関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

スター・クルーズ・プラネタリウム 【森アーツセンターギャラリー】

前回ご紹介したミッドタウンのイルミネーションを観た後、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで「スター・クルーズ・プラネタリウム」を観てきました。

P1070553.jpg

【展覧名】
 スター・クルーズ・プラネタリウム

【公式サイト】
 http://www.roppongihills-scp.com/
 http://www.roppongihills.com/art/macg/events/2012/11/macg_starcruise.html

【会場】森アーツセンターギャラリー
【最寄】六本木駅


【会期】2012年11月23日(金・祝)~ 2013年2月11日(月・祝) 
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況(金曜日20時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_②_3_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
金曜の夜に行ったのですが、空いていてのんびり観ることができました。この日の夕方にちょっと大きめの地震があったのも影響したのかも。

さて、この展示は毎年恒例となりつつあるプラネタリウムの展示で、今回はいつものスカイプラネタリウムからスター・クルーズ・プラネタリウムへと名前を変えて、若干変わった点もありました。中は暗くあまりメモも取れませんでしたが、簡単にどんな内容だったかご紹介しようと思います。

参考記事:
  スカイ プラネタリウムⅡ ~星に、願いを~ (森アーツセンターギャラリー)
  スカイ プラネタリウム~一千光年の宇宙を旅する~ (森アーツセンターギャラリー)

<土星ステーションへの旅>
まず最初に「土星ステーションへの旅」という映像のコーナーがあります。今回の展示では亜光速の宇宙船で宇宙を旅するというコンセプトがあるようで、ここでは5分程度ずつ入替制で映像を観ていきます。前のグループの映像が終わるまで待っているのですが、シアターの入口前には宇宙船の模型がありました。(これだけは撮影可能)
P1070558.jpg

そして中に入ると180度のスクリーンがあり、宇宙船に乗って土星近くの宇宙ステーションに向かうというストーリーの映像が流れます。壮大な雰囲気で始まりますが、学術的に疑問な点があり、最初からエンターテイメント的な要素が強めです。

その後、太陽系の説明や銀河系の簡単な説明ボードがあるのですが、これもあまり大したことは書いてありませんでした。


<新 3D SKY WALK-太陽系から銀河系の果てまで->
続いては今回のメインとなる3Dのプラネタリウムのコーナーです。まずは天井付近に太陽系の模型があり、太陽を中心に惑星が回っている様子を機械で再現しています。公転スピードの違いなどを観るのは面白いかな。 そして、その後に3Dのプラネタリウムがあるのですが、これについてはネタバレすると魅力も減るので詳細は書きませんが、過去のスカイプラネタリウムと同様の仕掛けでした。しかし心なしか以前よりは3Dっぽさが増したような?? オリオン座や北斗七星を確認できるポイントなどもあり、星座は地球から観ればそう見えても、ちょっと横から見ると全く別物に見えるというのを再認識させてくれます。

さらにその先にはスクリーンが2層になっている映像があり、手前に銀河系が映されていました。これは意図がわからず。


<未知なる地球への帰還>
続いては再び映像のコーナーなのですが、ここも入替制なので次の回まで待つことになります。その間、ここには宇宙の大きさや星の一生などの説明を読んだりするのですが、説明が簡単過ぎてあまり面白いものではありません。また、亜光速の宇宙船に乗った場合、宇宙船の時間の流れは遅くなっていくといういわゆる「ウラシマ効果」(特殊相対性理論の時間の遅れ)についてアニメで説明していましたが、何故時間が遅れるのかは特に触れていませんでした。はっきり言って、展示内容はスッカスカです。

そして映像は亜光速で宇宙の果てまで言って戻ってくるというもので、戻ってくる頃までには地球の時間で300億年経っていて、太陽は爆発し銀河系はアンドロメダと衝突して1つになっています。(ほぼ光速で移動しているので、宇宙船の時間は非常に遅く進行している) しかし一度爆発した後に生まれ変わった別の地球が出来ていました。…というストーリーでした。どうやって戻るのかは置いておくとして、300億年後に物質や宇宙の密度・熱量はどうなっているのだろう??と興味が湧きましたが、そこは特に触れていませんでした。少なくともこんな都合よく新しい地球が出来てるはずはないと思いますが…。

<MEGASTAR(メガスター)-荘厳なる星空->
最後は恒例のメガスターのコーナーです。ここは部屋中に無数の星が映されるプラネタリウムで、自分の身体にも星が映しだされます。ただ、四角い部屋に投影しているので何だか不自然な感じですw しばらくボーっと眺めていましたが実際の星の配置なのかは分かりませんでした。


ということで、今回はストーリー仕立てになっていたけど、ほぼ今までのと同じ展示で、そうする意味がよくわからなかったかなw 宇宙に関する情報も減った感じで、特に好奇心を満足させてくれるわけでもなく、物足りないように思いました。ロマンチックで綺麗なものが観たい人には良いかもしれませんが、本格的なプラネタリウムを期待するのはちょっと方向性が違いそうです。


おまけ:
六本木ヒルズ周辺もクリスマスムードになっていました。
P1070551.jpg P1070564.jpg


 参照記事:★この記事を参照している記事

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
No title
これに行きたいと思ってました。
いろいろ情報をくださってありがとうございます^^
参考にさせていただきます。
…でも、あんまかしら。
2012/12/10(月) 21:06 | URL | アルケミラモリス #-[ 編集]
Re: No title
>アルケミラモリスさん
コメント頂きましてありがとうございます。
こちらの展示はエンターテイメント寄りで雰囲気を楽しむ感じなので、
本格的なプラネタリウムとはちょっと違っているように思いました。
もし過去にここでスカイプラネタリウムを見たことがあったらほぼ同じですし…。
遊びにいくなら、六本木ヒルズからの夜景やクリスマスの飾りなどもセットで楽しまれるのがよろしいかと。


2012/12/11(火) 09:41 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告