関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

驚きの明治工藝 【川越市立美術館】

この展示は5/20に観てきました。前回ご紹介したヤオコー川越美術館から徒歩でハシゴしました(すぐ近く) 

DSC00823.jpg

【展覧名】
 驚きの明治工藝

【公式サイト】
 http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html

【会場】川越市立美術館
【最寄】本川越駅・川越市駅・川越駅

【会期】2017年4月22日(土)~6月11日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
空いていて快適に鑑賞することができました。
この展示は台湾在住の漢方薬剤師である宋培安(ソンペイアン)氏のコレクションを中心に明治から昭和初期頃までの工芸品を集めたもので、漆工、金工、陶磁、七宝、染織といった幅広いジャンルの品が並ぶ内容でした。条件付きで写真を撮ることもできましたので、気に入った作品の写真を使いながらご紹介しようと思います。

写真のルールはこんな感じ。
DSC00825.jpg

まず第一章は「写実の追求 -まるで本物のように-」ということで、リアルな品々が並んでいました。

田中宗義 「自在龍」
DSC00827.jpg
これは世界最大の自在置物の龍。自在置物というのは可動する置物で、今で言うリボルテックです。首だけでなく指とかも動きそう。鱗も細かくて緻密な設計に驚きです。

この辺には蛇の自在置物もあり、それを動かしてる映像がありました。映像を観ると気味悪いほど蛇に見えますw

守由 「自在伊勢海老」
DSC00848.jpg
色がついてればエビそのものw 立派です。

宮本理三郎「柄杓蛙」
DSC00864.jpg
こちらは色も大きさもかなり本物っぽい。発想も面白い。

橋本市蔵「竹塗煙管筒」
DSC00870.jpg
これは一見すると竹ですが、実は紙と漆塗りで出来ています。斑点のところは黒い漆という徹底ぶり。

好山「自在トンボ」
DSC00888.jpg
これは少しアール・ヌーヴォー的な宝飾品みたいに見えるかな。他にもカマキリやセミなどもあり、いずれも驚くほど精緻です。

この近くには漆絵でも有名な柴田是真の作品などもありました。

続いて第二章は「技巧を凝らす -どこまでやるの、ここまでやるか-」ということで、技巧を駆使した作品が並んでいます。その背景には輸出や博覧会への出品があったようです。

米原雲海「無弦琴」
DSC00903.jpg
高村光雲の弟子の雲海。日本だけでなく西洋の技法も取り入れたようで、生き生きとしています。

三代清風与平「黄釉牡丹文壺」
DSC00944.jpg
焼き物もありました。黄色が柔らかくて非常に気品があります。牡丹の文様も優雅。

周山「薩摩焼竹図花瓶」
DSC00950.jpg
こちらは海外向けかな? 豪華さと静謐さが印象的。

濤川惣助「秋草鶏図花瓶」
DSC00955.jpg
明治期の七宝と言えば2人のナミカワ(並河靖之と濤川惣助)が有名。こちらは濤川惣助で、柔らかい表現が独特です。

海野勝珉「背負籠香炉」
DSC00978.jpg
中に香炉が入っている背負いかごのデザインが秀逸でした。

この近くには根付や蒔絵などもあり、いずれも驚かされるような技巧が見られます。

善拙「猫置物」
DSC01040.jpg
ちょっと悪そうな猫。ニヤッとしてるw

大島如雲「狸置物」
DSC01066.jpg
こちらは狸の和尚さんかな? とぼけた顔が可愛い。

最後は友禅で出来た絵などもありました。

ということで、タイトル通りの驚きだけでなく、面白さや可愛さなど様々な面を見せてくれる工芸品が並んでいました。
老若男女が楽しめる内容だと思いますので、川越観光に行く予定がある方はついでに足を運んでみるのも良いかと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
24位
アクセスランキングを見る>>
広告