関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館

今日も引き続き番外編で、2012年のゴールデンウィークに行ったフランス旅行の記事です。前回ご紹介したバルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿のツアーからパリに戻った後、オランジュリー美術館とマルモッタン美術館をハシゴしてきました。どちらも印象派(特にモネ)の重要なコレクションのある見逃せない美術館です。

ツアーのバスはチュイルリー公園の前に戻ってきたので、昼食はチュイルリー公園で摂りました。
DSC_22167.jpg
フランスは外食が高いのでここの屋台で済ましたのですが、ここの屋台のハムとチーズのクレープがやけに美味しかったです。食べている時に公園の散歩中の犬ががぶり寄りしてきましたがw

前の写真にもちらっと写っていますが、こちらがオランジュリー美術館。
DSC_22170_20130110005933.jpg
チュイルリー公園の脇にあります。公園の逆側にはルーヴル美術館があるので、この辺は美術館だらけです。

こちらの美術館は常設の一部の写真を撮ることができました。コレクションは主に近代絵画で、印象派、ポスト印象派、エコール・ド・パリ、フォーヴィスム、キュビスムなどです。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「長い髪の浴女」
DSC_22182.jpg
1895~96年頃の作品なので、もうだいぶスタイルが確立された感じで、ルノワールらしい女性美を感じます。
 参考記事:
  ルノワール-伝統と革新 感想前編(国立新美術館)
  ルノワール-伝統と革新 感想後編(国立新美術館)

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「ピアノを弾く娘たち」
DSC_22185.jpg
これは見覚えがあるけど、直接観たのか有名だから覚えていたのか定かではありません。 幸せそうな雰囲気と温かみを感じます。

ポール・セザンヌ 「リンゴとビスケット」
DSC_22193.jpg
セザンヌの揃えもかなり良くて、こちらの静物もセザンヌならではの林檎です。

ポール・セザンヌ 「草上の昼食」
DSC_22194.jpg
日本語訳のタイトルがマネの作品を彷彿とするけど関係あるのかな? 塔を中心に三角形を描いている構図が面白いです。

ポール・セザンヌ 「セザンヌ夫人」
DSC_22195.jpg
こちらは奥さんの肖像。林檎のように座ると評された奥さんですw
 参考記事:
  セザンヌ―パリとプロヴァンス 感想前編(国立新美術館)
  セザンヌ―パリとプロヴァンス 感想後編(国立新美術館)
  
アメデオ・モディリアーニ 「ポール・ギヨーム、ノーヴォ・ピロータ」
DSC_22206.jpg
この作品はモディリアーニの中でも特に有名じゃないかな? ちなみにこの美術館はポール・ギヨームからの寄贈コレクションが核になっているようです。

アメデオ・モディリアーニ 「若い奉公人」
DSC_22214.jpg
どこか物憂げで知的な雰囲気の作品。色や曲線も好みでした。

アンリ・ルソー 「ジュニエ爺さんの馬車」
DSC_22210.jpg
これもかなり観たかった作品。何か色々変なところがあるけど素晴らしい絵です。馬車の前の犬?がネズミにしか見えないw

アンリ・ルソー 「婚礼」
DSC_22220.jpg
こちらもジャングルを思わせる木々などが独特の雰囲気を醸し出しています。ルソーは他にも数点あり、かなり満足。

マリー・ローランサン 「犬を抱く女」
DSC_22218.jpg
ローランサンらしい女性的な幻想性のある作品ですが、ちょっと暗い感じに思えました。

アンリ・マティス 「赤いキュロットのオダリスク」
DSC_22236.jpg
装飾性豊かな背景とオダリスクというマティスお得意の題材。色の取り合わせが鮮やかで、かなり好みでした。

アンリ・マティス 「ソファーの女たち」
DSC_22240.jpg
こちらの作品も単純化と色彩が好みです。マティスは他にも多数あり、充実していました。
以前にも書きましたがパリではマティスの作品に出会う頻度が高かったです。

パブロ・ピカソ 「布をかけた大きな裸婦」
DSC_22255.jpg
ピカソも数点。こちらは新古典主義時代の作品。肉感的で大きな手が特徴的です。

パブロ・ピカソ 「大きな静物」
DSC_22256.jpg
こちらは初期のキュビスム時代かな。幾何学的な構成です。

ピカソも何点かあったのですが、映画「ミッドナイト・イン・パリ」に出てくる作品は私が行った時にはありませんでしたw
 参考記事:映画「ミッドナイト・イン・パリ」(ややネタバレあり)

アンドレ・ドラン 「アルルカンとピエロ」
DSC_22262.jpg
日本では観る機会の少ないドランもパリではよく出会いました。こちらは代表作といえるんじゃないかな。動きやリズムを感じます。

アンドレ・ドラン 「台所のテーブル」
DSC_22268.jpg
こちらもドラン。どっしりとした雰囲気があります。

モーリス・ユトリロ 「ベルリオーズの家」
DSC_22285.jpg
ユトリロも数点ありました。恐らくこれは評価の高い白の時代の作品じゃないかな。独特の風格があります。

モーリス・ユトリロ 「メゾン・ベルノ」
DSC_22291.jpg
こちらは恐らく色彩の時代かな。全体的に色が強くなってちょっと軽やかになった感じ。

この他にスーティンなどもあり、常設の後には特別展も観ました。私が行った時は、その後日本にも巡回してきたドビュッシー展をやっていました。(特別展は撮影禁止)
 参考記事:
  ドビュッシー 、音楽と美術ー印象派と象徴派のあいだで 感想前編(ブリヂストン美術館)
  ドビュッシー 、音楽と美術ー印象派と象徴派のあいだで 感想後編(ブリヂストン美術館)

最下階の展示品を全部観た後、いざメインディッシュのモネの睡蓮の部屋へ! こちらは撮影禁止だったのですが、そもそもこの美術館はモネの睡蓮を飾るために美術館にされたそうで、360度にモネの睡蓮の連作が並ぶ部屋が2つあります。その音楽的なリズムすら感じる色彩の変化や光の移ろいは、筆舌に尽くし難い感動でした。ぐるっと囲まれて観るという体験はこの美術館ならではの魅力だと思います。本当に素晴らしいコレクションの数々でした。日本語版の図録も買ってきました。
 参考記事:【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家

オランジュリーを観た後、タクシーでマルモッタン美術館に向かいました。

こちらがマルモッタン美術館。私が行ったときは地下でベルト・モリゾの特別展をやっていました。
DSC_22318.jpg
こちらは小さめの美術館ですが、以前に大規模な強盗があったせいか非常に警備が厳重な雰囲気でした。(ここは常設も撮影禁止) この美術館には中世の美術作品などもあるのですが、何と言っても有名なのはモネの「印象・日の出」です。1階の部屋に展示されていたのですが、独占状態でじっくりと観られたのは素晴らしい経験となりました。「印象派」という呼び名はこの「印象・日の出」の名前を元に批判を込めて呼ばれたもので、まさに印象派の象徴的な作品です。
他にもカイユボットやシスレー、ピサロといった印象派の作品もあり、地下のモリゾの特別展も楽しめました。こちらも英語版の図録を購入w

マルモッタン美術館はパリの中心からちょっと離れたところにあり、周りは緑豊かなところでした。
DSC_22319.jpg


ということで、この2つの美術館も非常に楽しむことができました。この辺は美術好きでもない限り中々観光コースに入らないようですが、特にオランジュリーはお勧めです。パリに行く事があったら検討してみてください。


フランス旅行シリーズ
 【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
 【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
 【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
 【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
 【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
 【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
 【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
 【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
38位
アクセスランキングを見る>>
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。