関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)

今日も引き続きパリの美術館めぐりの回想です。今週は美術館の展示も少ないので、まだしばらくこのシリーズが続きます。(実際に行ったのは2012年のゴールデンウィークなので、現在の展示内容と異なっている可能性があります) 前回ご紹介したルーヴル美術館と同じ日に、ポンピドゥー・センターにある国立近代美術館も見に行ってきました。ルーヴルだけでもキツイのに超ハードなハシゴですw

こちらがポンピドゥー・センター。いくつかの施設があり、国立近代美術館は上の方の3フロア(一番上は特別展)となっていました。ルーヴルとオルセーに比べるとあまり認知されていないのか、こちらには日本人観光客はほとんどいませんでした。
DSC_20462.jpg
私が行った時、特別展でマティス展がやっていたので、そちらも観てきました。ここもパリミュージアムパスの対象施設ですが、特別展は対象外だったので、改めてチケットを買いました。ミュージアムパスは特別展も観たい人には微妙ですw
  参考リンク:パリ・ミュージアム・パス

マティス展は思った以上に素晴らしい展示(撮影不可)で、英語版のカタログも買ってきました。日本からもブリヂストン美術館の縞ジャケットが出品されていて異国の地での邂逅。
ちなみに、この後にもパリの美術館を色々観て周ったのですが、フランスでのマティスの評価は日本での評価よりもさらに高いようで、様々な所で作品を観ることが出来ました。(蛇足で、逆にエコール・ド・パリ関連はモディリアーニはそこそこ観たけど、他はあまり見なかったかな。)

特別展を観た後、とりあえず最上階のカフェで休憩。
P10003441.jpg

簡素ですが結構洒落たお店でした。注文と会計までに時間がかかるのはフランスの飲食店では毎度のことでしたが、ここは特に時間がかかったw
P10003481.jpg

このポンピドゥー・センターは高い建物なので、最上階からはパリの街が一望できます。(パリは高い建物が少ない)
P10003491.jpg
遠くに見えるのはモンマルトルです。

そして勿論、常設も周ってきました。常設は2フロアあり、上階が1905年~1960年、下階が1960年以降の作品が並んでいるようでした。

フェルナン・レジェ 「Composition aux deux perroquets」
DSC_20480.jpg
こちらは結構大きめの作品。レジェでこれだけの大作を観るのは初めてでした。

ラウル・デュフィ 「Nature morte au panier et au faisan,vers」
DSC_20506.jpg
デュフィも何点かありました。デュフィにしては落ち着いた印象に思えるかな。

アンリ・マティス 「L'algerienne」
DSC_20513.jpg
マティスは様々な時代の作品があり、こちらは1909年の作。この色の取り合わせは流石です。

ジョルジュ・ブラック 「L'homme a La guitare」
DSC_20520.jpg
勿論ブラックのキュビスム作品もあります。キュビスムの中ではブラックが一番好きです。これはギターを持つ男なのかな?

アメデオ・モディリアーニ 「Gaston Modot」
DSC_20541.jpg
一応、ここにもモディリアーニがありました。特徴がよく出ている作品です。

パブロ・ピカソ 「La liseuse」
DSC_20545.jpg
ピカソも多くの作品が並んでいてキュビスムの時代もありましたが、この新古典主義の時代の作品が好みでした。

マックス・エルンスト 「Ubu Imperator」
DSC_20592.jpg
こちらに見覚えがある方も多いのでは?? 2011年のシュルレアリスム展で日本にもやってきた作品です。その時に来た作品はこの後も数多く並んでいました。
 参考記事:
  シュルレアリスム展 感想前編(国立新美術館)
  シュルレアリスム展 感想後編(国立新美術館)

ジョルジュ・デ・キリコ 「Portrait premonitoire de Guillaume Apollinaire」
DSC_20595.jpg
こちらも2011年に来日。アポリネールの負傷を予言していたとされる作品です。

ジョアン・ミロ 「La sieste」
DSC_20614.jpg
こちらも2011年に来日。色合いが空のように美しいです。右上の12はお昼寝の時間を指していると聞いたことがあります。

イヴ・タンギー 「Jour de lenteur」
DSC_20629.jpg
イヴ・タンギーの砂漠を思わせる作品。周りの品々は何かわかりませんが、シュールな光景です。

ワシリー・カンディンスキー 「Trente」
DSC_20632.jpg
ここはカンディンスキーの揃えも良くて、好みの作品も多かったです。こちらは非常に洒落た雰囲気がありました。

ジョルジュ・ルオー 「Homo homini Lupus」「Veronique,vers」
DSC_20641.jpg DSC_20645.jpg
ルオーの作品もいくつか。左のもキリスト教的な題材なのかな。右は聖女ヴェロニカ?

