関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館

お正月から続いた番外編のフランス旅行の記事もそろそろ終盤です。前回ご紹介したプティ・パレを観た後、歩いてパリ市立近代美術館にハシゴしてきました。(実際に行ったのは2012年のゴールデンウィークなので、現在と入れ替わっている作品も多々あると思います)

こちらがパリ市立近代美術館。神殿みたいな建物です。こちらの美術館でも写真を撮ることができました。
DSC_22830.jpg DSC_22837.jpg
こちらはパレ・ド・トーキョーという建物で、パリ市立近代美術館は東翼(右側)にあります。開館は1961年と意外と最近で、西翼は「パレ・ド・トーキョー / 現代創造サイト」という現代アートのギャラリーだそうです。

まずは大きな展示室に入りました。ここにはマティスの壁画があります。

アンリ・マティス 「La dance(ダンス)」
DSC_22839.jpg
作風から恐らく晩年の作品かな? 躍動感溢れる表現で、流れるようなフォルムは流石です。

アンリ・マティス 「La dance(ダンス)」
DSC_22846.jpg
さらにもう1つ壁画があり、こちらの方が好み。写真で観るとわかりづらいですが、大きさもかなりのもので感動しました。この裏辺りにはこの2つの作品に関する資料的なものもあります。

この後は普通の展示室を回りました。

こちらはいつも展示しているのか分かりませんが、エコ・ヌグロホというインドネシアの現代アーティストの部屋がありました。
DSC_22872.jpg
何処と無くアジアっぽさもありつつちょっとシュールな感じ。

その後は近代絵画が並んでいました。

ラウル・デュフィ 「Les regates」
DSC_22888.jpg
大好きなデュフィの作品。色の取り合わせが明るく感じられますが、ちょっと重厚に見えるかな。

パブロ・ピカソ 「Evocation ou l'Entterrement de Casagemas」
DSC_22899.jpg
恐らく青の時代の作品じゃないかな? 宗教的な雰囲気で何処かエル・グレコを彷彿とするかな。

フェルナン・レジェ 「L'homme a la pipe」
DSC_22927.jpg
キュビスム的でシマシマが面白いリズムを生み出していました。

ジャン・デュナン 「Les Sports」
DSC_22944.jpg
ここは絵画だけでなく工芸品もあり、これはスポーツをする壁画。この人はアール・デコの装飾家だったと思いますが、こちらは平面的で素朴な感じを受けました。

藤田嗣治 「Nu couche a la toile de Jouy(寝室の裸婦キキ)」
DSC_22951.jpg
これは発表当時に非常に話題になったという有名な作品です。フランスでは藤田はこの1点しか観られませんでしたが、これは観られて良かった。

アンリ・マティス 「Odalisque au fauteuil」
DSC_22957.jpg
こちらはマティスお得意のオダリスク。背景と共に強い色彩が目を引きます。

ラウル・デュフィ 「Trente ans ou La Vie en rose」
DSC_22960.jpg
デュフィらしい明るく軽やかな色彩の作品。この美術館の中でもかなり気に入りました。

ピエール・ボナール 「Le Dejeuner」
DSC_22962.jpg
全体的に温かみを感じる作品。何だか幸せそう。

アメデオ・モディリアーニ 「Femme aux yeux bleus」
DSC_22966.jpg
首の長さや青い目などモディリアーニの特徴がよく出ている作品。

ジョルジョ・デ・キリコ 「Autoritaratto(Autoportrait)」
DSC_22983.jpg
この美術館にはデ・キリコの作品が結構あり、中々観る機会のない古典主義に回帰していた頃の作品もあります。これは60歳頃の作品で、もはやシュルレアリスム的な感じはありません。

ジョルジョ・デ・キリコ 「Natura morta nel paesagglo campestre (Nature morte dans un paysage champetre)」
DSC_22991.jpg
こちらはデ・キリコ55歳頃の作品。濃くて重厚感があるのが特徴かな。あまり評価されなかった時代の作品ではありますが、独特です。

ジョルジョ・デ・キリコ 「Idylle antique」
DSC_23001.jpg
こちらも55歳頃の作品ですが、形而上絵画のスタイルで描かれ、平面的かつシュールな雰囲気が漂っていました。

ジョルジョ・デ・キリコ タイトル失念…
DSC_23016.jpg
これはいつの作品か分かりませんが、これもシュルレアリスムの時代の作風です。このマネキンのような人間?はよく描かれるヘクトルとアンドロマケーかな?

Bernard Requichot 「Peinture et papiers choisis」
DSC_23041.jpg
近代絵画だけでなく、現代アートのコーナーもあります。こちらは凄い勢いを感じる作品。意味はわからないけど力強い。

ベルナール・ビュフェ タイトル失念…
DSC_23049.jpg
ビュッフェの作品も結構ありました。この平面的で沈んだ色調が独特です。

ベルナール・ビュフェ 「Les plages,le parasol」
DSC_23063.jpg
こちらは大きめの作品で目を引きました。海水浴しているところかな?

こんな感じで館内を観ていったのですが、ここに来た目的はこれらの作品ではなく、最後に観たデュフィの大作です。

ラウル・デュフィ 「La Fee Electricite(電気の精)」
P1010167.jpg
これが電気の精!! 縦10m、横60mというとてつもない壁画で、どう考えてもこの場に行かないと観られませんw 
 参考記事:ラウル・デュフィ展 ~くり返す日々の悦び~ (三鷹市美術ギャラリー)

ぐるっと部屋を取り囲むように描かれていて、沢山の数学者や科学者の像が並びます。
DSC_23102.jpg

これだけ大きくなっても色彩は軽やかで透明感を感じます。
DSC_23103.jpg


ということで、豊富なコレクションがある中でもマティスのダンスとデュフィの電気の精には大感動でした。絵画好きでもない限り観光客は中々足を運ばなそうなところですが、お勧めの美術館です。


フランス旅行シリーズ
 【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
 【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
 【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
 【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
 【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
 【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
 【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
 【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
 【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
No title
こんにちは^^

私、マティスが大好きなのですが、
デュフィの「Trente ans ou La Vie en rose」、
「La Fee Electricite(電気の精)」、
趣きは全く違いますが、
どちらもすごく素敵です!
本物を観たいものです。

2013/01/14(月) 15:36 | URL | アルケミラモリス #-[ 編集]
Re: No title
>アルケミラモリスさん
コメントいただきましてありがとうございます。
デュフィの電気の精は予想していたより大きなスペースで驚きでした。
マティスの作品も良かったし、この2人の画家が好きな方には非常に楽しめる場所です^^
2013/01/15(火) 09:19 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
No title
こんにちは!

パリ市立近代美術館、今までノーマークでしたが…
大好きな画家ばかりで…すぐにでも行ってみたくなりました!!
特にマティスとデュフィが素晴らしいですね!
こちらに行かないと見られないですし…
はぁ…行ってみたいです。。。
2013/01/18(金) 14:22 | URL | naotomomo #-[ 編集]
Re: No title
>naotomomoさん
コメント頂きましてありがとうございます。
そうなんです、ここはここに行かないと観られないものがあるんです!
デュフィやマティスが好きな方はいずれ訪れて観てほしいところですね^^

パリはこれと同じようにハイレベルな作品が多くて…w 周りきれませんでした。
2013/01/19(土) 02:31 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
38位
アクセスランキングを見る>>
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。