関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




天上の舞 飛天の美 (感想後編)【サントリー美術館】

今日は前回に続き、サントリー美術館の「天上の舞 飛天の美」についてです(この展示は既に終了しています。) 前編では飛天の伝来などについて書いておりますので、お読みになっていない方は前編から読んで頂けると嬉しいです。
 
 前編はこちら


まずは概要のおさらいです。

【展覧名】
 平等院鳳凰堂平成修理完成記念 天上の舞 飛天の美
【公式サイト】
 http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2013_5/index.html

【会場】サントリー美術館
【最寄】六本木駅/乃木坂駅

【会期】2013年11月23日(土・祝)~2014年1月13日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日15時頃です)】
 混雑_①_2_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前編は上階についてご紹介しましたが、後編は3章と下階の展示についてです。


<第3章 飛天の展開-来迎聖衆->
平安時代後半になると、極楽往生への強い願いのもと臨終時に阿弥陀如来と菩薩聖衆が浄土から迎えにやってくる来迎の思想が急速に普及し、それに伴い絵画・彫刻が作られるようになりました。本来、飛天と異なるはずの菩薩は浄土では同じく如来を讃美・供養して雲にのって飛来することで飛天の図像と共通するものとなって、飛天のイメージは来迎図の菩薩聖衆として来迎図に描かれるようになりました。ここではそうした来迎に関する作品が並んでいました。

61 「阿弥陀二十五菩薩来迎図」 ★こちらで観られます
これは掛け軸で、左上から右下に向かって勢至菩薩・観音菩薩を先頭に雲に乗った菩薩達が来迎する様子が描かれ、前から三番目くらいに大きな如来の姿があります。解説によると、来迎の後方には宮殿が描かれていることから九品往生の中で最上の上品上生の来迎の様子だそうです。九品往生の表現の違いは私には分かりませんが、楽器を鳴らし雲に乗っているのは来迎図らしい図様のように思います。また、ここでは確かに菩薩が飛天のようになっている姿も描かれているようでした。

66 「二十五菩薩及び飛天像」
これは菩薩聖衆を彫刻で表したもので、二十五菩薩のうちの残骸のようなものが展示されていました。来迎図の彫刻は作例が少なく、これもほとんど失われていて座っている足や体の半分しか残っていませんが、飛天の飛ぶ様子が優美で 衣の柔らかそうな質感などからは作者の技量の高さが伺えるようでした。


<第4章  平等院鳳凰堂-飛天舞う極楽浄土世界―>
続いては最も見どころとなっていた平等院鳳凰堂の飛天についてのコーナーです。1035年建立の平等院鳳凰堂は極楽浄土を再現した阿弥陀堂で、阿弥陀如来を中心に飛天のイメージが溢れる堂内は仏の空間に相応しいものとなっているそうです。この度、半世紀ぶりの修理に伴って普段は堂内でしか見られない品が特別に間近に展示されていました。

69 「阿弥陀如来坐像光背飛天」 ★こちらで観られます
これは鳳凰堂阿弥陀如来像の光背についている飛天で、雲の上座って踊るようなポーズをした姿で表されています。シンバルのような楽器を持っている飛天、片膝を立てている飛天など優美な姿で動きが感じられます。解説によると、これらは1つの木材から作られているそうで、薄い材の浮き彫り的な感じかな。頭上にも模品が並び、平等院の雰囲気を伝わるような展示となっていました。

この少し先の階段下の辺りでは飛天像(の模品)に実際に触れて結縁することができるコーナーがありました。本物の代わりに平等院の中に置かれるようで、この機会に結縁しておこうという人で凄い行列となっていました。私は40分待ちに心が折れて触れませんでしたw

続いては鳳凰堂の内部の壁にかかった全52体の飛天のうちの14体が展示されていて、いずれも雲にのって楽器を演奏したり旗を持つ姿で表されていました。仏師 定朝が率いた工房の作と考えられ、太鼓を叩くもの、琵琶を弾くもの、シンバルのような打楽器を持つもの、笙を吹くもの、琴を奏でるもの、旗を持ったものなど様々な姿となっています。これらの飛天の表情や作風は少しずつ違っているようで、それぞれの仏師の個性が観られるようです。しかしいずれも優美で動きがあり、雲は結構深く彫られているためか大胆な印象も受けました。また、解説によると、頭部を丸彫りで下半身にかけて浮き彫り風に表すのを基本としているそうで、堂内の壁にかけた状態で下から仰ぎ見ることを前提とした造形となっているとのことでした。ここでも飛天であると共に来迎の菩薩聖衆のイメージが感じられるのも面白かったです。

最後は阿弥陀如来像の修理の過程で台座から出てきたものや、頭上を荘厳する木造天蓋なども展示されていました。


ということで、普段は仏像といえば如来や菩薩が主役ですが、今回はバイプレーヤーとも言える飛天を主役にしていて非常に参考になりました。ヘレニズム文化からの影響もあったせいか、仏教美術における天使のような感じでもあり、菩薩のようでもあり、文化の融合が観られたのも面白かったです。もう終わってしまいましたが、今後の参考になる展示でした。


 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
38位
アクセスランキングを見る>>
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。