関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川

年末年始であまり美術館に行く人もいないのか、アクセス数も激減しているので、この機会に2012年のゴールデンウィークに行ってきたフランスのパリの美術館めぐりについてでも書いておこうと思います。まずは一番最初に訪れたパリのオルセー美術館についてです。(ここは残念ながら作品の写真は撮れなかったので軽くですが…)

初日は夕方に着いたので軽く散策した程度でしたが、2日目に早速、オルセー美術館を訪れました。
P1000019.jpg
この建物は元々は駅だっただけに、この美術館の真下にある地下鉄に乗っていると古い路線などが見えたりするそうです。
 公式サイト:オルセー美術館

このオルセー美術館を含め、パリ観光で便利なミュージアムパスというのがあるので、事前に日本で購入してから行きました。
P10706621.jpg
 参考リンク:パリ・ミュージアム・パス

私がオルセー美術館に行ったとき(2012/4月末)は特別展でドガ展を開催していました。
P1000022.jpg
しかし、何とこの特別展ではミュージアムパスは使えませんでした。なので、普通にお金を払って特別展も観てきましたw

世界的な美術館だけに混雑は予想していたのですが、開館ちょっと前に行ったらこんなに並んでいました。
P1000023.jpg
個人の入口から入ったのですが、待ち時間はおよそ1時間くらいでした。グループの入口はすんなり行っているようだったので、ツアーなら入るのは苦労しないかも。しかし、オルセーだけでも1日かけても足りないくらいなので、ツアーだと観るものも限られるのではないかと思います。

ちなみに、このオルセー美術館ではフランス語の他に英語、スペイン語の案内板などもあるので、英語ができれば何とかなります。英語も駄目でも今はスマフォがあるので何とかなるんじゃないかな。さらに蛇足ですが、スマフォを使う場合、無料のWiFiスポットもあるようでしたが、これは全く期待しない方が良いかも…。私は国内キャリアのローミングを利用しましたが、かなりのボッタクリ価格(電話の音もかなり酷い)なので、空港などで借りられるレンタルのポータブルWiFiのほうが割安だと思います。

中に入ると実はそんなに混んでいませんでしたw テロ警戒のためか入口で1人1人厳重な手荷物チェックをするので時間がかかるようです。
P1000031.jpg P1000069.jpg
入口付近は写真を撮っている人が多く、係員も特に何も注意する感じではなかったのですが、基本的には館内は撮影禁止でした。もしかしたらここも駄目なのかもしれません…。
ここでじっくり開館から閉館まで近代絵画を堪能してきました。(メモを取ると時間を食うのでメモ無しで観てきました。それでもギリギリ回りきれるかどうかという量ですw)  2011年にリニューアルされたのですが、初めて訪れたのでリニューアル前後でどう変わったのかはわかりません^^; オルセーは19世紀の美術が専門で、主に3層に分かれています。うろ覚えですが、下階はバルビゾン派や写実主義など、中階はポスト印象派、アール・ヌーヴォー、一番上の階は印象派といった感じで、最上級の品ぞろえとなっていました。超有名作があちこちにあって、それをじっくり観られるのは本当に贅沢なひとときでした。ちなみに一番混んでいたのはゴッホの部屋と印象派の部屋でした。周るなら開館直後にこの2つの部屋を観てからゆっくり周るのが良さそうです。
 参考記事:
  オルセー美術館展2010 ポスト印象派 感想前編 (国立新美術館)
  オルセー美術館展2010 ポスト印象派 感想後編 (国立新美術館)
  

最上階からはモンマルトルの丘が見えました。ここも後日ご紹介しようと思います。
P1000074.jpg
表から見えた大時計の裏にはパヴィヨン・アモンというカフェもあったのですが、満席でした。

昼食は入口の上のあたり(中階付近)にあるレストランで摂りました。
P1000036.jpg P1000038.jpg
 参考リンク:ミュゼ・ドゥ・オルセー・レストランのトリップアドバイザー

ここでも30分くらい待ったかな。美術館の展示品とは時代が違うと思いますが豪華な内装で、優雅な気分でランチができました。

メニューはこんな感じ。他にデザートと飲み物がつきました。どれも美味しいです。
P1000040.jpg
混んでいることもあり、中々注文の品が来ないで食べ終わる頃には1時間以上経過していました。フランスでは基本的にテーブル会計なのですが、中々近くに店員さんが来ないので会計も一苦労ですw

午後も閉館までじっくり観て周りました。かなりの量で大作も多いので、オルセーだけでも1日かかります。

オルセー美術館が閉館となったので、続いてはオルセー美術館のすぐ側にあるソルフェリーノ河川港から出るディナークルーズに向かいました。
P1000168.jpg
右に見えている建物がオルセー美術館。対岸の左に見えているのはルーヴル美術館です。

こちらの船でセーヌ川のディナークルーズに行きました。4月末に行ったのでまだ明るく見えますが、これで18時過ぎです。(ゴールデンウィーク頃のパリは21時過ぎ頃まで明るい)
P1000165.jpg
こちらのクルーズは50ユーロくらいだったかな。日本で事前に予約して、券をプリントアウトして行きました。
 参考リンク:セーヌ川ディナークルーズ ナイトツアー

