画となっていました。アベンジャーズとの繋がりの部分は元々のファン向けですが、それを知らなくても大部分は楽しめると思います。続編もありそうだしこれからアベンジャーズとの絡みが増えそうなので、ファンは必見と言えそうです。
ちなみに映画内でマーヴェルの生みの親であるスタン・リーもカメオ出演(セリフもある)で出ていました。マニアはそういうのを探すのも楽しいかと。
 参考記事:マーベル展 時代が創造したヒーローの世界(六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(ネタバレあり)

公開初日の金曜日のレイトショーで映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」を観てきました。この記事にはネタバレを含んでいますので、ネタバレを読みたくない方はこの先は読まないようお願いします。

DSC05241.jpg

【作品名】
 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

【公式サイト】
 https://warnerbros.co.jp/movie/jojo/

【時間】
 2時間00分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_③_4_5_名作

【感想】
この映画はジャンプで連載し、今でも続いている人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の実写版で、原作では第4章となる物語を映画化したものとなります。私はこの漫画が非常に大好きで、学生の頃から全セリフ覚えるくらい何度も読んでいました。(しかしそれくらい好きな人はザラにいるくらい熱狂的なファンの多い漫画で、私の周りの友人の中でも平均的なレベルかもしれませんw) そんなこともあって、実写化のニュースが出た時には嫌な予感しかせず、今日の公開までずっと不安というか諦めしかありませんでしたw 監督の三池氏の漫画実写化の実績も相当に酷かったという噂は対岸の火事のように聞いていたのが、ついにこっちに来たかと仲間内でも諦めムードが満載でした。原作者の荒木飛呂彦 氏がフォローしてたものの、舞台挨拶のニュースなどを見るにスタッフの原作愛の無さが伝わってきてたので、見えてる地雷を踏みに行くのかと言われましたが、人柱になるのを覚悟で観に行ってきました。
…その結果、意外にもイケるぞ!!という感想で終えることができましたw 期待値が低すぎたというのもあるとは思いますが、8割くらいは原作通りとなっています。残り2割は映画版ってそういうものだよね…と流す大人の余裕を保てるレベルw 比較対象としては「るろうに剣心」の映画版と同じような感覚かな。「原作と似た別物」と捉えれば全然ありなレベルでした。 勿論手放しで絶賛できるわけではなく、役者の演技力が人によってまちまちだったり衣装がコスプレに見えたり、スペインロケで完全に日本じゃない感が漂っていたり… 言い出したら限が無いですが、全部許せるレベルw もうドラゴンボールかテラフォーマーズか、いやいやデビルマン超えもあり得るなんて憶測があっただけに、これなら許容範囲内というところで留まっただけでも嬉しいのですw 良い点としてはCGが結構良かったのと、映画らしさのある表現、人物描写を丁寧にしているところ 等が挙げられると思います。 ただ、原作を知らない人がこれを観てもスタンドの仕組みとか疑問だらけになる気もしますが、これから説明していくのかな??

ネタバレをすると、話はアンジェロから虹村形兆までで、ラストは2章以降を大胆に端折ってくるのが分かるような改変がありました。この辺りは原理主義的なファンにとっては許せないかもしれないですが、私の心は平穏ですw このレベルで済んだ。いや、このレベルまでよくたどり着いてくれたと感謝しかありません。残りの2章3章もこのレベルで進んでくれれば少なくとも大ダメージにはならないと思いますw
ここまで言っても友人たちには絶対嘘だろとか、コメディとしてだろ?とかメッセでボロカス言われましたが、これなら続編も観に行こうと思えたのが正直なところです。低評価をつける人の気持ちも痛いほど分かりますが、私は楽しめました。

ちなみに来週から、せんだいメディアテークでジョジョ展が開催されます。数年前にも同じような展示をやっていましたが、第四部の舞台のモデルになった仙台でジョジョ展を観るというのはジョジョファンにはたまらないと思います。
 ※基本的に前売り券が必要なのでご注意。
 
 参考リンク:荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 2017」
 期間;2017年8月12日(土)~9月10日(日)
 
 過去に行われたジョジョ関連の展示の記事
  2012年 荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町 (せんだいメディアテーク)
  ジョジョの奇妙な冒険25周年記念「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」 (森アーツセンターギャラリー)
  岸辺露伴 新宿へ行く 展 (グッチ新宿)
  Japan Original Beauty (『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボレーション)(資生堂銀座ビル 花椿ホール)
  
  


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告