関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ 【東川口界隈のお店】

こちらのお店には5月末に行ってきました。久々に美食関連の記事ですが、今回の主役は寝台特急「北斗星」です。何と、北斗星の食堂車を引退後に移設してきたレストランです。

DSC01359.jpg

【店名】
 ピュアヴィレッジなぐらの郷 グランシャリオ

【ジャンル】
 レストラン/カフェ

【詳細サイト】
 ホットペッパー:https://www.hotpepper.jp/strJ001147262/
 ※営業時間・休日・地図などは公式サイトでご確認下さい。

【最寄駅】
 東川口駅(徒歩10分程度)

【近くの美術館】
 なし

【この日にかかった1人の費用】
 800円程度

【味】
 不味_1_2_3_④_5_美味

【接客・雰囲気】
 不快_1_2_3_4_⑤_快適

【混み具合・混雑状況(日曜8時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【総合満足度】
 地雷_1_2_3_④_5_名店

【感想】
朝8時の開店ちょうどに合わせて行ったので、空いていて写真も取り放題でしたw 9時くらいになると家族連れとかも増えてきたので、やはり人気があるようです。

このお店は東川口駅から徒歩10分くらい(駅前から道を真っ直ぐ行ったところ)にあり、元々は「ピュアヴィレッジなぐらの郷」というレストランやパン屋さん等いくつかのお店が集まったところだったのですが、2016/5月に北斗星の食堂車「グランシャリオ」を移設してきて現在に至ります。この車両では「ピュアヴィレッジなぐらの郷」の各店舗のメニューを提供しているようで、時間帯によってメニューがだいぶ違います。私が行ったのはモーニングの時間帯でした。

こちらがメニュー。
DSC01315.jpg DSC01344.jpg
先に「乗車券(大人500円)」を買う必要があり、これは食事代とは別です。モーニングは乗車券付きモーニングセット800円となっていました。

モーニングはパン屋さんの時間帯なので、奥にあるパン屋さんでパンを買いました。モーニングにはスープと飲み物しか付かないので、ここで買わないと食べるものがありませんw モーニングはパン屋さんで乗車券も買います。
DSC01319.jpg
朝ということもあって、焼き立てのパンもありました。

こちらが乗車券。
DSC01352.jpg
割りとしっかりしている紙なので、記念としてとっておけそうです。

改めていざ車内へ!
DSC01320.jpg

通路はこんな感じ。同じところを往復で撮っています。
DSC01323.jpg DSC01327.jpg
中間あたりに手を洗うところもありましたが、今も動くか試さなかったのがちょっと後悔w ここはこの光景よりも寝台列車の独特の匂いが残ってて懐かしかったw

そして車内。入口方向から奥に向かった光景
DSC01316.jpg

こちらは奥から入口方向
DSC01331.jpg

厨房の中も覗いてみました。
DSC01339.jpg
今も使ってるっぽい

北斗星には乗ったことがあるけど、その時食堂車の予約は取れなかったのでこのテーブルと椅子がオリジナルなのか私には分からないですが、寝台車の雰囲気は凄く出ています。
DSC01332.jpg

モーニングの飲み物はこの中から選びます。私はカモミールにしました。
DSC01341.jpg

この急須もオリジナルなのかな?? 自分の知識ではどこまでオリジナルか分からないのが悔しいw
DSC01343.jpg
良い香りで朝に相応しい清々しさでした。

こちらがモーニングセット。割りとシンプルですw 
DSC01345.jpg
スープは見た目通りで普通な感じ

こちらはパン屋さんで買ってきたパン。詳しい金額は忘れましたが200~300円くらいだったかな。
DSC01346.jpg
非常に美味しくて食べごたえもありました。連れの食べてたパンも美味しかったみたいなので、どれでも美味しいのかも。

パン屋さんではグランシャリオに見立てた箱に入った食パンも売っているようです。
DSC01348.jpg

食べ終わってから、改めて外装を撮り鉄
DSC01368.jpg

車体の番号のアップ。
DSC01356.jpg
この車両は引退後に大宮のJRの車両工場から運ばれてきました。

私が行った頃にミニグランシャリオというお店の車もいましたw
DSC01313.jpg
モーニングしている間にどっかに行ったので、配達でもしてるのかな??


