関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

日本科学未来館の案内

前回ご紹介した、「お化け屋敷で科学する!2 ~恐怖の実験~」を観た後、日本科学未来館の常設展示を観てきました。ここはルールを守れば館内の写真撮影が可能でした(一部撮影不可)ので、撮ってきた写真で軽くご紹介しようかと思います。

 公式サイト:http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/

昨今、民主党の人気取りパフォーマンスの一環で、日本科学未来館も事業仕分けの対象になっていたようですが、予算の縮減努力を行うということで決着がついたようです。
 参考リンク;行政刷新会議ワーキンググループ「事業仕分け」の結果について

DSC_12651.jpg DSC_12658.jpg

さて、この日は1Fで無料で観られる特別展「予感研究所3」が開催されていました。(すでに終了しています)
 会期:2010年5月1日~5月5日
 公色サイト;http://openspiral.jp/

20近くのブースがあり、それぞれ体験できる展示となっていて、未来を生み出す素を楽しむことができました。これはバーチャル画面と実際のフライパンを合成した料理のシミュレーター。小学生くらいの女の子がチャレンジしていましたが難しそうでした。
DSC_12663.jpg

他にも指揮棒を振ってドラクエのオープニング曲を指揮するような機械や、テレビカメラを回してバーチャルな映像と合わすセット、食べログやライフログをつけるもの等、生活の様々なシーンにおいての「こんなことができたら」を作っている作品ばかりで面白い展示でした。

続いて3Fへ。3Fは「技術革新と未来」「情報科学技術と社会」がテーマの常設です。

この日、3Fでは何時間おきかでアシモによるショーをやっていました。混んでいたのであまり観ていませんが、面白い動きをしていました。
DSC_12699.jpg

こちらは後ろにマイクがあるロボット。マイクで話すとロボットの表情や仕草が変わって相手に何かを伝えようとしていました。
DSC_12737.jpg

これはこの日は動いていませんでしたが、インターネットを視覚化して説明するモデルのようです。
DSC_12741.jpg

このフロアには他にも光学迷彩を体験できるコーナーなどもあり、面白いです。

ここのシンボル的な地球儀を見ながら螺旋状の通路を通って5Fへ向かいます。途中で色が変わってサーモグラフィのようになっていました。
DSC_12705.jpg DSC_12709.jpg

5Fは「生命の科学と人間」「地球環境とフロンティア」のコーナーになります。
5Fに上がるとこれは国際宇宙ステーション(ISS)の内部を観られる模型があるのですが、行列ができ大人気でした。胴体の横にあちこちサインされているのは古今東西の宇宙飛行士たちのサインです。かなり多くの宇宙飛行士がここを訪れているようです。
DSC_12717.jpg

これが内部です。左がトイレで、右の写真の左側に見えるのが寝るところのようです。狭いですが、縦横の制限が無いので空間の使い方も宇宙的でした。
DSC_12720.jpg DSC_12721.jpg

続いてこちらは医療のコーナー。ロボットアームによる手術の体験コーナーなどもありました。
DSC_12726.jpg DSC_12727.jpg

この辺はゲノムのコーナーがあり、テレビモニタで詳細な説明を受けることができるのが面白かったです。通路もこんな感じでゲノムに関連した展示があります。これはゲノムハープというもので、どの機能がどの塩基に関連しているかわかるようになっています。
DSC_12730.jpg

続いて宇宙関連のコーナー。ここもかなり面白いコーナーです。左はH-ⅡAロケット本体の模型です。右は宇宙計画の図。
DSC_12675.jpg DSC_12685.jpg

フロンティアは宇宙だけでなく地球にもあります。こちらは地球深部探査船「ちきゅう」の模型。
DSC_12686.jpg

こちらは深海探査船「しんかい6500」 かなり人が並んでいたので入りませんでしたが、コックピットで潜行体験ができるようです。近くではしんかいが撮った深海の生物の映像が流れていました。
DSC_12690.jpg

この近くにはスーパーカミオカンデの模型部屋などもあり、日本科学未来館は上野の国立科学博物館と比べると、先端技術や日本の科学技術への取り組みについてより深く知ることができそうです。
 参考記事:国立科学博物館の案内 (地球館)

ということで、ご紹介したのはほんの一部となり、全部観るのに2時間以上かかりました。さらにシアタールームのようなところもあるのですが、この日は全部予約でうまっていました。それでも常設はかなり勉強になる内容で好奇心を満たしてくれました。一度は訪れておきたい科学館だと思います。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
26位
アクセスランキングを見る>>
広告