関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

Living Form ―生きている形― チャック・ホバーマン 【ポーラミュージアム アネックス (POLA MUSEUM ANNEX)】

この前の日曜日の昼下がりに、京橋周辺のアートスポットを巡ってきました。まずは無料で観られるポーラミュージアム アネックスへ行って、「Living Form ―生きている形― チャック・ホバーマン」展を観てきました。

P1110239.jpg


【展覧名】
 Living Form ―生きている形― チャック・ホバーマン

【公式サイト】
 http://www.pola.co.jp/m-annex/exhibition/
 http://www.pola.co.jp/m-annex/exhibition/detail.html

【会場】ポーラミュージアム アネックス (POLA MUSEUM ANNEX)
【最寄】東京メトロ 銀座駅・銀座一丁目駅 JR有楽町駅


【会期】2010年1月23日(土) ~ 2月21日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。


【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日12時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
私が行った時は貸しきり状態でした。途中で何人かきたくらいかな。空いていてじっくり観ることができました。今回の展覧会はチャック・ホバーマンというデザイナーの作品(建造物)の写真や映像、そして模型が中心となった内容でした。この人は誰か?というと、このポーラの新しいビルのデザインを手がけた人です。その活動範囲は広く、ソルトレイク五輪の舞台装置やU2のライブの舞台装置などからおもちゃに至るまで、様々な分野に彼の作品は生かされているようです。
彼の作品の特徴は非常に分かりやすく、「Living Form ―生きている形―」というタイトルのとおり、伸びたり縮んだりして形が変わる建造物です。 マジックハンドや折り畳み傘のように畳まれたものが延びて大きくなる建造物と言った方がわかりやすいかも。 その仕組みはメカニカルかつ幾何学的な美しさのあるデザインが基調となっていました。

まず、入口からちょっと入ったところに謎のボタンがあります。これを押すと、ガラスの前にあるパネルが開閉したり、LEDを点灯させることができます。パネルの開閉は結構ゆっくりですが、実際に自分の操作で動くのが面白かったです。
(左):この写真の3Fのパネルが回転して開きます。
(右):これは1Fのパネルですが、3Fも同じものを使っています。
P1110253.jpg P1110246.jpg



奥に進むと、彼の今までの作品の写真が並んでいるのですが、特に驚くのが前述のU2のライブ(360 tour)のスクリーン装置で、これは最高で7階建てのビルに相当する高さになるそうです。百聞は一見にしかず、youtubeで発見しましたので、リンクを張っておきます。


U2はぬるくて好きじゃないですがこの装置は生で観てみたかった…。ちなみに、この写真のコーナーのは奥には映像コーナーがありますので、そちらを観た方が作品の数々を理解しやすいかもしれません。

また、この展示の面白いのが、模型が2つほどあるところです。「ポンピドーセンターのための伸張する遷移ドーム」という作品の模型は、ハリネズミと言うか、半球状のインフルエンザウィルスみたいな形をしているのですが、ボタンを押すと折りたたまれた骨組みを広げながら膨張する様子を実際に観ることが出来ます。これは非常に面白いです。 同じように、「発明家の殿堂のための伸張する螺旋」という作品の模型は、十字状に捻れた模型が延びていく様子を目の当たりにできました。

その他にも、チャック・ホバーマンがデザインしたパズルやガラガラ、「ホバーマンスフィア」といった玩具も展示されていました。ホバーマンスフィアの動画も見つけましたので、参考に張っておきます。彼の作品の特徴がよくわかる動画です。





一番奥のコーナーは彼の様々な作品の映像コーナーで、ここを先に見たほうが理解が早いかもしれませんw 球が広がる作品が多かったように思いますが、機械的でありながら優雅さすらある動きの滑らかさが面白かったです。

ということで、今回も面白い展示内容でした。ここは小展ながらも素晴らしい内容が多くて大好きな場所です。1ヶ月くらいしか会期がありませんので、興味のあるかたはお見逃しなく…。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
18位
アクセスランキングを見る>>
広告