関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

浮世絵猫百景-国芳一門ネコづくし- (後期 感想前編)【太田記念美術館】

前回ご紹介したエスパス ルイ・ヴィトン東京の展示を観た後、太田記念美術館にハシゴして「浮世絵猫百景-国芳一門ネコづくし-」を再度観てきました。

P1020840.jpg

【展覧名】
 浮世絵猫百景-国芳一門ネコづくし-

【公式サイト】
 http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H240607nekozukushi.html

【会場】太田記念美術館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】原宿駅、明治神宮前駅


【会期】
 前期:2012年06月01日(金)~2012年06月26日(火)
 後期:2012年06月30日(土)~2012年07月26日(木)
  ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日14時半頃です)】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前期に行った時よりさらに混んでいて、基本的に列を組んで観るような感じでした。中々進まなかったりして、前より観るのに時間がかかりましたw

この展示は以前、前期の内容をご紹介しましたが今回は後期の内容で大幅に入れ替わっていました。各章の趣旨などは前期と変わっていませんので、今回は各章の説明などは割愛して、まだご紹介していない作品と入れ替わっていると思われる作品の中で気に入ったものについて書いていこうと思います。

 前期:
  浮世絵猫百景-国芳一門ネコづくし- 前期 感想前編(太田記念美術館)
  浮世絵猫百景-国芳一門ネコづくし- 前期 感想後編(太田記念美術館)

 参考記事:
  歌川国芳-奇と笑いの木版画 (府中市美術館))
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 前期:豪傑なる武者と妖怪 (太田記念美術館))
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 後期:遊び心と西洋の風 感想前編(太田記念美術館)
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 後期:遊び心と西洋の風 感想後編(太田記念美術館)
  奇想の絵師歌川国芳の門下展 (礫川浮世絵美術館)
  没後150年 歌川国芳展 -幕末の奇才浮世絵師- 前期 感想前編(森アーツセンターギャラリー)
  没後150年 歌川国芳展 -幕末の奇才浮世絵師- 前期 感想後編(森アーツセンターギャラリー)
  没後150年 歌川国芳展 -幕末の奇才浮世絵師- 後期 感想前編(森アーツセンターギャラリー)
  没後150年 歌川国芳展 -幕末の奇才浮世絵師- 後期 感想後編(森アーツセンターギャラリー)
  月岡芳年「月百姿」展 後期 (礫川浮世絵美術館)


<肉筆>
まずは座敷にある肉筆の掛け軸のコーナーです。

44 歌川豊国 「美人戯画」
桜の花が咲く軒先で長い帯を垂らした着物の美人と、それにじゃれつく猫を描いた作品です。猫は一心不乱にじゃれついていて顔は見えませんが、それが可愛いw この女性は寛政の三美人の1人らしく、色白で紫と青の着物が艶やかでした。

48 歌川貞秀 「猫を抱き上げる美人」
ぶちのある猫を高い高いするようい持ち上げる美女を描いた作品です。女性は舌を出しているのですが、舌に白い玉のようなものを乗せています。(これが何かはわからず) 猫は逃げる素振りもなくじっとしている様子でした。犬猫を飼うと誰しもがこれをやるのでは…w 今も昔も変わりませんね。


<第一景 猫百変化>
続いては、猫が文字になったり擬人化されるなど様々なものに変化した作品のコーナーです。ここからは版画の浮世絵です。

3 歌川国芳 「絵鏡台合かが身 猫」
団扇の形の作品で、6匹の猫がじっと座ったり 後ろ足を上げて飛び跳ねたり、じゃれあったりしている様子が描かれています。これだけ観ると楽しげな猫の絵に思えますが、実はこれは本来は影絵とセットで、影絵になると右から獅子、ミミズク、般若の形になるそうです。残念ながら影絵バージョンとのセット展示では無かったのですが、ちょっと離れて観ると確かにそうした形になっているのが面白かったです。国芳は結構こうした影絵とセットの作品を描いています。

