関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

生誕250年 酒井抱一 -琳派の華- 【畠山記念館】

この前の日曜日に、白金台近くにある畠山記念館で、「生誕250年 酒井抱一 -琳派の華-」を観てきました。この展示は途中で作品の入れ替えがあるらしく、私が行ったのは1月末頃の内容でした。

P1170241.jpg

P1170245.jpg

【展覧名】
 生誕250年 酒井抱一 -琳派の華-

【公式サイト】
 http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/display/2010/winter.html

【会場】畠山記念館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店


【最寄】高輪台駅、白金台駅、五反田駅、目黒駅など
【会期】2011年1月22日(土)~3月21日(月・祝)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間40分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日14時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
お客さんはそこそこ入っていましたが、混んでいるというほどでもありませんでした。ここは場所が分かりづらいので私もandroidのナビアプリ無しでは辿り付けませんw

さて、内容についてですが、まずは充実度を③にしたのは全体の作品点数が少ないためです。ちょうど出光でも琳派展をやっているなど、今年になってから琳派作品を観る機会が多いですが、こちらは規模は小さめとなっていて、30分~45分くらいあれば観て回れるくらいの内容です。タイトルから酒井抱一がメインかと思いましたが、宗達、光悦、光琳、乾山、其一なども少数ながら展示されていて、作品自体には満足しました。
 参考記事:琳派芸術 ―光悦・宗達から江戸琳派― 第1部 煌めく金の世界 (出光美術館)
詳しくはいつもどおり気に入った作品を挙げつつ会場の雰囲気をご紹介していこうと思います。なお、各作品に解説はありましたが、「琳派」とは何か?というような説明はあまり詳しくないので、分かってる人向けの内容かと思います。

まずは座敷になっているところから観ていきました。

本阿弥光悦 「扇面月兎画賛」 ★こちらで観られます
あまり多く無い光悦の絵画作品で、扇状に描かれています。緑の上で身を翻すような姿勢の白兎がかかれ、右上の方には大きな弧を描く金箔で月を表現しています。その構図と色の取り合わせが大胆かつ優美で面白い作品でした。月の中には新古今和歌集の歌も詠まれています。

酒井抱一 「富士見業平図屏風」 ★こちらで観られます(pdf)
これは尾形光琳の作品を写した2曲の小さな屏風です。黒い馬に乗る在原業平と、後ろを振り返る従者がかかれ、業平は少し上を見上げています。これはどうやら富士を見ているようですが、画面には富士はありません。その視線のおかげで画面外の外を想像させられました。(むしろ従者は何を見ているのか気になるところですw) また、画面上部には流麗な文字で歌も書かれていました。

この近くには光琳の絵画作品もありました。

鈴木其一 「曲水宴図」
曲がりくねる小川の周りに烏帽子の人々が集まり、筆をとって歌を詠んでいるようすが描かれた作品です。周りには桜や松、豪華な船などが鮮やかな色彩で細やかに描かれていて、華やいだ雰囲気がありました。

本阿弥光悦・俵屋宗達 「小謡本」
宗達によって金銀(ほぼ銀)で描かれた葉と、光悦の筆による小謡が書かれた合作です。葉っぱは垂らしこみの技法を使って描かれ、優美さと儚い雰囲気を併せ持っているように思います。一方、光悦の書には、点々がふられていました。特に解説が無かったのですが、抑揚か節のための記号かな?と想像しました。 中々好みの作品です。

この辺には光悦の茶碗も展示されていました。

酒井抱一 「四季花木図屏風」 ★こちらで観られます(pdf)
4曲の屏風です。右上に桜、下には百合や朝顔、杜若、ススキなど、様々な季節の草花が一堂に会した不思議な光景となっています。色自体は淡いように思いましたが目に鮮やかで、雅な雰囲気がありました。いずれも生き生きとしているのですが、どこか静かで儚げにも思えたかな。

酒井抱一 「十二ヶ月花鳥図」
6幅セットで展示されていた掛け軸で、元々は12幅セットで1月に1幅となっています。私が観たのは1~6月で、梅や椿、芍薬、桜など、その月を代表する草木が描かれ、そこにそれぞれ1~2羽の鳥の姿も観られます。いずれもたらしこみや濃淡を使っていて、のびのびと描かれているような印象を受けました。特に5月の菖蒲の絵は青が何とも目に鮮やかで好みでした。

この辺りには瓢箪や鹿、松に鷹などの意匠の印籠と、その根付などがありました。抱一は下絵を提供していたそうです。また、尾形乾山の焼き物もいくつかあり、香合や茶器、陶器などが並びます。他に変り種としては光琳の作った茶杓などもありました。

と言うことで、小規模ですが満足できる内容でした。2月中旬の入れ替えでは酒井抱一の風神雷神図(掛け軸)も観られるので、出光の琳派展の後期展示や光琳の風神雷神図との比較も楽しめそうです。気になる方は出品リストで展示期間を確認の上お出かけされるとよろしいかと思います。私はもう一回、時期を変えて行こうかと考えています。
 参考リンク:この展示の出品リスト(pdf)
 参考記事:本館リニューアル記念 特別公開 (東京国立博物館 本館)
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
26位
アクセスランキングを見る>>
広告