関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

猪熊弦一郎展『いのくまさん』 【うらわ美術館】

この展示は7/9に観てきました。子供も楽しめる家族向けの内容になっていました。

DSC048830.jpg

【展覧名】
 猪熊弦一郎展『いのくまさん』 

【公式サイト】
 http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/exhibition/whatson/exhibition/p053502.html

【会場】うらわ美術館
【最寄】浦和駅

【会期】2017年7月8日(土)~8月27日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
この展示は「いのくまさん」の愛称で知られる猪熊弦一郎の個展で、谷川俊太郎との絵本『いのくまさん』に合わせて章分けされています。その展示物は恐らくほとんどは丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の所蔵作品じゃないかと思います。というのも、この展覧会の名前も内容もほぼそのままの展覧会を以前に観たことがあり、当ブログでも記事を残しています。
 参考記事:
 猪熊弦一郎展 『いのくまさん』 (そごう美術館)
 猪熊弦一郎展 『いのくまさん』 (東京オペラシティアートギャラリー)

今回はあまり解説は無く、展示品も子供の目線くらいの低い位置にあって純粋に絵の面白さを子供に観てもらうような感じでした。ごく簡単にですが章ごとにご紹介しておこうと思います。(詳しいことは以前の記事をご参照ください)


<こどものころから えがすきだったいのくまさん おもしろいえを いっぱいかいた>
ここには9歳の頃に描いた武者絵、10歳の頃の船の絵、中学時代の麦の絵などがありました。早熟ぶりを思わせ、当時から「甲上」の評価をされていたことが分かります。

<いのくまさんは じぶんでじぶんの かおをかく>
ここは自画像のコーナーで、若い頃や壮年期の自画像などがありました。時代が違うと作風が違いますが、時系列で観られないのが残念。

<ほかのひとのかおもかく>
ここは女性像などが並んでいました。ピカソの新古典主義時代やマティスを思わせる作風のものもあり、色々模索していたことを伺わせます。

<たくさんたくさん かおをかく>
ここからゆるキャラみたいな単純化された絵が続きますw 均等に並んだマス目に様々な表情が描かれている作品がいくつかあり、近くではそれを描いている時の映像も流していました。今回の展示では解説されていませんでしたが、猪熊弦一郎はマティスに教えを受けた際に「絵がうますぎる」と言われてこうした虚心の無い絵を描くようになりました。一見子供の絵のようですが、ちょっとキュビスム的なところがあるのも面白い

<いのくまさんは とりが すき>
ここは鳥をゆる~く描いた作品が並んでいました。鳥なのこれ?と他の観覧者が呟いていたのが妙に記憶に残りましたw 確かに鳥とは思えないものもあります。

<いのくまさんは ねこも すき いっぱい いっぱい ねこを かく>
猪熊弦一郎は沢山の猫を飼っていたそうで、ここは猫を描いた激ゆるの作品が並んでいます。やはり落書きのように見えて猫の動きをよく観ていないとこれだけ生き生きと表現できないと思います。寝たり喧嘩したりと猫の魅力がよく出ています。
ちなみに、来年にはbunkamuraで猪熊弦一郎の猫の絵の展覧会をやるそうです。これまた楽しみ。

<いのくまさんは おもちゃが すき>
ここには様々な玩具が並んでいました。動物の形の陶器や車のミニチュアなどがあり、気に入ったものはどんどんコレクションしていた様子が伺えます。自作の「対話彫刻」もありましたが、特に解説はありませんでした。

<いのくまさんは かたちがすき こんなかたち あんなかたち>
<かたちはのびる かたちはまがる かたちはつながる かたちはかぎりない>

ここは幾何学的な模様を描いた作品が並んでいました。ニューヨークに出て具象から抽象に作風を変えた時期のものが中心だと思います。何を描いているか分かりませんが、リズミカルで楽しげな雰囲気があります。


<いのくまさんは いろもすき こんないろ あんないろ>
<いろがうまれる いろがささやく いろがさけぶ いろがうたう>

こちらは色をテーマにしたコーナー。特に色の対比が強い作品が多いかな。前の章同様に抽象的な作品が多かったです。

<ぬりえをしよう>
ここは記憶があまりないw この辺に三越の包み紙など身近にあるいのくまさんの作品があったと思います。


<いのくまさんはたのしいな>
最後はまとめ的な内容だったかな。いのくまさんの自由闊達ぶりに改めて感心します。

会場を出ると、慶應義塾大学の食堂や上野駅などパブリックアートの写真が展示されていました。
以前の記事の使い回しですが、上野の壁画はこれ↓です。
P1130306.jpg

ということで、やはり「いのくまさんはたのしいな」の一言に尽きるかなw これだけ自由に楽しい絵を描いている人はあまりいないように思います。解説が少ないですが、心で感じるままに楽しめば良いのかなと思います。夏休みに子供と一緒に観られそうな展覧会です。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告