関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

風景―国立西洋美術館素描コレクションより 【国立西洋美術館】

先週の日曜日に、国立西洋美術館に行って展示を観てきました。今日は記事を書く時間があまりなかったので、先に常設展で観た「風景―国立西洋美術館素描コレクションより」という特集展示についてご紹介しようと思います。

P1090099.jpg

【展覧名】
 風景―国立西洋美術館素描コレクションより

【公式サイト】
 http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2013landscape.html

【会場】国立西洋美術館 版画素描展示室
【最寄】上野駅(JR・東京メトロ・京成)


【会期】2013年3月2日(土)~6月2日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日16時半頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
お客さんは多かったですが、混んでいるというわけでもなくゆっくり観ることができました。

さて、今回の展示は国立西洋美術館のコレクションの中から、近代の画家の風景画の素描を紹介するもので、主に水彩の作品が展示されていました。それぞれの作品同士の繋がりはあまりなく、作品の主題ことに並んでいましたので、簡単に各コーナーごとに気に入った作品をご紹介しようと思います。なお、ここの常設はルールを守れば写真も撮れます(一部の作品は不可)ので、今回も写真を使っていきます。


<親密な世界 村落、庭>
まずはのどかな郊外などを描いた作品のコーナーです。

モーリス・ドニ 「レマン湖畔・トノン」
P1090103.jpg
ドニにしては実際に観たままの光景を描いたような作品。ピンクの色合いなどにドニらしい色彩感覚が表れているように思いました。

エドゥアール・ヴュイヤール 「庭」
P1090109.jpg
これは抽象画かと思いましたw ヴュイヤールは1930年代に即興的な作品をたびたび手がけていたようです。こちらもささっと描かれた感じがします。

アンドレ・デュノワイエ・ド・スゴンザック 「ギュイアンクールの風景」
P1090118.jpg
この画家は初めて知りました。水彩とは思えないほど強い色で、フォーヴなのかな?と思ったけど、解説がなく詳細は不明。どことなくセザンヌっぽさも感じました。


<山や高原の風景>
続いては山や高原を描いた作品のコーナーです。

ピエール=エルネスト・プラン 「高原の雲」
P1090135.jpg
この画家も初めて知りました。マネの友人だったそうですが、死後に急速に忘れられた画家のようです。これは雨雲かな? 地平線が低いので広々した感じを受ける一方で雲の色のせいか重々しい雰囲気があるように思いました。

この辺にはオーギュスト・エマニュエル・ポワントランという画家の作品が3枚セットで並んでいました。

<海景>
その後は海を描いた作品が並んでいました。

ポール・シニャック 「漁船」
P1090143.jpg
シニャックは新印象主義の画家で、点描で表現した人ですが、この絵もよく観ると長い棒線を使ったりして表現していました。題材や構図のせいか、水彩になってもシニャックらしさも感じます。

ポール・シニャック 「燈台」
P1090151.jpg
こちらは燈台と船が描かれ、若干色が強めですが爽やかな印象を受けました。


<異郷の風景>
こちらは異国の地で描かれた作品などが並んでいました。

ポール・ゴーガン 「マルティニック島の情景」
P1090161.jpg
異国趣味といえばやはりこの人です。扇子の形になっているのはジャポニズムからの影響のようですが、描かれている風景は草が生い茂り力強い印象でした。


<空想と幻想の世界>
最後は実景ではなく空想や幻想の風景を描いた作品のコーナーでした。

ギュスターヴ・モロー 「聖なる象(ペリ)」
P1090170.jpg
ペリというのはペルシアの聖書とも言えるものだそうで、19世紀フランスの芸術家の中では芸術的霊感源とされていたようです。色合いが幻想的で、品のある描写となっていました。

モローはもう一点ありました。

エミール=ルネ・メナール 「[水浴する女たち]のための習作」
P1090178.jpg
この人は自然主義や象徴主義の影響を融合させて独自の夢想的な風景画を数多く手がけた画家だそうです。ニンフのような女たちの入浴姿はどこか神話の中の世界のような雰囲気がありました。


ということで、小展示でしたが粒ぞろいの内容となっていました。各画家が油彩とはまた違った作風だったりするのも面白かったです。ラファエロ展と期間が同じですので、ラファエロ展に行かれる方は、常設展示も覗いてみることをお勧めします。


 参照記事:★この記事を参照している記事

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告