関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

セザンヌ―パリとプロヴァンス (2回目感想後編)【国立新美術館】

今回は前記事でご紹介した国立新美術館の「国立新美術館開館5周年 セザンヌ―パリとプロヴァンス」 の後編となります。前編同様に見どころや各章の詳細については以前ご紹介したので省略して、まだご紹介していない作品についてご紹介していきます。以前の記事を読んでいない方は先にそちらを読んで頂けると嬉しいです。

 参考記事:
  セザンヌ―パリとプロヴァンス 感想前編(国立新美術館)
  セザンヌ―パリとプロヴァンス 感想後編(国立新美術館)
  セザンヌ―パリとプロヴァンス 2回目感想前編(国立新美術館)

P1010525.jpg P1010530.jpg

まずはおさらいです。

【展覧名】
 国立新美術館開館5周年 セザンヌ―パリとプロヴァンス

【公式サイト】
 http://cezanne.exhn.jp/
 http://www.nact.jp/exhibition_special/2012/cezanne2012/index.html

【会場】国立新美術館 企画展示室1E  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】千代田線乃木坂駅/日比谷線・大江戸線 六本木駅
【会期】2012年3月28日(水)~6月11日(月)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日16時半頃です)】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_4_⑤_満足

【感想】
前編は2章までご紹介しましたが、後編は身体、肖像、静物、晩年についてご紹介します。

<第3章 身体>
3章は性をめぐる葛藤や水浴などを主題にした作品が並ぶコーナーです。ここは素描などが多かったです。

[3-1 パリ:裸体の誘惑]
ポール・セザンヌ 「永遠の女性」
背を向ける裸婦とその周りの男達を描いた作品で、女性に向かって何かを渡そうとしているような人の姿もあります。細部はあまり描かれておらず色も所々といった感じです。特に解説はありませんでしたが、近くにある同名の作品と似たところもあるので下絵かな??

ポール・セザンヌ 「ナポリの午後」
ベッドで横になって寄り添う男女の後ろ姿を描いた作品です。側では盆を持ってくる青黒い男性の後ろ姿も描かれています。これも特に解説には無かったですが、裸婦と黒人の召使い?の組み合わせはマネのオランピアからのインスピレーションなのかな? 男まで描かれているのでより性的で退廃的な感じもしました。

[3-3 プロヴァンス:水浴図]
ここは点数もそんなになく、以前ご紹介した作品の他は素描やリトグラフが中心でした。

[3-2 パリ:余暇の情景]
こちらも割愛。


<第4章 肖像>
続いて4章は肖像のコーナーです。セザンヌはじっとして動かないモデルが好きだったようで、何度もポーズを取らせたりもしていたようです。

[4-1 親密な人々:家族と友人の肖像]
ポール・セザンヌ 「自画像」
これはピサロに印象派の技法を学び第1回印象派展に参加した翌年の自画像です。禿頭に立派なヒゲを生やしていて、背景にはセーヌ河の川岸とノートルダム大聖堂が描かれているようです(聖堂はよくわからなかったですがw) こちらをじっと観て自信家らしい風貌にみえました。結構大胆な筆遣いです。

ポール・セザンヌ 「横たわる少年」
川岸で寝転がる青年を描いた作品です。背景の川は水平に走り、木が垂直に立っているなど水平垂直の構図はここまで観てきた作品に通じるものがあるように思います。若干、青年が大きく見えました。この青年は息子のポールに似ているようです。

ポール・セザンヌ 「縞模様の服を着たセザンヌ夫人」
黒地に黒い縞の入った服を着たセザンヌの奥さんを描いた作品です。じっと左を観て不動の雰囲気があります。静かで理知的な表情に見えました。

[4-2 パリ:コレクター、画商の肖像]
ここは2点しかなく、以前ご紹介したヴォラールの肖像と、ヴィクトール・ショケ(印象派やセザンヌを庇護した官吏のコレクター)の像のみでした。

[4-3 プロヴァンス:農民、庭師の肖像]
ポール・セザンヌ 「庭師ヴァリエ」
緑を背景に紺色の服と帽子のヒゲの生えた庭師を描いた作品で、だいぶタッチが広めで厚く塗られているように見えます。落ち着いた色合いのせいか、威厳すら感じる精悍な顔に見えました。


<第5章 静物>
5章は静物で、セザンヌの造形的実験と印象派の色彩を取り込んだ作品が並んだコーナーです。

[5-1 北を中心に:1882年まで]
ポール・セザンヌ 「牛乳入れとレモンのある静物」
これは小さな静物で、レモンや白地の陶器の器、青黒い牛乳入れの筒?、瓶、ナプキンなどが描かれています。レモンと陶器は円、瓶は球と円筒といった感じで、セザンヌの有名な「自然を円筒、球体、円錐で扱いなさい。」という言葉を彷彿とさせました。

ポール・セザンヌ 「開いた引出しのある静物」
机の上に置かれた皿に入った果物や洗面器、コップ、鏡などを描いた静物です。この時期にパリで描いた静物は簡素な構成だったのに対してプロヴァンスで描かれたこの絵は例外的に構成が綿密に練られているそうです。画面からはみ出している洗面器や机は抽象的な形態を際立たせ、開いた引き出しや何も映らない鏡は奥行きを暗示するとのことでした。 一見すると何気ない感じに観えますがそんな計算があるとは… こちらも幾何学的な形のモチーフが多いように思いました。

[5-2 南を中心に:1882年以降]
ポール・セザンヌ 「青い花瓶」 ★こちらで観られます
これはジャス・ド・ブッファンで制作された作品で、机に乗った青い花瓶に入った草花や周りの果実、茶色いラム酒の瓶などが描かれています。瓶は左半分が画面から出ていて、これはパリでの簡潔な構成で見出した独自の手法が活かされているそうです。また、背景の壁や机なども空間構成に緊迫した雰囲気を与えているようです。こちらも構成に凝っているようですが、難しいことを考えなくても明るめの対比的な色の使い方が華やかな雰囲気でした。
この近くにはこの作品に描かれた瓶も展示されているのですが、凄く普通の瓶ですw 絵で観たほうが味わいがあります。


<第6章 晩年>
最後は晩年のコーナーです。この頃には個展の成功によって有名になっていたらしく、死ぬ直前まで絵を描き続けたようです。

ポール・セザンヌ 「5人の水浴の男たち」
これはオルセー美術館の「水浴の男たち」のヴァリエーションの1つで、10年後に描かれたものだそうです。4人の裸体の男性が座ったり手を伸ばして立っている様子が描かれています。オルセーの作品は人々の配置が見事な三角形の構図となっていますが、こちらは三角という訳ではなく、フリーズ状に連なっているようです。結構、細部は省略されていて、色は水彩のように瑞々しいと解説されていましたが確かにその通りの印象を受けました。
 参考記事:オルセー美術館展2010 ポスト印象派 感想前編(国立新美術館)

最後はセザンヌのアトリエの再現でした。こちらも作品の中に出てくる品々が展示されていました。


ということで、今回は以前よりも空いていたこともあり、じっくりと楽しむことができました。セザンヌは近代絵画にとって最重要人物ですので今後の美術鑑賞にも役立ちそうです。もうすぐ終わってしまいますがお勧めの展示です。


 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告