関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

レオナール・フジタ ― ポーラ美術館コレクションを中心に (感想後編)【Bunkamuraザ・ミュージアム】

今日は前回の記事に引き続き、Bunkamuraザ・ミュージアムの「レオナール・フジタ ― ポーラ美術館コレクションを中心に」の後編をご紹介いたします。前編には混み具合なども記載しておりますので、前編を読まれていない方は前編から先にお読み頂けると嬉しいです。

  前編はこちら

P1120518.jpg

まずは概要のおさらいです

【展覧名】
 レオナール・フジタ ― ポーラ美術館コレクションを中心に

【公式サイト】
 http://www.tbs.co.jp/leonardfoujitaten/
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita.html
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita/index.html

【会場】Bunkamuraザ・ミュージアム
【最寄】渋谷駅/京王井の頭線神泉駅

【会期】2013/8/10(土)~10/14(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間30分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日16時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前編では乳白色の時代の作品などをご紹介しましたが、後半は主に戦後の作品が並んでいました。
 参考記事:
  ポーラ美術館の常設(2010年秋)
  ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ 感想前編(横浜美術館)
  ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ 感想後編(横浜美術館)
  ポーラ美術館の常設
 
  藤田嗣治と愛書都市パリ -花ひらく挿絵本の世紀- (松濤美術館)
  藤田嗣治-東京・ニューヨーク・パリ (目黒区美術館)
  よみがえる幻の壁画たち レオナール・フジタ展 (そごう美術館)


<2 フジタの子どもたち-アトリエのなかの物語>
第二次世界大戦の際、戦争画を積極的に描いた藤田は戦後に戦争協力をしたと誹謗中傷を受け、その責任を取る形で日本を去りニューヨーク経由でパリに戻り、2度と日本に帰らないと決心したそうです。藤田はパリを拠点をして子供を主題とした絵画を数多く手がけ、ここにはそうした作品が並んでいました。

2-20 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「朝の買い物」
長いフランスパンとミルクの入った容器を持つ少女が描かれた作品です。顔は白いけど乳白色の頃とは違い、デフォルメされた感じかな。晩年の画風がよく出ていると思います。 解説によると、着ているものは年配が着るような服らしく、顔つきもパリの子どもとは違っているようで、これは憧れの空想の世界を描いているとのことです。この頃にはかつて親しくしていた画家たちは亡くなったか亡命してパリには姿がなく、エコール・ド・パリの時代も幻影となっていたようで、(その反動で?)空想の世界を描いているのではないかとのことでした。また、裏には君代(夫人)のためにとあるらしく、子供のできなかった2人の子供なのではないかと考えられるようです。見た目は結構可愛らしいですが、藤田の苦難も反映されているのかな…。ちょっと寂しいエピソードでした。

2-17 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「誕生日」 ★こちらで観られます
これは今回のポスターにもなっている作品で、丸いテーブルに向かう子どもたちが描かれ、中央にはケーキが置かれ誕生会のようです。奥には花飾りをつけておめかししている子がいて、このパーティーの主役かな? 窓の外には入りきれなかった子どもたちが中の様子を伺っている様子も描かれています。何故かテーブルの子たちはバラバラな視線で無表情に見えるのですが、これはフランスの個人主義の特徴が描かれているとのことでした。見た目は子供だけど、憮然とした感じであまり可愛くない…w

2-1 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「私たちの家」 ★こちらで観られます
2-2 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「私のアトリエ」
これらは藤田が作った箱のような形の家の模型で、「私たちの家」はフランスの田舎を思い出しながら作ったものです。細かい家具なども作られていて藤田の器用さが伺えます。こういう家に住みたいという理想の家のようで、素朴ながらも洒落ていて暖かみがある家となっていました。一方、「私のアトリエ」は現実のアトリエを模したものらしく、こちらも精巧に出来ていました。

2-10 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「室内」 ★こちらで観られます
これは先ほどの「私たちの家」とそっくりの室内を描いた作品です。窓の位置、階段、暖炉など模型を描いたのではないかと思います。これと似た作品をいくつか観たことがあるので、もしかしたら何枚も描いているのかも??

この近くには猫を描いた作品もありました。藤田は猫をよく描いていましたが、戦後は猫を描く機会は減っていたようです。その理由は分からないようですが、一説によると君代夫人が犬派だったのが理由では?とのことでしたw

2-3 2-4 レオナール・フジタ(藤田嗣治) 「植物のなかの裸婦」
これは2枚対の作品で、右は正面を向いて立つ裸婦、左は胸に手を当てて微笑む裸婦のやや横向きの姿が描かれています。正面を向く裸婦は若干固い表情に見えるかな。両方とも乳白色ではなく伝統的な西洋画の陰影がつけられていて、植物が巻き付いていて、周りにも沢山の植物があります。解説によると、左の裸婦の植物は枯れかけていて、自由を縛っていたしがらみから開放されることを願っているのではないかとのことです。結構この時期の作品には戦争画を批判されたことへの苦悩や、空想・憧れのようなものが伺えるようです…。

この近くにはカトリックに改宗した後に作った十字架などもありました。また少し先には阿部徹雄による1952年の藤田の写真もありました。阿部はその10年前に戦争記録画を描く藤田を手厚くもてなしていたそうで、藤田はその恩を感じていたそうです。パリでの活動の様子が展示されていました。


<3 小さな職人たち-フランスへの讃歌>
最後の3章は「小さな職人たち」という晩年に描いた職人尽とも言える子どもたちを描いた作品が並ぶコーナーです。15cm四方のタイル上のパネルに描かれ、200枚以上あるそうです。ここは個別ではなく簡単にご紹介すると、メジャーな職業は勿論、結構マイナーな職業も描かれていて、コルセット職人などフランスならではの職業もあります。

少し進むと路上の職業があり、風船売りや屑拾い、スリ、浮浪者など生活の苦しそうなものもあります。子供の姿で描かれているけど、哀しみとも慈しみとも取れるような雰囲気でした。

その後には守銭奴や噂好き、囚人、狂気などこれは職業なのか?というものもありますw 裸で傘をさしている絵があり、これは何だろ??と思ったら「億万長者」でしたw 変態にしか見えない…。

更に進むと詩人やモデル、天才といったアーティストたちが描かれた作品が並んでいました。また、スペイン製のアンティークの扉にはめ込まれているパネルを再現したものがあり、藤田は扉に自分の作品をはめ込んでいたようです。最後にはそうしたパネルらしき作品が並び、縦長・横長に様々な子どもたちがまた違ったデフォルメで描かれていました。


ということで、藤田の代表的な作風と晩年の作品を楽しむことができました。特に3章は中々観る機会がないので貴重だと思います。藤田が好きな方は是非どうぞ。


 参照記事:★この記事を参照している記事

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告