関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

アヴィニョン教皇庁宮殿とサン・ベネゼ橋 【南仏編 アヴィニョン】

南仏編のネタがまだまだあるので、また少しずつご紹介していこうと思います。今回はアヴィニョン教皇庁(法王庁)とその近くにあるサン・ベネゼ橋についてです。

日本語公式サイト:http://jp.france.fr/ja/discover/56620



カトリックの教皇はどこにいるか?と訊かれたらローマのヴァチカンと誰もが答えると思いますが、実は1309年から1377年に渡ってフランスに教皇庁があった時代がありました。きっかけはフランス王と教皇ボニファティウス8世との対立によって引き起こされたフランス軍による教皇の別荘襲撃事件で、その教皇は事件直後に病死したそうです。そしてそれ以降の教皇はフランス王の言いなりとなったらしく、フランス王の要請のもとフランス人枢機卿(後に教皇になった)クレメンス5世によってこの地に教皇庁が移されました。(他にも原因があって、当時のイタリア教皇領が無政府状態だったり内輪もめしてたりと、様々な理由が絡んでいたようです) 勿論、それに対する反発も大きくイタリア人の人文主義者ペトラルカが現存の都市の中で最悪みたいなことを言ったり、バビロン捕囚になぞらえてアヴィニョン捕囚と言われたりと当時の評価は酷かったようです(実際に行ってみると美しいところですw)
やっかみもあるとは言え、権力の腐敗と堕落は確かだったようで、このアヴィニョン捕囚時代は教皇7代(全員フランス人!)で約70年ほど続きましたが、シエナのカタリナと呼ばれる聖女の助言によって、イタリアの平和回復の為に法王庁はローマに戻ることになりました。
参考リンク:アヴィニョン捕囚のwiki


こちらがアヴィニョン教皇庁。
DSC02609.jpg
結構多くの観光客が来ていて、チケットを買うのにちょっと並びました。サン・ベネゼ橋との共通券があり、有料で日本語ガイドの貸出もあったので借りました。(メモしてなかったので大半を忘れましたが、非常に詳細な解説でした)

丁度、現代アートとのコラボ展示みたいなのをやっていました。この後の写真にちょいちょい写ってきます。
DSC02613.jpg
 期間:2017/05/19~2018/01/14

回廊のようなところ。堅牢な建物となっています。
DSC02620.jpg

中で写真を撮ることもできます。
DSC02625.jpg
解説を忘れたのでこれが何の部屋か忘れましたが、フレスコ画などもありました。

こちらの映像では増改築の様子が流れていました。
DSC02627.jpg
何度も増改築して現在の姿になったようですが、とても覚えきれないくらい改修してますw 大きく分けて新宮殿と旧宮殿があるようですが、解説なしでは見分けがつきませんでした。

元は何の部屋か忘れましたが、後の時代に兵士たちの控室になった部屋。
DSC02629.jpg
壁がボロボロになって使い込まれた感がw

ここは先程の回廊を見渡せる2階部分
DSC02638.jpg

ここは確か食堂だったかな。
DSC02642.jpg
食事の時は厳格なルールがあって、席順なんかも権力で決まってたようです。

この部屋からアビニョンの街並みが見えます。
DSC02643.jpg
この街はグルッと城壁が囲っていて、いかにも中世ヨーロッパの街といった感じです。

こちらは聖堂。
DSC02662.jpg
かなりの広さで驚き。流石は教皇庁

教皇の控室から見下ろした光景。
DSC02672.jpg
私が行った時は仮設の観覧席がありましたが、ここはかつて教皇の祝福を求めて人々が集まったところ。この写真を撮ったあたりから教皇が顔を出して人々に祝福をしました。

聖堂の下は法廷となっていました。
DSC02693.jpg
ここの屋根はゴシック建築らしい雰囲気

再び外観の写真。
DSC03370.jpg
こう見えて21時くらいですが、夕日に照らされると非常に荘厳な印象です。

教皇庁の隣にはノートルダム・デ・ドン聖堂があり、その前は丘に続く道があります。
DSC02935.jpg
この丘への道あたりにプチトラン(汽車の形の観光カート)がいて、アヴィニョンの城壁内を周っています。私も乗ったのですが車両によっては日本語ガイドもあるようでした(私が乗った車両はフランス語のみでしたw)