ということで、グランシャリオを満喫してきました。この近所に住んでいる友達も全然気づいていなかったので、まだそれほど知名度は無いのかもしれませんが、鉄道ファンならずとも家族連れにも楽しめるお店だと思います。 時間帯によって全然メニューが違うし、貸し切りなんかもできるようです。できれば寝台特急らしくゆっくり夜にも来てみたいかなw 


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




田園調布の写真

今日はちょっと変わった趣向で、街自体が1つの作品と言える田園調布に行ってきました。

DSC01307.jpg

この日は生田緑地の帰りに変わり行く武蔵小杉の様子を見に行ってきたのですが、ついでに新丸子から橋を渡り田園調布まで散歩してきました。
田園調布は1918年に渋沢栄一によって作られた田園都市株式会社が計画した都市で、駅前広場を中心に放射状に道が伸びているのが有名です。これは当時のヨーロッパの特徴を取り入れたものだそうで、街路樹なども相まって高級感が当時から話題となり現在まで高級住宅地の代名詞存在となっています。
 参考記事:渋沢史料館 (王子 飛鳥山)

こちらが駅前広場(逆光で光が飛んでますがw)
DSC01303.jpg
見事に円の中心になっています。

放射線状に伸びている道路は街路樹が植えられていて、周りはお屋敷ばかり。
DSC01310.jpg
景観条例が厳しいらしくコンビニどころか自販機も無く、高級車はたくさんいるけど若者がいません。

放射線状の道に対して横切る道は弧を描いています。
DSC01308.jpg

最初の写真を再掲。これが今回の目的の田園調布駅。聖徳記念絵画館の建設にも関わった矢部金太郎による設計です。
 参考記事:重要文化財指定へ わが国初期の美術館建設の軌跡 (聖徳記念絵画館)
DSC01307.jpg
矢部金太郎は1924年に田園都市株式会社に籍をおいて田園調布の開発に参加したそうです。

こちらは駅側。ドイツ風の建物と言われています。
DSC01302.jpg

やたら新しいのは鉄道の地下化に伴い、1990年に旧駅舎を解体し、現在の建物は2000年に復元された為です。
可愛らしい小さな駅舎ですが、現在の駅は地下にある現代的なものです。こちら側にはスーパーなんかもあります。(お店は駅前しか無いかも)

ということで、ちょっと住むのは大変かもしれないですが、瀟洒な雰囲気の街であることはよく分かりました。住民ではない私としてはこういう雰囲気の町並みが残ってくれると嬉しいけど、高齢化してそうなので今後はどうかな。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【川崎市立日本民家園】の写真 (2017年05月)

5/27に川崎市立日本民家園に行ってきました。

DSC01088.jpg

【公式サイト】
 http://www.nihonminkaen.jp/

【会場】
 川崎市立日本民家園

【最寄】
 向ヶ丘遊園駅/登戸駅

【感想】
この施設は4年くらい前に行ったきりだったので久々でした。簡単に説明すると、ここは古民家を集めた建物園のようなもので1つの集落のように多くの民家が並んでいます。以前の記事で色々とご紹介したので、そちらも参考にして頂ければと思いますが、今回はなるべく以前の記事で紹介していない建物をご紹介しようと思います。

以前の記事
 【川崎市立日本民家園】の写真 (2013年10月)


園内はこんな感じ。宿場、信越の村、関東の村、神奈川の村、東北の村という区分けになっています。
DSC01109.jpg

入ってすぐ右手にある建物がカフェになっていました。前回はこんなのあったかな??
DSC01090.jpg DSC01091.jpg

こちらは旧三澤家住宅。耐震工事をしているところでした。これは逆に貴重なものを観られた感じ。
DSC01107.jpg

信越の村は合掌造りの建物が複数集まっています。
DSC01130.jpg

こちらは富山の五箇山にあった旧野原家住宅。五箇山の他の地域と違って棟と平行方向に出入り口があるのが特徴なのだとか。
DSC01154.jpg
幾何学的で機能的な美しさが好み

信州の村には休憩所 兼 お食事処があり、今回もお蕎麦を食べてきました。
 参考記事:そば処 白川郷  【日本民家園内のお店】
近くにあったお団子の屋台も美味しかったです。古民家お団子と蕎麦を食べるとタイムトラベルした感じw

これは関東の村の旧作田家住宅。イワシ漁で栄えた九十九里にあったそうで、格式高い民家のようです。(お風呂と便所も付いてる)
DSC01162.jpg

旧作田家住宅の中。ここで作業や会合をしたそうで、かなりの広さでした。
DSC01167.jpg

これは鹿児島の沖永良部島の高倉。急に南国の建物が来て違和感がw 屋根のように見える部分が倉になっていて、高床なので湿気対策になるようです。また、この木はイジュという毒のある木だそうで小動物の侵入を防いでいます。
DSC01175.jpg

こちらは神奈川にあった旧北村家住宅。1687年に建てられたことがハッキリしているそうです。昔は板があまりなかったそうで、床が竹を敷き詰めたものになっていました。
DSC01198.jpg

