関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

グラネ美術館 本館 【南仏編 エクス】

今日も引き続き南仏のエクス・アン・プロヴァンスについてです。前回ご紹介したコーモン芸術センターに行った後、歩いて10分くらいのところにあるグラネ美術館にも行ってきました。この美術館は本館と別館があり、まずは本館に行きました。

 日本語公式サイト:http://jp.france.fr/ja/discover/30155




エクス・アン・プロヴァンス出身の画家と言えば真っ先に名前が挙がるのがポール・セザンヌですが、新古典主義の画家フランソワ・マリウス・グラネもこの街出身で、その名を冠した美術館となっています。収集品はかなり幅広く点数も多かったので観るのに結構時間がかかりました。
DSC03718.jpg
フラッシュ無しなら撮影できましたので、写真を使ってご紹介しようと思います。(実際に見た順ではなく、なるべく時系列順に順序を変えています)

こちらはルネサンス以降の絵画などのコーナー。
DSC03927.jpg
思った以上に広くて沢山の作品が並びます。

ドミニコ・フェッティ(1600年頃のイタリアのバロックの画家)の作品
DSC03905.jpg
骸骨を持つ聖女と言えばマグダラのマリアです。物思いに耽って改悛しているところかな。

こちらはジャン=バティスト・ヴァン=ローという1700年頃の地元エクス・アン・プロヴァンス出身の画家の作品。
DSC03919.jpg
羽が生えてるのはキューピッドと思われるので、女性は母のビーナスかな。男性はマーキュリーっぽく見えますがフランス語なので詳細不明。

この辺の遺跡の出土品なんかも展示されていました。
DSC03949.jpg

続いて新古典主義などのコーナー
DSC03743.jpg
中央にあるでっかい絵にご注目。

こちらがフランソワ・マリウス・グラネの作品。
DSC03748.jpg
何かの儀礼っぽい感じ。服装から察するに枢機卿など高位の聖職者かな。思ったより粗目だけど穏やかな筆致に思えました。

そして何とドミニク・アングルの作品もありました。「ユピテルとティティス」
DSC03761.jpg
この写真だとサイズが分かりづらいですが先程の大きな絵です。非常に滑らかな表現で艷やかさがあります。こんな傑作を観られるとは予想外で驚きました。

こちらは一気に時代が進んでセザンヌのコーナー。
DSC03806.jpg
8点あるそうですが、割と貸出中のが多かったかな。写真が飾られているのが貸出中の絵です。

これはセザンヌ風に描かれていますが、モーリス・ドニによる作品。
DSC03804.jpg
セザンヌを描いた作品かな。作風までよく似せてますw

これはFélix Nicolas FRILLIEという1800年代半ばの画家の作品をセザンヌが模写したもの。
DSC03788.jpg
どっちがどっちか分からないくらいセザンヌの画風じゃないw 確か右がセザンヌです。

こちらはセザンヌお馴染みのモチーフの水浴図
DSC03777.jpg
左端の男性や右側の女性、木の葉っぱの無い部分などが三角形を描いているように思えます。

少し進むと近代絵画のコーナーとなっていました。

こちらはフェルナン・レジェ。
DSC03819.jpg
レジェらしい作風かな。レジェも南仏にゆかりのある画家です。

こちらはピエト・モンドリアン。
DSC03825.jpg
抽象まであるとは驚きの幅広さです。

こちらはジョルジョ・モランディ。
DSC03832.jpg
モランディらしい白っぽい色合いの静物。かなり好みです。

こちらはジャン・フォートリエ。
DSC03851.jpg
タシスム(染み)と呼ばれるアンフォルメルの一種で何を描いてるのか分からない抽象的な絵ですが、この色合が好みでした。

その先はジャコメッティの部屋となっていました。
DSC03855.jpg
この記事を書いている時点で東京でジャコメッティ展をやってるので、ちょっとリンクした気分。
 参考記事:ジャコメッティ展 (国立新美術館)

貴重なジャコメッティの油彩や素描などもありました。
DSC03860.jpg DSC03868.jpg

こちらはピエール・アレシンスキー。
DSC03886.jpg
昨年、bunkamuraで個展をやっていたのを思い出しました。かなり自由奔放です。

最後に彫刻のコーナー。
DSC03721.jpg

ちょっとどちらも作者が分かりませんが、躍動感あふれる作品。
DSC03731.jpg DSC03733.jpg
ここは彫刻もどれもレベルが高い…

行った時間が遅かったので誰もいませんでしたが、中庭にはこんな風に休めるところもありました。
DSC03952.jpg


ということで、期待以上に素晴らしいコレクションの美術館でした。しかし実はこれだけではなくグラネ美術館には別館もあります。私はここに閉館ギリギリまでいたのですが、次の日でも同じチケットで別館も観ることができました。次回はエクス・アン・プロヴァンスの最終回でグラネ美術館の別館をご紹介しようと思います。

フランス関連記事
 カーニュ・シュル・メール(2017年)
  ルノワール美術館 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】
  グリマルディ城(地中海近代美術館) 【南仏編 カーニュ・シュル・メール】

 ニース(2017年)
  ニース美術館 【南仏編 ニース】
  マセナ美術館 【南仏編 ニース】
  マティス美術館 【南仏編 ニース】
  国立マルク・シャガール美術館  【南仏編 ニース】
  ニースの写真と案内 【南仏編 ニース】

 サン・レミ/アルル(2017年)
  ゴッホゆかりの地めぐり 【南仏編 サン・レミ/アルル】

 アヴィニョン(2017年)
  アングラドン美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  世界遺産ポン・デュ・ガールとアヴィニョン近郊の村 【南仏編 アヴィニョン近郊】
  アヴィニョン教皇庁宮殿とサン・ベネゼ橋 【南仏編 アヴィニョン】
  プティ・パレ美術館 【南仏編 アヴィニョン】
  カルヴェ美術館 【南仏編 アヴィニョン】

 エクス(2017年)
  セザンヌゆかりの地めぐり 【南仏編 エクス】
  シスレー展 (コーモン芸術センター)【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 本館 【南仏編 エクス】
  グラネ美術館 別館 【南仏編 エクス】

 マルセイユ(2017年)
  カンティーニ美術館 【南仏編 マルセイユ】
  マルセイユの写真と案内 【南仏編 マルセイユ】
  ル・コルビュジエ 「ラ・シテ・ラディユーズ(ユニテ・ダビタシオン)」 【南仏編 マルセイユ】

 パリと近郊(2012年)
  【番外編 フランス旅行】 オルセー美術館とセーヌ川
  【番外編 フランス旅行】 ルーヴル美術館
  【番外編 フランス旅行】 ポンピドゥー・センター(国立近代美術館)
  【番外編 フランス旅行】 パリ モンマルトル界隈
  【番外編 フランス旅行】 ジヴェルニー モネの家
  【番外編 フランス旅行】 ヴェルサイユ宮殿
  【番外編 フランス旅行】 バルビゾン村とフォンテーヌブロー宮殿
  【番外編 フランス旅行】 オランジュリー美術館とマルモッタン美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立プティ・パレ美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市立近代美術館
  【番外編 フランス旅行】 パリ市街の写真

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告