こちらがノートルダム・デ・ドン聖堂
DSC03366.jpg
上のほうにいるマリア像が遠くからも目立ちます。キリスト像も目を引きました。

続いて教皇庁との共通券でサン・ベネゼ橋にも行きました。こちらがその橋。
DSC02593.jpg
元々は900m先の塔まで伸びた橋だったのですが、度重なる戦乱やローヌ川の氾濫によって川の半ばくらいで落ちてしまっていて修復もされずに残っています。

この橋は「アヴィニョンの橋の上で」という童謡で世界的に有名らしく、私の周りでもアヴィニョンに行ったというとこれを思い起こす人がいました。

こんな感じの曲。1970年頃にNHKのみんなのうた で流れてたそうですが流石に生まれてなかった私は知りませんでした…。

この歌はアヴィニョンに教皇庁が来るぞー!ってことではしゃいでる曲のようですw

これが橋の入口。城壁と繋がっていました。
DSC02710.jpg
この橋をかけるのにはかなり難航したらしく、30人がかりで重い岩を持ち上げようとしたもののびくともしなかったそうです。しかしそこにベネゼという神がかった少年が一人でそれを持ち上げて投げ飛ばし、橋の基礎にしました。それを観ていた民衆たちは驚き熱狂し、工事への寄付金が集まってこの橋の完成へと至りました。

橋の上の様子。
DSC02712_20170723013634263.jpg
輪になって踊るには狭い気がしますがギリギリ行けそうw

橋から観るローヌ川
DSC02724.jpg
非常に綺麗ですが、割と流れが早くて驚きました。

橋脚あたりに降りられる所があり、そこから観た光景。
DSC02740.jpg
間近に川の流れが観られます。

こちらは先程の丘への道を登った所にあるロシェ・デ・ドン公園から観たサン・ベネゼ橋
DSC03344.jpg
この公園には小さな動物園みたいなのもあって、市民の憩いの場となっていました。

かなり見晴らしが良いので、オススメのスポットです。
DSC03350.jpg

最後にお得情報を。アヴィニョンではこちらのパスが役立ちました。
DSC02295.jpg
これはアヴィニョンの大通りにある観光局で無料で貰えるもので、日本語版もあります。このパスを持って美術館などに行くと初回は通常料金となりますが、次の施設からは割引料金となります。元々無料なので、アヴィニョン観光に行くならまずは手に入れたいパスです。


ということで、アヴィニョンの歴史と街並みを楽しむことができました。割と小さい街ですが、アルルを始めとしたこの辺の観光の拠点にもなる街ですので、南仏に行く機会がある方は行き先候補として検討してもよろしいかと思います。


フランス関連記事
 カーニュ・シュル・メール(2017年)
  ルノワール美術館 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】
  グリマルディ城(地中海近代美術館) 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】

 ニース(2017年)
  ニース美術館 【南仏編 ニース】
  マセナ美術館 【南仏編 ニース】
  マティス美術館 【南仏編 ニース】
  国立マルク・シャガール美術館  【南仏編 ニース】
  ニースの写真と案内 【南仏編 ニース】

 サン・レミ/アルル(2017年)
  ゴッホゆかりの地めぐり 【南仏編 サン・レミ/アルル】

 アヴィニョン(2017年)
  アングラドン美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  世界遺産ポン・デュ・ガールとアヴィニョン近郊の村 【南仏編 アヴィニョン近郊】
  アヴィニョン教皇庁宮殿とサン・ベネゼ橋 【南仏編 アヴィニョン】
  プティ・パレ美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  カルヴェ美術館 【南仏編 アヴィニョン】

 エクス(2017年)
  セザンヌゆかりの地めぐり 【南仏編 エクス】
  シスレー展 (コーモン芸術センター)【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 本館 【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 別館 【南仏編 エクス】

 マルセイユ(2017年)
  カンティーニ美術館 【南仏編 マルセイユ】
  マルセイユの写真と案内 【南仏編 マルセイユ】
  ル・コルビュジエ 「ラ・シテ・ラディユーズ(ユニテ・ダビタシオン)」 【南仏編 マルセイユ】

 パリと近郊(2012年)
  【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
  【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
  【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
  【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
  【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
  【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
  【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
  【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
広告