関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【国立歴史民俗博物館】[れきはく]の案内  (2011年02月前編)

前回前々回とご紹介した川村記念美術館に行った後、国立歴史民俗博物館へとハシゴしてきました。(送迎バスで京成佐倉駅に戻ってからタクシーで移動しました。) ここは非常に広い博物館なので、時代別で前編・後編に分けてご紹介しようと思います。

DSC_16616.jpg

【公式サイト】
 http://www.rekihaku.ac.jp/

【会場】国立歴史民俗博物館  ★この美術館の記事
【最寄】京成佐倉駅

 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【感想】
閉館まで1時間ちょっとくらいしかなかったこともあり、空いていました。
ここは国立の博物館ということもあり、ルールを守れば館内での撮影が可能となっています。(だいたい複製品で、実物ではないものが多いかな)
↓ルールはこんな感じ。大体他と一緒で中には撮ってはいけない作品もあります。
DSC_16623.jpg

今回も展示品を撮影してきたので、それを使ってご紹介しようと思います。以前もここで写真を撮ったのですが、展示内容はだいぶ変わっていました。
 参考記事:国立歴史民俗博物館(れきはく)の案内


<日本文化のあけぼの>
最初は縄文時代~弥生時代のコーナーです。

こちらは石器。結構小さいです。
DSC_16628.jpg

ずらりと並んだ土器。縄文中期には地方によって特色が分かれていったようです。
DSC_16629.jpg

日本各地の仮面。面白い顔をしていますw
DSC_16635.jpg

こちらは土偶。以前、土偶展で観たのがいくつか並んでいました。これは複製だったかな。面白い形をしています。
DSC_16639.jpg DSC_16642.jpg DSC_16647.jpg
 参考記事:国宝 土偶展 (東京国立博物館 本館特別5室)

この辺から弥生時代かな。高床式倉庫。ネズミ返しとか日本史で習ったなーw
DSC_16658.jpg

何ともユーモラスな姿をした人面付土器。
DSC_16659.jpg

古墳時代の土器。関東の土器などです。
DSC_16664.jpg

こちらは銅鏡。中国製に見えますが、日本に来た工人が作ったものという説もあるのだとか。
DSC_16674.jpg
 参考記事:中国青銅鏡 (泉屋博古館 分館)

こちらは東国の埴輪。関東一円だけでも各地域で特徴が異なっているそうです。
DSC_16683.jpg

この辺には羅城門の復元などもありました。

こちらは沖ノ島の遺跡のコーナー。福岡の沖合いにある沖ノ島は古代から「神の島」として人びとの信仰を集めたそうで、祭祀が行われたようです。
DSC_16698.jpg


<中世>
続いて中世のコーナー。一口に中世といっても平安時代から戦国時代頃まであるので結構長いです。

藤原氏の邸宅の1つである東三条殿の再現。いかにも平安貴族の邸宅といった感じかな。
DSC_16700.jpg

こちらは平安貴族の生活の再現。後ろに見えるのは御帳台。
DSC_16706.jpg

こちらは様々な書物の文体。テキスタイルみたいに文体によってだいぶ雰囲気が違います。
DSC_16710.jpg

こちらは藤原道長が書いた御堂関白記の複製。
DSC_16713.jpg

そしてこちらは藤原道長が法華経などを収めて山に埋葬した際の経筒の複製。御堂関白記に詳しく書かれていたそうです。
DSC_16716.jpg

一気に時代が進んで、1520年代の洛中洛外図屏風(歴博甲本)の複製。狩野元信の作と考えられているそうです。
DSC_16721.jpg

洛中洛外図屏風などを元に作られた戦国末期の京都の町並みの模型。
DSC_16734.jpg

こちらは戦国時代の鉄砲。
DSC_16737.jpg

この頃の主な日本の輸出品だった漆器。螺鈿の洋櫃です。宝箱みたいですw
DSC_16744.jpg
 参考記事:阿蘭陀とNIPPON ~レンブラントからシーボルトまで~ (たばこと塩の博物館)

<近世>
近世のコーナー。主に江戸時代かな。

江戸図屏風の複製。これはちゃちな複製でしたが細かいところは観やすいかも。この部屋には江戸の町の再現模型などもあります。
DSC_16758.jpg

万国総図・人物図。地球儀と各国の民俗衣装が描かれています。この時代には意外と国際的な作品もあったりして面白い。
DSC_16768.jpg

錦絵を売っているお店の再現。豪華な続絵などもあって、華やかな雰囲気です。
DSC_16777.jpg

江戸時代くらいになるとカラクリ仕掛けや時計もあります。これはお茶を運ぶ人形かな。中身はこうなっているんですね。
DSC_16787.jpg


ということで、今日はこの辺までにしておこうと思います。これでもかなり飛ばして紹介していて、じっくり解説を読んで周っていたら1日かかるくらい膨大な展示となっています。模型や再現が多いので楽しく歴史を学ぶことができるので、歴史好きの方や学生さんは観てみると良いかもしれません。
次回は後編で特集展示と近現代をご紹介しようと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告