関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

鎮座90年記念展「横山大観」 【明治神宮文化館 宝物展示室】

前回、上野の横山大観記念館をご紹介しましたが、今日は明治神宮で観てきた鎮座90年記念展「横山大観」をご紹介しようと思います。この展示は前期・後期に分かれていて、私が観て来たのは前期でした。

DSC_4848.jpg

P1150545.jpg P1150559.jpg

【展覧名】
 鎮座90年記念展「横山大観」

【公式サイト】
 http://www.meijijingu.or.jp/homotsuden/index.html

【会場】明治神宮文化館 宝物展示室
【最寄】原宿駅、代々木駅、小田急 参宮橋駅、メトロ 明治神宮前駅、北参道駅、都営 代々木駅など


【会期】
  前期:2010年10月02日(土)~10月27日(水)
  後期:2010年10月29日(金)~11月28日(日)

 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日14時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
明治神宮自体が観光客が多いせいか、会場にもそこそこお客さんが入っているようでした(混んでいるわけではありません)
いつも通り気に入った作品をご紹介しようと思うのですが、冒頭にも書いたとおり前期・後期に分かれているようで、私が行った前期は既に終了しています。そんなに全体の点数は多くないのですが、結構な割合で入れ替わっているようですので、ご紹介する作品はもう無いかも… すみません(><)

入口に寒山拾得らしき看板がありましたが、こちらは後期の展示のようです。また、展示室前には「五柳先生」の写真も飾られていました。横山大観記念館にも「五柳先生」の写真があったような…。
 参考記事:東京国立博物館の案内 【2009年11月】

横山大観 「山色連天(さんしょくてんにつらなる)」
大観は細川護立の求めに応じて毎年「勅題」にちなんだ作品を描いていたようです。これもそのうちの一枚で、高い位置から見下ろすように山々の頂が描かれています。雲から頭を出している山々が海に浮かぶ島のようで、霞みがかった光景が雄大かつ神聖な雰囲気に思いました。
 参考記事:細川家の至宝-珠玉の永青文庫コレクション- (東京国立博物館 平成館)

横山大観 「漁舟」
6曲1双の屏風です。右隻には線が細く緑が鮮やかな木々が描かれ、その背後に漁船に乗る人々が描かれています。そこから左隻にかけて余白のように大きな川が広がっています。(微妙に波のようなものも見えます) また、空には沢山の鳥が舞い、左隻に舟の上にいる子供がそれを眺めているように見えました。これまたスケールの大きさを感じ、悠久の流れのように思いました。

横山大観 「八幡緑雨(洛中洛外雨十題のうち)」
京都の雨の風景を描いた10枚の連作のうちの1枚です。柔らかくも鮮やかな緑の竹林の中、3軒の藁葺きの家が描かれています。もや~っとしていのは雨のせいかな。情感があり、幽玄な雰囲気を感じました。
この近くにあった「朧夜」も好みでした。朦朧体っぽさがあるように思います。

横山大観 「柿紅葉(習作)」
習作とは思えないけど、6曲1双の屏風の習作です。右隻には大きな木と竹が入り混じっていて、単純化された大きなオレンジ~赤の葉っぱと竹の葉の緑が目に鮮やかです。左隻には力強さを感じるカクカクした枝、黄色~赤に染まる葉っぱ、柿の実などが描かれています。色合いや単純化された感じが面白く、大観にもこういう作品があるのかと思いました。
この辺には大観が絵付けした陶器などもありました。

横山大観 「明治神宮図」 ★こちらで観られます
これは水墨の掛け軸で、冒頭の写真に写っているポスターにもなっています。下から上にかけて入口から本殿に向かう道を描いていて、高い位置から観たような視点になっています。細密に描かれていましたが、奥の方は霧がかっているようになり、仙境のような雰囲気がありました。どこまで実際の配置と合っているのか分かりませんが、手前の道が湾曲している様子がリズミカルに感じました。

この辺りにはシンガポールの風景を描いた画帖や、横山大観記念館所蔵の文箱と硯箱などがありました。

横山大観 「十二ヶ月」
12枚セットの色紙よりも小さいサイズの作品です。金地に各月の風景が描かれていて、特に気に入ったのは8月と9月でした。8月は虹がかかる上空、9月は稲光がじぐざぐに大胆に描かれていました。大観にも色々な作品があるんですね。

横山大観 「春雨・秋雨」 ★こちらで観られます
2枚セットの作品で、右幅は春雨が描かれています。簡易的な橋がかかる川の上から見下ろすように木々を描いていて、雨でけぶるような雰囲気がよく出ています。左幅は川のそばの崖?の鮮やかな紅葉が描かれ、所々で薄くなっていて霧のような空気感をかもし出していました。
この隣にあった「竹雨」もかなり好みの作品でした。大観の雨の作品は良いですねえ。

横山大観・下村観山 「鉄拐仙人・蝦蟇仙人」
右幅が大観が描いた鉄拐仙人で、口から白い帯のようなものを出し、その先には自分の分身が飛んでいっている様子が描かれています。 それに対して左幅は下村観山が描いた蝦蟇仙人で、頭にガマを乗せガマの口から白い帯のようなものを出している様子となっています。この主題は日本画でよく観ますが、両巨匠の共演とは何とも豪華です。仙人たちは結構真面目な感じがしますが、どこか卑近な感じもしたかな。

ということで、点数は多くないですが中々面白い展覧会でした。ここに来る機会も中々無いので、この機に行っておいて良かったです。この後、明治神宮にお参りしてきました。セットで楽しめるのも魅力かな。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
18位
アクセスランキングを見る>>
広告