関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

渋沢家のおひなさま 【渋沢史料館】

前回ご紹介した北区飛鳥山博物館の展示を観た後、さらに隣の渋沢史料館にハシゴして「収蔵品展 渋沢家のおひなさま」と「法学者・穂積陳重と妻・歌子の物語 ~渋沢栄一のひ孫・穂積重行氏オーラルヒストリーから~」という展示を観てきました。

P1180347.jpg DSC_17126.jpg P1180341.jpg

【展覧名】
 収蔵品展 渋沢家のおひなさま
 法学者・穂積陳重と妻・歌子の物語 ~渋沢栄一のひ孫・穂積重行氏オーラルヒストリーから~

【公式サイト】
 http://www.shibusawa.or.jp/museum/special/kikaku2011_01.html
 http://www.shibusawa.or.jp/museum/special/kikaku2011_02.html

【会場】渋沢史料館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】JR・東京メトロ 王子駅


【会期】
 おひなさま:2011年02月19日(土)~05月08日(日)
 穂積陳重 :2011年03月05日(土)~05月08日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間30分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
この日は桜の満開のタイミングでしたが、館内は空いていました。
さて、この史料館についてですが、この飛鳥山には明治の偉人である渋沢栄一の邸宅があったことからその生涯や業績を展示しています。渋沢栄一に関する資料を集めた常設と、特別展があって、私が行った時は2つの展示をやっていました。
 参考リンク:渋沢栄一のwikipedia

<法学者・穂積陳重と妻・歌子の物語 ~渋沢栄一のひ孫・穂積重行氏オーラルヒストリーから~>
最初は特別展の法学者・穂積陳重のコーナーから見ました。この人は法学者で、後の中央大学となる英吉利法律学校の創設者の1人で、法曹界に多大な影響を与えたそうです。 2階のフロアの一部で展示しているのですが点数も少なく、文書や写真、賞状、勲章、著書、手紙などが並び、渋沢栄一にあたる穂積重行氏から伺った話などと共に展示されていました。…と、言ってもこの展示にはあまり興味がなかったので、さっくりとだけしか観ませんでしたw 私には猫に小判かも…。そもそも穂積陳重という人物を知らなかったので、これを機に名前と業績だけは何とか覚えたかな。
 参考リンク:穂積陳重のwikipedia

<収蔵品展 渋沢家のおひなさま>
続いては渋沢家のおひなさまのコーナーです。2年前にここに行った時も似た展示をやっていたので、定番の展示なのかな。こちらも小さめの1部屋のみの展示で、入口には花を持って胡蝶舞を踊る赤い着物の女性の人形が置かれていました。背中に蝶の羽のようなものがあるのが可愛らしいです。
展示室の中には、内裏雛が3セットありました。永徳斎という名店の雛人形らしく、雛道具や碁盤、スゴロク、楽器、箪笥なども一緒に展示されています。また、雛道具は部屋の逆側にもあり、貝合わせの道具、陶器、棚など精巧に作られたものもありました。この辺は観ていて楽しいです。 他には御所人形という金太郎みたいな格好の人形や、手を広げて立つ紙雛なんかもありました。御所人形はちょっと怖いような可愛いようなw
 参考記事:国立歴史民俗博物館[れきはく]の案内  (2011年02月後編)

あとの残りの部屋は渋沢栄一の足跡のコーナーで、本や資料、写真、手紙、勲章などが展示されています。歴史好きの人には面白いかもしれません。 また、ここの2階の休憩室も見所で、アンティークな家具に座りながら、目の前に見える桜を見ることができました。(むしろ私はこれが目的で来ていましたw)

史料館の展示はこんな感じだったのですが、この史料館の隣には、旧渋沢邸の「晩香廬」と「青淵文庫」があります(こちらは無料)ので、そちらにも行ってきました。
毎週土曜日の12:30~15:45は建物の中にも入れるそうですが、震災の影響で今のところは晩香廬は公開されていないようです。
DSC_17149.jpg DSC_17152.jpg

こちらは青淵文庫。80歳のお祝いと男爵から子爵に昇格したお祝いを兼ねて作られたそうで、1925年に作られました。このステンドグラスは家紋にちなんで柏の葉をイメージしているとのことです。
DSC_17155.jpg
文庫というくらいなので本が収蔵されてようですが、1963年に日比谷図書館に寄贈されたそうです。

こちらは晩香廬。喜寿(77歳)のお祝いで作られたゲストハウスらしいです。
DSC_17181.jpg

外からだと中は暗くてよく分かりませんが、窓から覗いてみるとこんな感じでモダンな雰囲気です。
DSC_17171.jpg

先ほどの位置と逆側から撮った写真。一度は入ってみたいです。
DSC_17177.jpg


ということで、渋沢史料館と旧渋沢邸を観てきました。史料館は渋沢栄一を知らないと難解かもしれませんが、旧渋沢邸は洒落ているので興味を引かれる人も多いのではないでしょうか。
飛鳥山編は今回で終了です。桜の時期は終わってしまいましたが、それ以外の時期でも展示は開催されていますので、3つの博物館が気になる方は足を運ばれてみるのも面白いかと思います。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
広告