関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




博物館に初もうで(2014年) 【東京国立博物館 本館】

お正月の3日に、上野の東京国立博物館で「博物館に初もうで-午年によせて-」を観てきました。

P1140191.jpg

【展覧名】
 博物館に初もうで-午年によせて-

【公式サイト】
 http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1644

【会場】東京国立博物館 本館
【最寄】上野駅(JR・東京メトロ・京成)


【会期】2014年1月2日(木)~ 1月26日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況(祝日14時半頃です)】
 混雑_1_②_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
特別展をやっていないにも関わらず、今年も混んでいて多くの人で賑わっていました。例年に比べると外国人のお客さんが多かったかも??

さて、この展示は毎年恒例で、常設の中にお正月だけ特別な作品が並ぶ内容となっています。今年も写真を撮ってきましたので、見どころだと思う作品・気になった作品をいくつかご紹介していこうと思います。
 ※ここの常設はルールさえ守れば写真が撮れます。(撮影禁止の作品もあります)
 ※当サイトからの転載は画像・文章ともに一切禁止させていただいております。

 参考記事:
   東京国立博物館の案内 【建物編】
   東京国立博物館の案内 【常設・仏教編】
   東京国立博物館の案内 【常設・美術編】
   東京国立博物館の案内 【2009年08月】
   東京国立博物館の案内 【2009年10月】
   東京国立博物館の案内 【2009年11月】
   東京国立博物館の案内 【秋の庭園解放】
   東京国立博物館の案内 【2009年12月】
   東京国立博物館の案内 【2009年12月】 その2
   東京国立博物館の案内 【2010年02月】
   東京国立博物館の案内 【2010年06月】
   東京国立博物館の案内 【2010年11月】
   博物館に初もうで (東京国立博物館 本館)
   本館リニューアル記念 特別公開 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2011年02月】
   東京国立博物館の案内 【2011年07月】
   東京国立博物館の案内 【2011年11月】
   博物館に初もうで 2012年 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館140周年 新年特別公開 (東京国立博物館 本館)
   東京国立博物館の案内 【2012年03月】
   東京国立博物館の案内 【秋の庭園解放 2012】
   東京国立博物館の案内 【2012年11月】
   博物館に初もうで 2013年 (東京国立博物館 本館)
   東洋館リニューアルオープン (東京国立博物館 東洋館)
   東京国立博物館の案内 【2013年04月】
   東京国立博物館 平成25年度 秋の特別公開 (東京国立博物館)
   東京国立博物館の案内 【2013年12月】


まずは特集展示の部屋から観て行きました。
P1140194.jpg

インド、ウダイプール派 「騎馬人物(馬名ヴァジヤラージ)」
P1140195.jpg
白馬に乗った身なりの良い人物像。インドでも白馬は高貴な動物とされているそうで、この人物は王族とかんがえられるようです。平面的でやや単純化されているののの写生的な感じを受けました。

「十六羅漢像(第五尊者)」
P1140200.jpg
こちらは西遊記のモデルとされる玄奘三蔵になぞられたと思われる羅漢像。白馬と槍のようなものを持った猿がそれっぽいかも。

「馬冠」
P1140203.jpg
可愛い顔をしていますが、これは鬼神の顔の馬飾り。馬の頭の上に乗せたそうで、邪鬼を払うためのもののようです。私には笑っているように見えますw

長谷川等伯 「伝名和長年像」
P1140294.jpg
南北朝時代の武将の肖像と思われる作品。手前の馬はやけに小さく見えるのが不思議w

長谷川等伯 「牧馬図屏風」
P1140282.jpg
こちらも等伯の作品。まず右隻は春の景色らしく、藤のようなものが見えるかな。

続いては左隻。こちらは秋の景色。
P1140285.jpg
楓とかススキが秋っぽいかな。いずれも馬が生き生きしていて活気が感じられました。

長谷川等伯 「松林図屏風」
P1140212.jpg
国宝室にはなんと松林図! 流石にここも混んでいて1双の写真を撮ることはできませんでしたので、まずは右隻。

こちらは左隻
P1140210.jpg
ぼんやりと霞んだ松の林が並び、湿気を感じさせます。その場に光景が広がっているような臨場感です。印象派やターナーよりもだいぶ前の時代に墨の濃淡だけでここまで光と風を感じさせる画家が日本にいたというのも凄い話です…。
 参考記事:
  没後400年 特別展「長谷川等伯」 感想前編(東京国立博物館 平成館)
  没後400年 特別展「長谷川等伯」 感想後編(東京国立博物館 平成館)

「虚空蔵菩薩像」
P1140225.jpg
こちらは無限の知恵や徳を備えているという菩薩様。そのお姿よりも光背が変わっていて目を引きました。鎌倉時代のものですがジグザグの光背が斬新な印象。

「二河白道図」
P1140228.jpg
火の河と水の河に挟まれた1本の白い橋の先に極楽浄土が広がっているという善導の説話に基づく説話画。結構典型的な作例だと思いますが、どっちにも落ちたくはないですね…。
 参考記事:法然と親鸞 ゆかりの名宝 感想前編(東京国立博物館 平成館)

「十六羅漢像(第十尊者)」
P1140231.jpg
こちらも先ほどと同じく国宝の十六羅漢像。平安時代の作品とは思えないほど鮮やかな色合で残っています。

「万葉集(元暦校本)巻第九」
P1140238.jpg
こちらはかの有名な万葉集を平安時代に書写した五大万葉集の1つ。「たらちねの~」とか何となく読めるのがちょっと嬉しいw よく残ってますねほんと…。

雪舟等楊 「破墨山水図」
P1140245.jpg
これは雪舟76歳の頃の作品。上に書かれた賛には中国で李在と長有声に画法を学んだことなどを自叙伝風に書いているそうです。墨の濃淡で遠近感も感じさせ、小さい画面なのに雄大な光景に思えました。

池大雅 「楼閣山水図屏風」
P1140255_20140105232045187.jpg
こちらも結構お客さんが集まっていたので、一双では撮れなかったのでまずは右隻。

こちらは左隻
P1140256.jpg
中国の景勝地を描いた作品で、豪華な金地ですがのんびりとした印象を受けます。所々にある赤や青が特に目を引きました。

「袱紗 紺繻子地鯛模様」
P1140262.jpg
鯛の模様のふくさ。鯛の開きか!?と思ったら、2尾で対になっている夫婦の鯛のようです。おめでたいお正月に相応しい面白い柄でしたw

烏丸光広 「聚楽第行幸和歌巻」
P1140272_20140105232042467.jpg
これは豊臣秀吉の聚楽第に後陽成天皇が行幸された際の和歌会での和歌を揮毫したもの。強弱のついたダイナミックな文字で流れるようなリズムを感じます。とは言え全然読めなかったw

今回は1階は閉室している所が多かったので、1つだけご紹介。

慶(鏡)覚 「八幡三神坐像 比売神坐像」
P1140305.jpg
これは鎌倉時代の慶派の神像かな。どっしりとした風格があり仏像ともまた違った雰囲気がありました。


ということで、今年は長谷川等伯の作品が特に目を引く内容となっていました。まだ少しだけ新春の特別展示を行っているようなので、気になる方は是非どうぞ。平成館の特別展もそろそろ始まりそうなので、混みあうかもしれませんが見応えがある展示です。

 
 
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
38位
アクセスランキングを見る>>
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。