旧北村家住宅でボランティアの方に説明を聞いていたら、話している間に棕櫚をハサミで加工してバッタを作ってくれました。5分もかからず手際よく作ってこのクオリティ。凄すぎる!
DSC01207.jpg

こちらは川崎にあった船頭小屋。何とお神輿のように棒をつけて運ぶことができるようです。
DSC01220.jpg

ここから急な坂道を登って行くとこの民家園の目玉と言える船越の舞台などがあります(以前の記事参照)

こちらは岩手にあった旧工藤家住宅。曲がり屋と呼ばれる南部馬と共生する独特の作りです。
DSC01247.jpg

馬は農作業の手伝いだけでなく、糞を肥やしにしたり重要な役割がありました。それ故、冬は水を温めて飲ませたりするなど大事にしてたようで、死んでしまった時はお墓に埋葬した上 藁の馬を作って煮豆を備えていたのだとか。
DSC01250.jpg


ということで、今回も日本各地の民家を楽しんできました。写真だけではわかりづらいですが、ここは急坂が多いので軽い登山みたいな面もあるので晴れた日にはハイキングも兼ねて行くと一層楽しめると思います。


おまけ:
民家園の近くには狸注意の標識がありました
DSC01087_20170603011423677.jpg


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




川越の写真(2017年5月)

2回続けて川越の美術館の展示をご紹介したので、ついでに川越の町並みも写真で紹介しようと思います。
ブログをお休みする以前にも記事にしたことがあって、内容はかなり重複しています。
 以前の記事

以前の記事と比べると驚くほど似た場所で似た写真を撮ってきましたw 今回は寺社仏閣や本陣には全く寄らなかったので、量も少なめです。

こちらは地元の名産品などを売っているお土産屋さんみたいなところ。お弁当などもありました。
DSC00791.jpg

こちらは大正浪漫夢通り。何度観ても風情のある看板が良い。特にフォントが良い
DSC00795.jpg

大正浪漫夢通りの近くのお店。こんな感じの建物がこの辺には密集しています。昔、大火事を出したときの教訓で蔵造りみたいな建物になっています。
DSC00797.jpg

川越商工会議所。昔は武州銀行川越支店でした。この写真とか以前の記事とかなり同じで自分でも驚きましたw
DSC00801.jpg

左の建物はカフェ。右は何と歯医者さん。こんなオシャレな歯医者さんに通ってみたい。
DSC00807.jpg

こちらは埼玉りそな銀行川越支店。帰り道に撮ったのでちょっと夕映えしていました。
DSC01082_20170602001118bdb.jpg

川越のシンボルである「時の鐘」
DSC00816.jpg
この辺で平たくて薄いサツマイモのチップスを売るお店が出来たらしく、並んでいました。フォトジェニックでインスタやってる人に人気なのだとか。

時の鐘にほど近い モダン亭太陽軒。国登録有形文化財です。
DSC00818.jpg
私が行ったのはお昼には遅い時間だったので閉まっていましたが、人気のレストランです。

相変わらず車通りが多いですが、観光のメインの通りはこんな感じで両側に古い家がズラッと並んでいます。
DSC01075.jpg

この重厚感ある建物は西洋の伝統的な建築物にも負けない魅力です。
DSC01084.jpg

こちらは菓子屋横丁 18時過ぎに行ったらみんな閉まってましたw
DSC01077.jpg
最近火事が出たと聞きましたが、割りと以前と雰囲気は変わっていないように思いました。


ということで、今回も川越の街歩きを楽しんできました。以前に比べて外国人観光客がかなり増えていて驚きましたが、鎌倉などと比べても遜色ないくらい魅力的なところです(しかも交通の便が良い) ちょっと車通りが多いのが玉に瑕ですが、オススメの観光地です。今回は行きませんでしたが、寺社仏閣も多くて七福神めぐりなども出来るので、天気の良い日にウォーキングを兼ねて行くと良いかと思います。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【東武動物公園】の写真

前回ご紹介した川越に行った次の日、今度は埼玉県の東の方にある東武動物公園に行ってきました。

P1150147.jpg

【公式サイト】
 http://www.tobuzoo.com/

【施設名】
 東武動物公園

【最寄】
 東武動物公園駅


晴れた日曜日でしたがそれほど混んでおらず、快適に見て回ることができました。

さて、この東武動物公園はその名の通り動物園なのですが、園内には遊園地も併設されている「ハイブリッド・レジャーランド」を標榜する施設です。他にもプールや乗馬の施設もあり、花火やイルミネーションなどのイベントもあるそうです。2つの市町にまたがる細長い敷地で、北西側のほうが動物園、南東側が遊園地となっていて、園内にはバスや鉄道もあり、広い敷地を行き来できるようになっています。
1981年に開業し、昔はカバ園長で有名でしたが2005年に名誉園長を引退し、2006年に他界されたそうです。そして今では世界的にも珍しいホワイトタイガーなどがこの動物園のシンボル的存在となっています。私もホワイトタイガーを目当てに足を運んでみました。

