関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

セキ美術館名品展 加山又造と近代絵画の巨匠たち 【ニューオータニ美術館】

この前のの日曜日に、赤坂見附のニューオータニ美術館で会期終了間際となった「セキ美術館名品展 加山又造と近代絵画の巨匠たち」を観てきました。この展示はすでに終了していますが、今後の参考として記事にしておこうと思います。

2013-11-03 14.21.01

【展覧名】
 セキ美術館名品展 加山又造と近代絵画の巨匠たち

【公式サイト】
 http://www.newotani.co.jp/group/museum/exhibition/201309_seki/

【会場】ニューオータニ美術館
【最寄】東京メトロ 赤坂見附駅・永田町駅


【会期】2013年9月28日(土)~11月4日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日14時半頃です)】
 混雑_1_2_③_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
会期末だったこともあり結構混んでいて、この美術館でこれだけのお客さんを観たのは初めてかも? とは言え、自分のペースで鑑賞することができました。

さて、今回の展示は近代日本画の加山又造を中心に、愛媛の松山にあるセキ美術館のコレクションが24名40作品ほど並ぶ内容となっていました。とは言え、加山又造は10数点で他は近代の日本画と洋画のコレクション展といった感じで、画家も様々でした。詳しくは気に入った作品を通してご紹介しようと思います。


<加山又造>
まずは加山又造の作品が並ぶコーナーです。加山又造(1927年~2004年)は東京美術学校で日本画を学びながらも、戦後間もなく創立された美術団体「創造美術」に西洋絵画に強い影響を感じさせる動物画を発表して注目されました。その後、琳派や宋元画など東洋の古典に触発された作品を次々と生み出し、戦後の日本画壇に新しい風を吹き込んだようです。

18 加山又造 「中央公論表紙原画(12図)」
これは12図セットで展示されていた、「中央公論」の表紙(49年1月号~55年12月号)です。特に好みは鶴が描かれた作品で、白と銀の鶴たちが左上に向かって飛んで行く様子が描かれています。背景は赤地に銀で川の流れを表した文様となっていて、琳派を彷彿とさせます。雅で華やかな雰囲気があり、琳派やナビ派をさらに変化させた感じの平面的で装飾的な作品でした。

17 加山又造 「白い道」
これは北海道の支笏湖付近の道を描いた作品で、空はどんよりして道の両端には針のように細い枯れ木が並んでいます。舞い飛ぶ烏の群れの姿や雪が混じり轍のようなものができた道は物悲しい雰囲気で、画面にはざらついた質感があります。また、こちらは先ほどの作品よりだいぶ写実性と奥行きを感じました。どことなくフランドル絵画に通じるものがあるように思えたかな。

この近くにはカラスを描いた作品も何点かありました。

20 加山又造 「夜桜」 ★こちらで観られます
これは夜の闇の中、2本の大きな満開の桜とその脇の篝火が描かれた作品です。花は大きく5枚からなる図案的なものが並び、篝火もぼんやりとして金粉が散らされるなど装飾的な雰囲気があります。よく観ると花は厚みもあるように見えるかな。華やかなのに静かで、神秘的な作品でした。

19 加山又造 「凝」 ★こちらで観られます
振り返って2羽の蝶を見ている青い目のペルシャ猫が描かれた作品です。その目は単純化されている一方で、毛並みやひげは1本1本丁寧に描かれフワフワした感じがあります。背景は茶色っぽく、蝶の周りはやや明るくなっているためか自然と目が向きました。こちらも独特の神秘性を感じました。

この近くには加山又造と大倉陶園によるコラボのティーセットが展示されていました。波、竹、モミジ、桜などの文様が描かれいずれも可憐で気品がありました。これでお茶を飲んでみたいw

21 加山又造 「雪・月・花」
これは3枚セットのアクアチントの作品で、伝統的な雪月花がモチーフとなっていますが斬新さがあります。雪は川のような所に料紙のように四角い粒が散らされ、月はうねる波を図案化したものを背景に三日月が浮かんでいます。花も図案化された桜の花と不動明王の光背のような篝火が描かれているなど、いずれもデザイン的かつ静けさを感じました。

加山又造の作品はこの辺までで、残りは日本の近代の画家が1~2点程度ずつとなっていました。


<日本画家>
続いては日本画家のコーナーです。

12 横山操 「冬富士」 ★こちらで観られます
雪をかぶった富士山と、手前の黒い枯れ木の林が描かれた作品です。背景の空は深い青で雪の白さが際立って見えます。その山肌は厚塗りされていて、実際に浮き出て見えるのも面白い効果です。木の表現なども含めて交友関係があった加山又造と共通するものを感じるかな。堂々たる雰囲気の作品でした。

この近くには高山辰雄、東山魁夷、平山郁夫、今野忠一などの作品もありました。


<洋画家>
小部屋は洋画のコーナーとなっていました。

35 荻須高徳 「魚市場(旧題:市場の岸)」
これは高い所から見下ろすように、運河沿いのヴェネツィアの魚市場が描かれた作品です。赤い三角屋根の建物が立ち並び、人影はまばらで静けさを感じます。荻須高徳にしては建物の外壁が綺麗に見えるかな。(質感の表現が淡白というか…) 異国情緒のある作品でした。

この近くには熊谷守一や林武、藤島武二、梅原龍三郎などの作品もありました。

34 岡鹿之助 「ラヴェル礼賛」 ★こちらで観られます
これは窓辺の光景を描いた作品で、手前にはBOLEROと描かれた楽譜が開かれ、その隣にはギターが置かれていて、楽譜の周りにはパンジーの花などがあります。窓の向こうには古城らしきものも見えるかな。解説によると、これを描いた1937年に岡鹿之助が敬愛した作曲家のラヴェルが亡くなったそうで、その代表作のボレロの楽譜をここに描いているようです。(岡鹿之助は滞欧中だった) ラヴェルの死に関して礼賛の作品を4枚描いたらしく、これはその内の1枚で未完に終わっているようです。全体的に点描というか貼り絵のような質感に見えますが、華やかな雰囲気があり敬愛の念が感じられました。

この近くには黒田清輝の作品などもありました。


<日本画家>
最後は再び日本画のコーナーです。

4 上村松園 「汐くみの図」 ★こちらで観られます
これは着物に腰蓑を付けて「汐汲車」という円筒形の容器に台車がついたものを引っ張る女性が描かれた作品です。これは舞踊の「汐くみ」というのが題材のようで、やや上を向いた女性は優美で気品が感じられます。赤い紐を持つ手つきは色っぽく、着物の華やかさと共に瑞々しい雰囲気がありました。

この近くには横山大観や伊東深水の作品もありました。

6 前田青邨 「風神雷神」
これは縦長の大型作品で、背中合わせのように風神雷神が描かれています。かなり大胆な筆で輪郭線が太く描かれ、単純化されています。題材自体が琳派風ですが、黒い雲には滲みを使ったたらしこみの技法が見られ、その伝統を踏襲しているのが伺えます。しかし琳派そのものというわけではなく、より単純化され愛嬌があって動きのある生き生きとした作品でした。


ということで、点数は少なめでしたが楽しめる内容となっていました。やはりメインの加山又造は特に好みで、観たことがない作品ばかりだったのも良かったです。もう終わってしまいましたが、加山又造について少し知ることが出来て満足でした。



 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告