関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

ニース美術館 【南仏編 ニース】

今日も引き続き南仏編です。前回ご紹介したカーニュ・シュル・メールのグリマルディ城を観た後、電車でニースに戻りニース美術館に行ってきました。

DSC_8938_00875.jpg

公式サイト:http://www.musee-beaux-arts-nice.org/



こちらの美術館はニースの繁華街の西側にあり、ジェノヴァ様式という建築様式となっています。元々は1876年にウクライナ公爵夫人の私邸だったそうですが、意外と広くてコレクションも豊富なので全部観るのに1時間~1時間半くらいかかりました。

内装はこんな感じで私邸というレベルではないw
DSC_8934_00871.jpg DSC_8931_00868.jpg
この美術館もニース近郊で使える「リビエラパス」で入ることができます。フラッシュを使わなければ撮影することもできました。

展示室は1階2階となっているのですが、まずは2階から観ることにしました。こちらは階段と大広間を抜けた廊下部分。
DSC_8605_00542.jpg
キリスト教関連の作品が並んでいる所です。

フランス語なので詳細は分かりませんが、恐らく15世紀頃の作品かな。
DSC_8586_00523.jpg DSC_8588_00525.jpg
平面的で金の彩色が目に鮮やかです。

そして早速、今回の旅の目的の1つでもあるラウル・デュフィのコレクションルームへ。
DSC_8698_00635.jpg
デュフィはニースに住んで多くの作品を残しているので、この美術館だけでなく南仏のあちこちの美術館で観ることができますが、このようにまとまって観られるのが嬉しい。

海辺の作品なのでニースじゃないか?と思いましたが、これは多分 北フランスのル・アーブルの光景のようです。
DSC_8618_00555.jpg
この大胆な筆致と軽やかな色使いがいかにもデュフィといった感じで好み。

(左)魚と果物の静物。 (右)メキシコのミュージシャン?
DSC_8620_00557.jpg DSC_8637_00574.jpg
いずれもデュフィがよく題材にしていた作品。この洗練された雰囲気は晩年の作風かな。

何故か左の人の頭が溶け込んでますが、音楽を組み込んでいるのがデュフィらしい感じ
DSC_8640_00577.jpg

デュフィの部屋の隣には近代の画家のコーナーもありました。(左)モイーズ・キスリング (右)キース・ヴァン・ドンゲン
DSC_8649_00586.jpg DSC_8668_00605.jpg
このドンゲンの作品は等身大くらいあり、男性像と対になっていました。

こちらはピエール・ボナール。
DSC_8653_00590.jpg
ボナールの中でも明るめの色彩じゃないかな。非常に爽やかです。

デュフィの部屋の奥側には象徴主義のギュスターヴ=アドルフ・モッサの部屋もありました。この画家はニース出身らしく結構まとまった点数を観ることができました。
DSC_8710_00647.jpg
それにしても怖い作風w 日本でも近いうちに「怖い絵展」で観る機会がありそうです。

油彩はかなり精密でありながら、一種の悪夢のような光景が描かれています。ここには載せていませんが血しぶきが飛び散る絵もw
DSC_8699_00636.jpg DSC_8732_00669.jpg
右の絵などはギュスターヴ・モローからの影響を感じます。

南仏にはピカソもいたので、ピカソの立体作品(壺や彫刻など)の部屋もありました。
DSC_8740_00677.jpg

さらに奥にはバルビゾン派のコーナーもありました。こちらはトロワイヨン。
DSC_8772_00709.jpg
のどかだけど神々しさがあります。他にもT・ルソーやデュプレなどバルビゾン七星が1点くらいずつあったかな。

一番奥には日本や中国の作品もありました。こちらは狩野派の画家によるもの
DSC_8798_00735.jpg
他にも北斎漫画などがありました。

こちらはアール・ヌーヴォーのポスターで知られるジュール・シェレの部屋。
DSC_8925_00862.jpg
ジュール・シェレもニースで活動していたようで、この美術館はシェレを特に押してる感じがします。

こちらはジュール・シェレのかなり大型の油彩。
DSC_8918_00855.jpg
油彩でも可憐な印象を受ける淡い色彩と細かい描写になっていました。この部屋には素描も含めて多くのシェレ作品がありました。

続いて下の階へ移動。下の階は17~18世紀の大型作品が多かったかな。見栄えはするけど好みは近代なのでちょっと割愛。

これは作者が分かりませんでした。
DSC_8809_00746.jpg
この女性像を観た時、ウィーン分離派みたいな感じを受けましたが、側面はフランスっぽい感じかも。詳細を知りたいw

こちらは19世紀のリュック=オリヴィエ・メルソンの作品。
DSC_8829_00766.jpg
静けさと神秘性が非常に好みでした。

そして最後にこの美術館で最も驚いた作品がこちら。作者はLuigi Guglielmiという19世紀の彫刻家です。
DSC_8882_00819.jpg DSC_8885_00822.jpg
薄布を被ってる感じの表現が半端ないw 後頭部の髪まで表現されているのに驚きでした。


ということでデュフィやモッサ、シェレ作品が充実している美術館でした。それ以外にも秀逸なコレクションが多かったので非常に満足です。ニースにはたくさんの美術館がありますが、デュフィ好きは抑えておきたい場所だと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告