27 歌川国芳 「たとゑ尽の内」
猫に関する例えを題材にした3枚続きの作品のうち、左の1枚だけが展示されていました。左上で招き猫のようなポーズをして目の前の食べ物を見ずに振り返っているのは「猫も食わない」、左下でキセルを持って着物を着た擬人化された猫は「猫と庄屋に取らぬは無い」という諺?で、猫の目の前にはネズミの擬人像もあります。これは猫はネズミを見たら必ず取るように、庄屋は必ず袖の下を受け取るという意味だそうです。ちょっと皮肉が効いていますw さらに左下には袋に頭を突っ込んだ猫や、その上には顔を手で拭うような猫などもいて諺を示しているようでした。可笑しくて機知に富んだ作品です。

35 歌川国芳 「名誉右に無敵左り甚五郎」
中央に背中を向け派手なドテラを着た左甚五郎、周りには仁王や閻魔、仏たちなど沢山の彫刻が集まり、命を吹き込まれたような様子が描かれています。この左甚五郎は国芳に見立てているそうで、左甚五郎の脇には眠り猫のような猫が身を捻って毛づくろいをしていました。表情や仕草が面白くて命を宿した感じがよく出ていました。


<第二景 猫の一日~遊んで眠ってしかられて>
続いての2章からは2階で、2階は特に混んでいます。

40 歌川広重 「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」
吉原の座敷と思われる部屋の出窓から下の景色を見ている白猫の後ろ姿が描かれた作品です。遠くには富士山が見え、手前の道には小さく描かれた人々が凄い行列を作っています。これは酉の市だそうで、それがタイトルの由来かな。窓の格子・障子の幾何学性もあり面白い構図と主題の作品です。
 参考記事:東京国立博物館の案内 (2010年11月)

50 鈴木春信 「風流五色墨 素丸」
火鉢の脇で箸を持って眠り込んでいる女性と、その膝の上に乗って眠る猫を描いた作品です。女性も猫もなんとも気持ちよさそうで微笑ましい光景です。その後ろでは2人の女性が寝ている女性の着物に紐を結んでいて、もう一方の紐は柱に結んでいるようです。悪戯っぽくてほのぼのした雰囲気がありました。背景の障子には年の瀬の宴会に興じる2人の人物の影もありました。

この辺には鳥居清長や歌麿、54歌川国芳「山海愛度図会 七 ヲゝいたい 越中滑川大蛸」(★こちらで観られます)などもありました。

56 歌川国芳 「山海愛度図会 三十八 えりをぬきたい 遠江須之股川」 ★こちらで観られます
後ろ姿で色白の首筋を見せる女性が、手に鏡を持ち、そこに顔が写っている様子が描かれた作品です。女性は楽しそうな表情をした美人で、その鏡の下には2匹の猫がじゃれあっていました。左上には画中画があり、海の側で魚介類を売る人々が描かれています。(意味はわからず) あえて顔を鏡越しにするのも面白いですが、その豊かな表情からは美人の心情まで伝わってきそうでした。猫はおまけ的な存在で無邪気ですw

この辺には猫を十六羅漢に見立てた作品もあり、猫の可愛いらしさとユーモアが感じられました。また、近くには以前の国芳展でご紹介した79「絵兄弟やさすかた 鵺退治」などもあります。

59 月岡芳年 「風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗」 ★こちらで観られます
寝ている猫に覆いかぶさるように抱きついている華やかな着物の女性を描いた作品です。猫が可愛くて仕方がないといった感じの女性に対して、猫はやれやれといった感じなのが面白いw 猫の首輪と女性の襦袢はお揃いの柄になっているなど、猫好きの女性であることがよく伝わって来ました。

82 小林清親 「カンバスに猫」
これは錦絵ですが、画中画として鶏が描かれたキャンバスがあり、その絵に興奮した猫が爪を立てて寄りかかっている様子が描かれています。もう1匹の猫も後ろで身構えていて、周りの絵の具や筆が飛んでいるなど勢いを感じます。絵に反応している様子がちょっとお馬鹿で可愛いw

この隣にあった高橋弘明の「白猫」という作品は凹凸で毛並みが表現されていて驚きました。多分、空摺りの技法じゃないかな。


ということで、今日はここまでにしようと思います。前期同様に後期も楽しくて可愛い猫たちが沢山集まっていました。次回は3章から8章までを一気にご紹介しようと思います。


 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告