関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

書聖 王羲之 (感想後編)【東京国立博物館 平成館】

今日は前回の記事に引き続き、東京国立博物館 平成館の日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「書聖 王羲之」の後編をご紹介いたします。前編には混み具合なども記載しておりますので、前編を読まれていない方は前編から先にお読み頂けると嬉しいです。


 前編はこちら


P1080390.jpg


まずは概要のおさらいです。

【展覧名】
 日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「書聖 王羲之」

【公式サイト】
 http://o-gishi.jp/
 http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1569

【会場】東京国立博物館 平成館
【最寄】上野駅(JR・東京メトロ・京成)

【会期】2013年1月22日(火)~3月3日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間30分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前半は序章・1章の王羲之までの書体の歴史や王羲之の手紙などについてご紹介しましたが、残りは2章は「蘭亭序」という代表作、3章は王羲之の後世への影響についての章となっています。

1章と2章の間辺りには再度、書体の歴史についてのコーナーがありました。楷書の始まりは3世紀初頭と考えられるそうですが、現存する品から考察すると5世紀あたりまでは隷書の名残が大きかったようです。そして6世紀頃になると隷書から楷書への移行期となり、7世紀頃にようやく楷書は隷書から独立した表現となったそうです。王羲之の書には当時代の楷書の筆法を色濃くとどめているとのことでした。


<第2章 さまざまな蘭亭序>
353年3月3日、会稽郡の長官だった王羲之は風光明媚な会稽山陰(かいけいさんいん)の蘭亭に当時の名士41人を招き、曲水の宴を開いて皆で詩を詠みました。これは川の上流から酒の盃が流れてくるまでに詩を詠むか、できなければ酒を飲むというものらしく、王羲之はこの詩会の序文を書くと入神の出来栄えだったそうです。王羲之は酔いが冷めた後日にも何度も書き直したものの、これ以上のものは書けず、本人も最高傑作と認めて子孫に伝えました。(しかしそんな大傑作も後世になると唐の太宗皇帝の使いが子孫を騙して盗みとり、最後は太宗皇帝の墓に副葬品として埋葬されてしまったようです…。) ここにはその蘭亭序の様々な模本が展示されていました。

67 王羲之等 「蘭亭図巻-万暦本-」 ★こちらで観られます
これは1417年に刊行された蘭亭図巻を重刻したもので、最初は文字ですが、途中からは小川の両脇に並んで座って、詩を詠む人々の絵が描かれています。それぞれの人物の隣には名前も書かれていて、みんな楽しそうな雰囲気です。生き生きとしていて、当時の情景をイメージさせてくれました。

この辺りには壁に映し出された大きな映像があり、先ほどの「蘭亭図巻-万暦本-」の流觴曲水(りゅうしょうきょくすい)の宴をアニメーションにしたものでした。

続いては第二会場です。第二会場に入ってすぐの辺りには日本の近代画家の中村不折の「賺蘭亭図」という作品もありました。これは太宗皇帝が蘭亭序を手に入れた時の逸話を絵画化したもので、太宗皇帝は部下を一介の書生として王羲之の子孫に送り込んだそうです。そしてその部下が子孫と仲良くなり、蘭亭序を見せてもらうようになると、留守を見計らって盗んで皇帝の元へと運び去ったのだとか。皇帝とはいえ無茶苦茶なことをしてでも手に入れたかったようですね。

ここから先には蘭亭序の模本が沢山並んでいましたが、閉館時間が迫りつつあったので、メモする作品をだいぶ絞っていきました。前半の大混雑が祟りました。

86 王羲之 「游丞相旧蔵蘭亭序-御府領字従山本-」
これは100本の蘭亭序を蒐集し、後に宰相(丞相)になった游似(游丞相)のコレクションです。藍色の紙に黄色の字が書かれているのですが、「次」の字の にすい が さんずい になっているなど、特有の傾向があるとのことでした。これだけ見ても素人の私にはちっとも違いは分かりませんでしたが…w

