関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

MOMASコレクションⅢ 2012 【埼玉県立近代美術館】

前々回前回とご紹介した展示を観た後、同じ埼玉県立近代美術館の常設展示も観てきました。今回の常設も期間が設けられ、「MOMASコレクションⅢ」というタイトルとなっていました。前期・後期があるようで、私が観たのは前期の内容です。

P10700241.jpg

【展覧名】
 MOMASコレクションⅡ 2012
(2012 MOMASコレクション 第3期 開館30周年記念特別展示2)

【公式サイト】
 http://momas.jp/exhibitionguide/momascollection/2012-momas%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E7%AC%AC3%E6%9C%9F/

【会場】埼玉県立近代美術館
【最寄】北浦和駅


【会期】2012年10月20日(土)~2013年1月20日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日16時半頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
こちらは空いていてゆっくり観ることができました。

さて、この美術館の常設については何度か紹介していますが、今回は主に2つの内容から成る構成で、「コレクション名作選」と「コレクターの眼」という分け方となっていました。詳しくはいつもどおり、気に入った作品を通してご紹介しようと思います。(今までご紹介した作品については省略します。)

 参考記事:
  MOMASコレクションⅡ 2012 (埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクションI 2012 (埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクションⅣ 2012 (埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクションIII 2011(埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクションIII (埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクションⅡ (埼玉県立近代美術館)
  MOMASコレクション3 (埼玉県立近代美術館)

 参考リンク:
  出品リスト

<コレクション名作選 現代美術>
まずは現代美術のコーナーからです。

白髮一雄 「青波」
これは大きな抽象絵画なのですが、マリンブルーの画面に恐ろしく厚塗りされた絵の具が立体的になっている作品です。うねりのような筆跡が勢いを感じさせ、ダイナミックな雰囲気がありました。

ジャン・アルプ 「バラを食べるもの」
これは椰子の実のような形の彫刻で、一部が切り取られたような形(パックマンみたいなw)をしています。非常に単純化されているのですが、滑らかな表面と曲線が優美で、どことなく笑っているような感じに観えました。

ヘスス・ラファエル・ソト 「黒のT」
黒と白のシマシマ模様の画面に、黒い針金のT字のものが無数に刺さっている作品です。見る場所によっては後ろのシマシマが観えたり観えなかったりするせいか、観ていて目がチカチカしますw オプアート的な作品のように思いました。

上田薫 「ジェリーにスプーンC」
これはスーパーリアルな絵画作品で、薄紫色のゼリーを銀のスプーンですくっている様子が描かれています。スプーンには部屋の中の様子が反射していたり、光の乱反射が表現されているなど、写真のように写実的で写真以上に鮮やかな印象を受けました。ぷるぷるした質感で美味しそうw
 参考記事:トリック・アートの世界展 -だまされる楽しさ- (損保ジャパン東郷青児美術館)

深井隆 「逃れゆく思念-時の曳航-」
これは木で出来たソファのような長い椅子に金色の羽根がついている作品です。椅子の上には金の林檎3つと金の本も置かれています。どういう意図があるのか分かりませんがシュルレアリスム的なものを感じました。

森村泰昌 「たぶらかし(ポートレートD)」
金色に塗られた男性の顔がたらいに入っているような感じなのですが、その下には胴体もあり手でたらいを支えているような作品です。どこか神話的な感じで、これは「サロメ」の斬首された洗礼者ヨハネを演じているようです。しかし背広を着てた格好は現代風でした。面白い発想の作品です。

この近くには太陽を撮った野村仁の作品などもありました。


<コレクション名作選 近代美術(油彩)>
続いてはこの美術館が誇る近代西洋画の名画コレクションです。とは言え、ここは流石にそうそう変わるものではないので、いずれも以前ご紹介した作品でした。しかし好みの作品ばかりなのでじっくり観てきました。


<コレクション名作選 近代美術(日本画・工芸)>
コレクション名作選の最後は日本の近代美術のコーナーです。

伊東深水 「宵」
青い楓模様の浴衣を着た女性が背を向けて横たわっている姿を描いた作品です。左には御簾のようなものがあり、そこに緑のバッタがじっととまっています。目を閉じた女性の表情が安らいで見え、静かな雰囲気です。バッタがそれを強めているようにも感じられました。

今村紫紅 「龍虎」
これは2幅対の掛け軸で、大らかなデフォルメで龍と虎が描かれています。太い輪郭が使われ、どちらも簡略化の仕方がのびのびした感じでした。色も淡めで威厳はあまりなくどこかユーモラスに思えます。


<コレクターの眼>
続いては今回のもう1つの展示である「コレクターの眼」です。これはコレクションを寄贈してくれた大熊家、武田光司 氏、鈴木金三郎 氏のそれぞれの寄贈品が並ぶコーナーでした。

橋本関雪 「訪隠図」
これは大熊家のコレクションだった品で、6曲1双の屏風です、右隻は山の中で隠者らしき人と向き合う男性が描かれ、左隻にはそのお供らしき人が牛車の黒牛の世話をしている様子が描かれています。全体的に薄黄色っぽい色合いで、背景に赤い松や崖が描かれているのですが、ややぼんやりしていて幻想的な雰囲気がありました。

大熊家のコレクションには横山大観の日本心神などもあり、山水画が好みのようでした。また、この部屋には他に鈴木金三郎 氏の熊谷守一の作品コレクションや、武田光司 氏の駒井哲郎の作品コレクションが並んでいました。


ということで、まだ観たこともないものもあり幅広い内容でした。現代美術も面白かったし満足です。もしこの美術館に行く事があったら常設も観ることをお勧めします。


おまけ:埼玉近代美術館の前はもう紅葉していました。
P10700351.jpg

P10700341.jpg P10700321.jpg


 参照記事:★この記事を参照している記事

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告