関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

海藻 海の森のふしぎ 展 【LIXILギャラリー】

前回ご紹介した展示を観る前に、京橋のLIXILギャラリーで「海藻 海の森のふしぎ 展」を観てきました。

P1130617.jpg

【展覧名】
 海藻 海の森のふしぎ 展

【公式サイト】
 http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_002487.html

【会場】LIXILギャラリー
【最寄】銀座線京橋駅 都営浅草線宝町


【会期】2013年12月5日(木)~2014年2月22日(土)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。

さて、この展示は世界の海藻をテーマにした内容で、主に日本での研究を通じて、その多様性や魅力について取り上げていました。海藻は世界に1万種類あるそうで、そのうち1500種類は日本の海に生息していて、昆布やワカメ、ノリなどは古くから食料とされてきました。しかし海藻は世界の海の1%に満たない浅い海に存在しないそうで、どのような姿で存在しているかあまり知られておらず、海藻の研究の歴史は意外と浅く20世紀入ってから研究が始まったそうです。海藻類が作る海の森は多くの海洋生物の住処や餌を提供し、豊かな生態系を支えているのですが、いつどのように進化してきたかの全容が明らかになったのはこの30年ほどで、今でも毎年数十種類の新種が報告され、時々全く新しい科の種類も発見されるなどまだまだ未知の部分も多いようです。

会場にはずらりと標本がならんでいました。入口付近にはマクロキスティス(ジャイアントケルプ)の気泡の標本があり、丸っこくて木の実のように見えましたが、これは昆布の仲間であるジャイアントケルプの浮袋だそうです。この種類は全長50mにも及ぶ海で一番大きく長い植物で、この浮袋によって水深20mを超える海底から立ち上がり50mもの体を海面に広げて光合成するようです。一言に昆布といっても色々あるようで、赤や茶色、緑など紅葉したような標本も展示されていました。ちなみにワカメやノリなどは夏と冬で全く違う形や大きさなのだとか。海藻にそんな違いがあるとは驚きです。

続いては野田三千代 氏による「海藻押し葉」が並んでいました。これは正方形のガラス容器の中に白い紙を背景に押し葉が貼り付けてあるもので、紫色の葉が多かったかな。筑波大学の実験センターで非常勤講師をされていた方らしく、研究としての用途だと思うのですがアーティスティックな雰囲気もありました。

その先には研究者や研究施設で交換される目的で制作されるエキシカータ標本が色素別に分類して並んでいました。これらは神戸大学が瀬戸内海で採取した188種のうちの39種類で、、褐毛、紅毛の色素があり 英語で海藻の名前や採取した場所、採取した日付が記載されていました。緑毛は特に綺麗で、様々な形や種類で変化に富んでいました。

展示室の奥にはオランダの植物学者スリンハーが1870年に書いた「日本の藻類」という本があり、正確なイラストが載っていました。また、モンターニュというフランスの植物学者の本もあり、海藻の研究の歴史を垣間見ることができました。その後は吉崎誠 氏の顕微鏡画が並び、顕微鏡で観察した細胞組織まで人の手によってスケッチされていました。超細密に書かれていて特徴なども添えられていて、研究の成果が伺えます。また、岡本金太郎(1837年~1935年)という日本初の海藻学者による「日本藻類図譜」という本もあり、これは半生をかけて刊行したものらしく、水彩による植物画が描かれていました。これもかなり細かく、横に書き込みがあり、顕微鏡による解剖図までもありました。


ということで、知っていそうで知らなかった海藻の世界と堪能することができました。標本にすると結構綺麗なので、難しいことを抜きにしても楽しめる内容だったと思います。

この後、同時開催の2つの展示も観てきました。




P1130618.jpg

まずは焼物の個展のスペースでは「大久保陽平 展 -陶 SOUJI- Okubo Yohei Exhibition」が開催されていました。

【展覧名】
 大久保陽平 展 -陶 SOUJI- Okubo Yohei Exhibition

【公式サイト】
 http://www1.lixil.co.jp/gallery/ceramic/detail/d_002596.html

【会期】2013年12月5日(木)~12月24日(火)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間10分程度

こちらにはご本人がいて、お客さんと会話していました。ここに並んでいるのは陶器で出来たスポンジや雑巾、掃除機、空気清浄機、モップ、デッキブラシ、コロコロローラーなどで、かなり質感が本物のように見えました。焼いた後に絵付けしているようですが、柔らかそうなものや繊維などを陶器で表現する所に面白さがありました。



続いて、現代アートのスペースで、「村山加奈恵 展 Murayama Kanae Exhibition -transmigration-」を観ました。

【展覧名】
 村山加奈恵 展 Murayama Kanae Exhibition -transmigration-

【公式サイト】
 http://www1.lixil.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_002595.html

【会期】2013年11月29日(金)~12月24日(火)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間10分程度

こちらには大型の絵が並び、いずれも暗闇を背景に花や蝶、女性などが描かれていました。静かに妖しく神秘的な雰囲気で、蝶は人の目が模様になっているなど、ちょっと怖いくらいの不思議さがあります。花もまだら模様になっているなど若干毒気もあるかな。単に綺麗なわけではなくシュールな感じも受けました。


ということで、3本の展示を楽しんできました。ここは無料で観ることができるので、銀座に行った際には立ち寄ってみると楽しいかと思います。


 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お知らせ
6/24くらいまでお休みいたします。
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
31位
アクセスランキングを見る>>
広告