マックス・ベックマン 「Der klein Fisch」
DSC_20662.jpg
ピカソの新古典主義の雰囲気とちょっと似ていて面白い作風でした。

ワシリー・カンディンスキー 「Gelb-Rot-Blau」
DSC_20670.jpg
カンディンスキーの色彩が楽しめる作品。

ビクター・ブラウナー 「La Palladiste ou Composition sur le theme de la Palladiste」
DSC_20673.jpg
独特の魚のような目が怖いw シュールでやや不安を誘われました。

マックス・エルンスト 「Chimere」
DSC_20678.jpg
エルンストと言えば鳥です。(これも2011年来日) 綺麗な三角の構図も面白い。

アンドレ・マッソン 「Le labyrinthe」
DSC_20688.jpg
これはミノタウロスの伝説を元にした作品。(これも2011年来日)身体が迷宮のようになっています。ミノタウロスはシュルレアリスムの象徴的な意味があると記憶しています。

パブロ・ピカソ 「La Muse」
DSC_20707.jpg
晩年頃の作風のピカソ。色も強くなっています。

ジャン・デュビュッフェ 「Dhotel nuance d'abricot」
DSC_20726.jpg
強烈なインパクトのあるデュビュッフェ。落書きのようにも見えますが、質感が独特です。

ジャン・デュビュッフェ 「Le Metafizyx」
DSC_20736.jpg
こちらもデュビュッフェ。一度観ればこの人の作風を記憶してしまうと思います。何を表しているか私にはわかりませんが…w
 参考記事:アンフォルメルとは何か?-20世紀フランス絵画の挑戦 (ブリヂストン美術館)

サム・フランシス 「Other,White」
DSC_20742.jpg
こちらも抽象画。ますます難しいですが、評価の高い画家です。

ヴィクトル・ヴァザルリ 「V-Boglar」
DSC_20764.jpg
オプアートもありました。ずっと見ていると目がチカチカしますw

ピエール・ボナール 「Nu de dos a la toilette」
DSC_20787.jpg
抽象画の中に混じってボナール(1934年作)がありました。温かみを感じる色合いです。

アンディ・ウォーホル 「Ten Lizes」
DSC_20801.jpg
アメリカのアンディ・ウォーホルもありました。お得意の人物を使った作品。

ここは絵画以外もかなり様々な品があります。こちらは椅子のコーナー。
DSC_20805.jpg
手前に日本の柳宗理のバタフライスツールが!

こちらは誰の作品か思い出せませんが、部屋そのものが作品となっていました。
DSC_20813.jpg

ヴェルナー・パントン 「Sofa Living sculpture」
DSC_20829.jpg
ヴェルナー・パントン独特の色合い。ちょっとサイケデリックな感じがします。
 参考記事:ヴェルナー・パントン展 (東京オペラシティアートギャラリー)

謎のキノコ。
DSC_20837.jpg
これは人気があるのか、ポスターにもなっていました。自分が小人になった気分ですw


ということで、こちらも見応えたっぷりの内容でした。朝から夕方まで美術館の中を歩きまくった為にこの日はヘロヘロになってしまいましたが…w 日本人観光客にはルーヴル、オルセーに比べるとプライオリティを下げられてしまうようですが、こちらも素晴らしい作品がありますので、近現代のアートが好きな方は、パリに行く際にこちらもコースに検討してみることをお勧めします。


フランス旅行シリーズ
 【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
 【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
 【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
 【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
 【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
 【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
 【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
 【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
6/24くらいまでお休みいたします。
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
31位
アクセスランキングを見る>>
広告