次の部屋に行く辺りに、王羲之の人柄が想像できるエピソードがありました。王羲之はガチョウと真珠が大好きだったそうで、ある時大事な真珠が無くなってしまい、親友がそれを盗んだのだろうと疑い責め立てたそうです。その親友の老僧は、疑われたのを苦にして死んでしまったそうですが、後日に王羲之がガチョウを食べようとした際、なんとガチョウの腹の中から真珠が出てきたそうです。王羲之は親友の老僧を疑ったことを心から悔み、自宅をお寺に寄付したそうですが、何だかとってもやるせないエピソードです。 やはり王羲之は器の小さい駄目なやつかも…w
この先にはスランプになったこともあったというエピソードなどもありました。


<第3章 王羲之書法の受容と展開>
最後は神格化された王羲之の後世における受容と展開についてです。こちらも時間がなかったので早足で周ったのでメモも少なめです。(この章の作品同士の繋がりはあまり感じないので、影響作品の羅列といった感じかも)

109 宣統帝 「楷書七言聯」 ★こちらで観られます
これは清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀(ラストエンペラー)が書いた作品で、金地に7文字ずつ2幅対で並んでいます。この字は蘭亭序からの引用らしく、若干ふにゃふにゃした感じにも見えましたが、王羲之の楷書が文人たちの間では常識のようになっていた様子が伺えました。
なお、蘭亭序は全28行324字が使われ、重複を除くと204種類の字となるそうです。歴代の文人は蘭亭序の文字を用いて詩を詠んでいたそうで、この作品も含めてこの辺にはそうした作品が並んでいました。

99 池大雅 「蘭亭曲水・龍山勝会図屏風」
こちらは日本の江戸時代の絵の屏風で、右隻に蘭亭曲水、左隻に同じ時代の龍山勝会という酒宴の様子が描かれています。全体的に薄い色合いで、蘭亭曲水は春の渓谷で人々が詩を詠み楽しんでいる姿が描かれていました。 私もこの蘭亭を主題にした作品は結構観たことがあるので、日本でもお馴染みの画題だったのではないかと思います。

この辺にまた王羲之のエピソードがありました。王羲之の書は生前から高い人気だったそうで、ある時 老婆が営む売れない扇屋で、商品の扇に5文字ずつ書いたそうです。老婆はそれに怒ったのですが、王羲之はこれは100銭でも売れると言ったそうで、老婆がその扇を売ると、本当に皆が競って買っていったそうです。そして後日、老婆がまた扇に字を書いてもらおうと尋ねると、王羲之は笑って取り合わなかったのだとか。今でもその扇に文字を書いた場所は観光地になっているようで、まさに伝説のような話でした。

この先には奈良時代に日本に伝わった法帖などもありました。皆、よく王羲之を写していますがそれぞれがちょっとずつ違う感じに見えました。

132 董其昌 「行草書羅漢賛等書巻」
これは前編でご紹介した「行穣帖」に奥書をした董其昌の作品です。天真爛漫な躍動する書を理想としていたそうで、流麗な文字が並び、最後の方は記号かと思うほどに文字が繋がり躍動感があります。
解説によると、董其昌は若い頃に地方の試験で首席だったのですが、書が下手で次席に落とされるという苦い経験があったそうです。そして、それを機に董其昌は発奮し、書に励み能書として名を馳せるほどになったそうです。王羲之の書には深く啓発されたようですが、あまりの素晴らしさに3年間も書の稽古を諦めてしまったのだとか。

この辺にも結構見どころはあったのですが、閉館まで残り10分くらいとなり慌てて周っていましたw

159 趙之謙 「隷書張衡霊憲四屏」
太く黒々とした字が並ぶ掛け軸で、重厚感があり迫りくる印象を受けます。解説によると、この作者は篆刻(印章作成)においても一家を成し、書では隷書が他の書体に先駆けて独特の様式を完成させたそうです。こちらも個性的でインパクトのある作品でした。

最後に王羲之の墓の写真なども展示されていました。今でも56代目の当主が墓を守っているのだとか。


ということで、書は見方がよくわからず私には難しめの内容でしたが、書いてあることや王羲之という人物、その後の影響などについて知ることができて参考になりました。予想以上には楽しめましたので、書が好きな方には必見の展示なのかもしれません。


 参照記事:★この記事を参照している記事

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告