関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~ 【日本科学未来館】

ゴールデンウィークの日曜日にお台場に行って、日本科学未来館で「お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~」を観てきました。タイトルでこれだけわくわくする展示も中々ないのでは?w

DSC_2655.jpg DSC_2656.jpg


【展覧名】
 お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~

【公式サイト】
 http://www.obk2.jp/
 http://www.miraikan.jst.go.jp/spevent/hauntedhouse2/

【会場】日本科学未来館

【最寄】テレコムセンター/船の博物館/りんかい線東京テレポート駅


【会期】2010年3月10日~5月31日
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 待ち時間 20~30分 程度
 お化け屋敷エリア 0時間05分 程度
 その他のエリア  0時間25分 程度

【混み具合・混雑状況(日曜日12時頃です)】
 混雑_①_2_3_4_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_4_⑤_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
私が行った時はちょうど混んでいた時間だったのか、30分ほど並びました。2~3組ずつ入っていくので、そんなに混んでなくても待ち時間は少しはあるんじゃないかと予想します。

さて内容についてですが、詳しく書くとかなりのネタバレになりますので、2段構成にしようと思います。まずはざっくりした概要についてで、追記に軽いネタバレありの感想を書いておきます。

**************** ネタバレなし感想 ここから ***********************

まず、構成ですが「お化け屋敷エリア」「科学トピックエリア」「観察エリア」「体験エリア」の4つに分かれています。最初に山奥の呪いの廃墟に調査に行くという設定で、「お化け屋敷エリア」に突入します。時間で言うと5分程度で観終わりますが、中々印象深いです。 このお化け屋敷の怖さはいかほどか?というと、大人の私にはそこまで怖いものではないですが、たまたま一緒に回ることになった子供はガチで怖がっていたので、怖がりな人や子供には結構怖いかもしれません。怖すぎる場合は途中に逃げ口も用意されています。詳しくは追記に書きましょうw

それ以外のコーナーは怪現象の説明コーナーなどです。世の中の怪現象を様々な科学的見地から種明かしするもので、オカルトキラー好きな私も納得のラインナップでした。子供にとっては難しい内容のものもあるとは思いますが、これが理解できればもう怖くないかも!?

**************** ネタバレなし感想 ここまで ***********************

ということで短時間の体験だった割には楽しめる展示でした。もうすぐ終わってしまうので、ご興味がある方はお早めにどうぞ。ネタバレを含む感想を読みたい方は「続きを読む」で進んでください。



さて、ここからはネタバレOKな人向けの記事になります。 個別記事表示にすると追記も出てしまうので、しばらく空白行を入れます。画面をスクロールしていってください。





































**************** ネタバレあり感想 ここから ***********************

<お化け屋敷エリア>
まず、ここは大人ならすぐに予見できてしまう仕掛けはあまり驚けないと思うのですが、本気で驚いたのが光と蒸気を使った仕掛けでした。最初はこういう仕掛けで幽霊を表現するのか~とのんきに観ていたら、それが襲いかかってきてビックリ! どうやって襲ってきたのかは実に単純な理屈ですが、これは抜けたアイディアかもしれないです。素晴らしかった。 また、周っているときにタイミングよく仕掛けが動くので、てっきりセンサーがついているのかと思っていました。

<科学トピックエリア>
ここは前述の通り、心霊現象の謎解きです。共振・共鳴による振動についてや、太陽フレアーによる磁場の乱れ、低周波の人体への影響、蜃気楼やブロッケン現象などで様々な心霊現象を解き明かしています。解明マニアとしても納得のチョイスでした。

<観察エリア>
さて、ここはかなりのネタバレになります。
この展覧会で面白かったのはむしろこのコーナーかもしれません。 ここはお客さんがお客さんを驚かすコーナーで、ボタンを押したり紐を引っ張ると、お化け屋敷の仕掛けを動かすことが出来ます。 妙にタイミングが良かったのは人力で操作しているせいでしたw 暗室で見られたり、カメラモニタで写されているとも知らずにのこのこやってくるお客さんを待ち構え、ボタンを押す瞬間! 至福極まりw Sにはたまらん企画です。さっきまで怖がっていた子供たちも嬉々として後続を脅かしていましたw ただ、下手なタイミングだと誰も驚かないので、絶妙のタイミングで脅かすのが重要でした。

<体験エリア>
ここは出口付近で、モスキート音を聞いたり、有料のプリクラ(お化けがうつる?)を体験するコーナーでした。混んでいたので私は特に何ももせず出てきました。


という感じで、意地悪な方にはこの上なく面白いお化け屋敷です。ガンガンびびらせてやろう!という人は是非どうぞ。 私は非常に楽しめましたw

**************** ネタバレあり感想 ここまで ***********************

空白行送り





































関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
新幹線男。
勿論恐怖を解明するのは必要不可欠ですよ。
当然恐怖は重要ですよ。
2012/12/29(土) 01:01 | URL | 電車男。 #GpylpZcE[ 編集]
Re: 新幹線男。
>電車男。さん
コメント頂きましてありがとうございます。
こちらの展示はもうだいぶ前ですがよく覚えております。
中々意義深い内容でした。
2012/12/29(土) 13:51 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
広告