関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

国立西洋美術館の案内 【常設 2010年10月 絵画編】

前々回前回と、西洋美術館の常設をご紹介していますが、今日で最終回。今回は絵画作品を何点かご紹介しようと思います。

公式サイト
 http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

今回も作品の写真を撮ってきましたので、一部をご紹介しようと思います。
 ※常設展はフラッシュ禁止などのルールを守れば撮影可能です。(中には撮ってはいけない作品もあります。)
  掲載等に問題があったらすぐに削除しますのでお知らせください。

参考記事
 国立西洋美術館の案内 (常設 2010年10月 彫刻編)
 国立西洋美術館の案内 (常設 2010年06月)
 国立西洋美術館の案内 (常設 2010年02月)
 国立西洋美術館の案内 (常設 2010年01月)
 国立西洋美術館の案内 (常設 2009年10月)
 国立西洋美術館の案内 (常設 2009年04月)

ここには中世くらいの作品から近代まで非常に沢山の作品があるので、今までご紹介したもの以外でもまだまだ良い作品、有名画家の作品があります。結構入れ替わりもあるので、いまだに観たことがない作品もあったり。

エル・グレコ(本名ドメニコス・テオトコプーロス) 「十字架のキリスト」
今年はエル・グレコの名品を結構見る機会がありましたが、こちらの常設でも観られます。(余談ですがこの前「エル・グレコ」はギリシア人という意味と知りましたw)
磔刑にされたキリストが背景の黒に浮かび上がっているみたいに思いました。
P1150729.jpg

カミーユ・ピサロ 「冬景色」
一気に展示室を進んで、印象派のコーナー。これはピサロの作品。ちょっと荒涼とした冬の寂しさを感じます。
P1150753.jpg

アルフレッド・シスレー 「ルーヴシエンヌの風景」
最も印象派らしい画家シスレーの作品。これもちょっと曇ってるかな。ちょっと憂鬱な感じ。
P1150759.jpg

ウジェーヌ・ブーダン 「トルーヴィルの浜」
印象派よりちょっとだけ前の時代のブーダン。ブーダンと言えば浜辺の作品が真っ先に思いつくくらい浜の絵をよく観る気がします。色合いも美しい。
P1150762.jpg

クロード・モネ 「ウォータールー橋、ロンドン」
ブーダンに教わったこともあるのモネ。これはロンドンに行ったときの作品かな。霧が出ているのかぼや~っとした雰囲気に包まれています。
P1150767.jpg

ヴィクトリア・デュブール(ファンタン=ラトゥール) 「花」
写実的でありながらどこか幻想的な雰囲気があるのが好みの画家です。
P1150830.jpg

アンリ・ファンタン=ラトゥール 「聖アントニウスの誘惑」
こちらは少し柔らかな感じかな。これも神秘的で洗練された感じがします。
P1150832.jpg

ダンテ・ガブリエル・ロセッティ 「愛の杯」
ラファエル前派は大好きです(><) 色合いも美しいですが、近くで見ると杯にハート模様があったりして華やかで気品があります。
P1150835.jpg

アドルフ=ジョゼフ=トマ・モンティセリ 「カシスの港」
モンティセリはゴッホに影響を与えた画家の1人です。強い印象を受ける作品で、確かアルコール中毒で目が悪かったので激しい画風になっていったと記憶しています。
P1150842.jpg
 参考記事:ゴッホ展 こうして私はゴッホになった 感想後編(国立新美術館)

レオン・オーギュスタン・レルミット 「落穂拾い」
この画家はこの作品くらいしか知らないのですが、バルビゾン派とも違った明るめの色彩で農村を描いている画風が好みです。
P1150844.jpg

フランク・ウィリアム・ブラングィン 「しけの日」
この西洋美術館のコレクションの基礎を築いた松方幸次郎のアドバイザーもしていた画家です。船をよく描いていた画家なので、これは本領発揮という感じかも。力強い嵐の雰囲気が伝わってきます。
P1150848.jpg
確か、この作品は今年のフランク・ブラングィン展でも観た気がします。
 参考記事:フランク・ブラングィン展 (国立西洋美術館)

ジョルジュ・ブラック 「静物」
これは2009年に購入された新収蔵作品です。ブラックらしいキュビスム作品で、計算された構成になっているようです。
P1150853.jpg

ということで、西洋美術館はコレクションの質・量ともに凄いものがあります。常設だけでも充分楽しめるので、美術に興味がある方は1度は訪れてみると良いかと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
No title
こんばんわ・・
館内撮影、ご苦労さまですっ。
やっぱり額縁付の絵はいいですね。
ブラックのやつなんかはセットじゃないと見れなくなりますね。
2010/11/13(土) 00:43 | URL |  I M A #-[ 編集]
Re: No title
> I M A さん
コメントありがとうございます^^
結構、額縁ってのも絵を引き立てる要素として重要ですね。
自分で作ったり装飾する画家もいますし。
このブラックの作品はブラックらしさがあって好みでした。
2010/11/13(土) 22:57 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
広告