最初にバスで一番奥まで行って、そこから正門へ戻っていくようなルートにしました。写真も沢山撮ってきましたので、ここから先は写真と動画を使ってご紹介しようと思います。

まずは鳥達が住んでいる建物から見ていきました。これはホオシロカンムリヅルというアフリカ南部の鳥。
P1150154_20140408010515f18.jpg
肉食の強い雑食で昆虫や草を食べて暮らしているそうです。何と言っても冠が立派で、聖人の後光みたいw

ここにはコフラミンゴやオシドリなどもいました。また、園内に隣接した乗馬クラブや、犬猫と触れ合えるコーナーなども近くにあります。

続いてこちらはオオワシ。日本全域にも生息しています。
P1150174.jpg
水辺の生き物を食べるそうで、ウミウシや魚を主食とするそうです。最近ではブラックバスを食べるものもいるのだとか。緊張感のある顔つきでした。

続いても猛禽類でシロフクロウ。これは北極圏の森林に住んでいます。
P1150178.jpg
レミングやホッキョクウサギを食べるそうです。意外にも真っ白なのは雄だけで、雌は黒褐色の斑点が付いているそうです。ここにはつがいで2羽いたのですが、確かに色が全然違っていました。

続いてはこの動物園でも特に人気のレッサーパンダ

レッサーパンダは3匹いて、1匹は外でウロウロしていました。しきりにおしっこをしていたのは縄張りでも主張しているのかな? 非常に可愛い顔をしています。ちなみにジャイアントパンダよりもレッサーパンダのほうが先に発見されていたらしく、パンダはレッサーパンダのことだったのですが、ジャイアントパンダが有名になりすぎたので、小さいという意味のレッサーがつけられるようになったのだとか。

続いてこちらも大人気のフンボルトペンギン。

南アメリカのチリやペルーにいるペンギンで、温暖な地域の環境に適しているそうです。よちよち歩きがこれまたキュート。

この辺りには動物と触れ合えるコーナーもありました。こちらはその一角にいたミミズクかな?
P1150205.jpg
こういうおじいさんいますねw 立派な眉毛に見えるw

しばらく歩くと象もいました。
P1150217.jpg
こちらの象にお客さんが餌をあげていました。何かの体験イベントなのかな?

そしていよいよ大型のネコ科コーナーへ。行ったらちょうどライオンの食事のショーをやっていました。

雌のほうが強そう!w 雄は狩りはせず群れを守る存在で、狩りは雌の役目だったりします。それにしても大迫力の展示で、これは見応えがありました。

そしてライオンの隣にはホワイトタイガーの家族が住んでいました。ホワイトタイガーは通称で、これはベンガルトラの白変種です。

世界でも200頭しかいない貴重な虎で、日本では20頭しかいないそうです。まだ若い子供たちも餌を食べていたのですが、思った以上に木登りが得意で大きな猫みたい…。もし虎に追いかけられたら木に登っても無駄ですね。

こちらはミーアキャット。
P1150249.jpg
穴に住んでいるミーアキャットは日が昇るとひなたぼっこしているそうです。また、天敵が空から狙ってこないか見張っているそうです。可愛いですが野生のミーアキャットは蜘蛛やサソリなどを食べるようです。

この辺は狸やアライグマなど可愛い動物もいました。

何やら列が出来ている建物がありました。
P1150256.jpg
これは蛍を見られる施設らしく、私も見たかったのですが列が長いので諦めました。

お馴染みのサイ。
P1150261.jpg
眠っているような穏やかな表情をしていました。

こちらも定番のキリンとシマウマ
P1150264.jpg P1150265.jpg
この動物園はどうぶつが結構のびのびしているのが印象的でした。

今回、私はまったく利用しませんでしたが、ここには遊園地もあります。
P1150268_20140408010630396.jpg
つい最近(2014/3/21)にハートフルタウンというのがオープンしたそうで、観覧車も新しいものに変わったそうです。


ということで、かなり久々に行きましたが可愛い動物に会うことが出来ました。ホワイトタイガーとライオンの餌やりもかなりの迫力で、非常に満足できました。上野動物園とは違った魅力がある施設です。



記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
41位
アクセスランキングを見る>>
広告