関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【江戸東京博物館】の案内 (2010年03月)

江戸東京博物館で「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」を観た後、いつもどおり常設にも行ってきました。(ここの常設は写真を撮ることができます)
つい2ヶ月くらい前にも館内を紹介していますので、今回は入れ替えが多かった絵の作品だけご紹介しようかと思います。

参考記事:
 江戸東京博物館の案内 (東京編 2009年12月)
 江戸東京博物館の案内 (絵画編 2009年12月)
 江戸東京博物館の案内 (江戸編 2009年12月) 

「江戸図屏風」(複製)
常設の入口の橋を渡るとあります。本物は佐倉の歴博にあるそうです。明暦の大火で燃える前の江戸の様子が描かれています。
DSC_0968.jpg

「江戸名所図屏風」(複製)
これも複製。本物は出光美術館所蔵。細かく描かれた市中の生活の様子が観ていて飽きません。
DSC_0972.jpg

「明暦の大火 罹災市街の図」(複製)
原題は「1657年3月4日火事にあった江戸市街の図」といいオランダ使節団の一員が描いたものと考えられているようです。丸焼けですね…。
DSC_0990.jpg

「江戸火事図巻」(複製)
これも明暦の大火を描いたものと考えられている絵巻です。振袖火事の伝説もある大火で、江戸の大半が焼けて3~10万の住民が死んだ大惨事となりました。
DSC_0993.jpg

(左):歌川芳藤 「新版 主従心得須語録」
(右):歌川芳藤 「おもちゃ絵 子供年中行事絵」
地方から江戸に奉公に出る子供が長者になるまでをすごろくにしたもの。転落すると夜逃げというシビアな人生ゲームみたいなw おもちゃ絵は様々な年中行事が描かれています。
DSC_1014.jpg DSC_1020.jpg

歌川国芳 「源頼光公館土蜘作妖怪図」(複製)
源頼光と家臣の四天王を描いたもの。この絵のことかわかりませんが、国芳は徳川将軍を頼光、四天王に水野忠邦にみたて、天保の改革で処罰された者たちが妖怪となって襲い掛かるという絵を描いたのだとか。その危険な皮肉に、版元は恐れて絵も版木も処分したそうです。過激ですね
DSC_1030.jpg

(左):歌川国芳 「面白くあつまる人」
(右):歌川国芳 「みかけはこはゐがとんだいい人だ」(複製)
昨年、右の絵を観た人も多いのでは? 渋谷のbunkamuraでやっていた「奇想の王国 だまし絵展」にも出品されていた作品です。人が集まって大きな人になっています。キモいけど面白いw
DSC_1040.jpg DSC_1045.jpg

好みの美人画もありました。
(左):落合芳幾 「両国八景之内 新柳街の秋の月」
(中):落合芳幾 「両国八景之内 広小路の夜雨」
(右):落合芳幾 「両国八景之内 両国橋の帰帆」
特に右の作品の色合いが好きです。
DSC_1085.jpg DSC_1088.jpg DSC_1101.jpg

常設展示室5階 第2企画展示室ではえどはくでおさらい!明治・大正時代 ~教科書でみたあの人、この絵~をやっていました。
 会期:2010年2月16日~3月28日
 公式サイト:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/dai2/2009/0216/0216.html
DSC_0966.jpg

メモを取らなかったので感想は割愛しますが、小学生にもわかるように説明されているようでした。私の時代とはだいぶ違うのでどの辺が教科書に載ってるのかはわかりませんでしたw

ということで、絵だけ紹介しましたがここの常設は家が丸ごといくつも入っているようなところですので、じっくり観たら2時間くらいかかるかな。結構、外国人にも有名な観光名所みたいです。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告