かなり前の方の見晴らしの良い席に通して貰えました。ここも英語で押し切れましたw
P1000096.jpg

前菜はこんな感じ。フランスは流石に美食の国だけあって何処で何を食べても美味しかったw
P1000099.jpg

メインディッシュは選べたので、私は追加料金を出してステーキにしました。
P1000119.jpg
若干硬めでしたが、味付けが良くて美味しかったと記憶しています。

クルーズ中はカメラをテーブルに置いて動画撮影していたのですが、それは家族向けのものなので、セーヌ川沿いを歩いた時に撮った写真と交えながらコースを辿っていきます。
まずスタート直後に見えるルーヴル美術館。
P1000173.jpg
ここは後日、写真も撮ってきたので改めてご紹介する予定です。

しばらく行くと中洲のシテ島とポン・ヌフ(橋)が見えてきます。
P1000186.jpg
元々、パリはこのシテ島から始まったそうで、ポン・ヌフは新しい橋という意味ですが今ではパリで現存する一番古い橋です。両方ともよく絵画でも描かれているので、ここは絶対に訪れておきたかった。

この後、同じく中洲のサンルイ島を通り、その先で逆側の支流に向かってUターンしていきます。

川を下っていき、今度は自由の女神のある辺りで再度Uターンしていきます。
P1000153.jpg P1000160.jpg
エッフェル塔の下もばっちり通ります。とは言え、旅行中にエッフェル塔に行く暇は無かったのですが…w

約2時間のクルーズを終えた後もしばらくセーヌ川付近を散策してきました。(この辺は1日目の写真と混ぜてます)
DSC_20005.jpg

先ほどのシテ島にはノートルダム大聖堂があります。
P1000201.jpg
その大きさと荘厳さに圧倒され、様々な聖人の彫刻なども見所となっていました。

横から観たノートルダム大聖堂と夕暮れ風景。
DSC_20008.jpg DSC_20023.jpg

その後も夜のパリを散策してきました。流石にどこに行ってもオシャレな街ですw
DSC_20031.jpg DSC_20034.jpg

カフェ好きとしてもパリはカフェの聖地ですw
こちらはサンジェルマン・デ・プレのレ・ドゥ・マゴ。有名なカフェで渋谷の文化村にも支店があります。
DSC_20039.jpg
 参考記事:ドゥ マゴ パリ(渋谷界隈のお店)

こちらもサンジェルマン・デ・プレで有名なカフェ・ド・フロール。
DSC_20042.jpg
残念ながら入ることはなかったですが、いずれ行ってみたいです。


ということで、こんな感じでかなり詰め込んで色々と観てきました。この後もルーヴル、ポンピドー・センター、オランジュリー、マルモッタンなど周ってきました(しかも写真も撮れた)ので、次回以降、何回かに渡ってご紹介して行こうと思います。


フランス旅行シリーズ
 【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
 【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
 【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
 【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
 【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
 【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
 【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
 【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
新年おめでとうございます
オルセー美術館いいですね。
うらやましいです。
わたしも昨年3月パリに訪れましたが、ルーブルばかりに
時間を費やしてしまって、オルセー美術館まで
行けませんでした。

お正月の番組で
印象派特集をしており、興味がわいてきたので、
つぎパリを訪れたときには、
ぜひオルセーにと思っております。

それにつけてもパリの夕食はおいしいですよね.
すてきな旅の記憶、ありがとうございました。
2013/01/03(木) 08:58 | URL | 雨男博士 #-[ 編集]
No title
あけましておめでとうございます。
本年もよろいくお願いいたします。
オルセーもルーブルも行ったのは25年くらい前です。
オルセー、すごく好きです。
セーヌ川のクルーズもいいですよね。
思い出しました。
ありがとうございました。
2013/01/03(木) 18:55 | URL | YUMI #2Qwf./yA[ 編集]
Re: 新年おめでとうございます
>雨男博士さん
コメント頂きましてありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

ルーヴルはどれだけいても時間が足りない所ですからねw
私は近代絵画が一番見たかったのでまずはオルセー美術館から行ってきました。
やはり傑作揃いで凄いところでしたので、パリに行かれる際には是非訪れてみてください。

パリは何処に行っても美味しい料理が出てきて流石は美食の街といった感じですね。
意外と物価が高くて驚きましたが…w
2013/01/04(金) 01:27 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
Re: No title
>YUMIさん
コメント頂きましてありがとうございます。本年もよろしくお願いします。

オルセーとルーヴルに行かれたことがあるのですね。
オルセーはつい最近改築されたので、その頃と内装が変わっているかもしれませんが、
収蔵品の素晴らしさは変わりませんね^^

クルーズも行っておいて良かったです。幸いお天気にも恵まれて最高の思い出になりました。
本当に魅力的な街です^^
2013/01/04(金) 01:32 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
23位
アクセスランキングを見る>>
広告