関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

松岡コレクション 西洋絵画の中の人びと 【松岡美術館】

前回ご紹介した畠山記念館を観た後、ひたすら歩いて松岡美術館に移動して、「松岡コレクション 西洋絵画の中の人びと ージョン・エヴァレット・ミレイ、ルノワールからシャガールまでー 穏やかな日常」を観てきました。

P1180441.jpg P1180443.jpg

【展覧名】
 松岡コレクション 西洋絵画の中の人びと ージョン・エヴァレット・ミレイ、ルノワールからシャガールまでー 穏やかな日常

【公式サイト】
 http://www.matsuoka-museum.jp/exhibition/exhibition.html

【会場】松岡美術館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】白金台駅(東京メトロ) または 目黒駅(JR・東京メトロ)


【会期】2011年4月24日(日)~9月25日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日15時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
初日に行ったのですが、いつも通り空いていてゆっくり観ることができました。
今回はこの美術館の西洋画のコレクションを集めた特別展となっています。この美術館はルールさえ守れば作品の写真を撮ることができますので、今回も撮ってきた写真を使ってご紹介しようと思います。あまり写真を載せすぎるのもあれなので、ちょこちょこっとですw

<1.個性あふれる人びと>
まず最初は人物をテーマにした作品が並んだ展示室となっていました。
P1180481.jpg

ポール・デルヴォー 「オルフェウス」
P1180453.jpg
大好きなデルヴォー! ふらふら~っと歩いている裸婦やどこか現実離れした雰囲気がたまりません。

近くには以前ご紹介したジョン・エヴァレット・ミレイ「聖テレジアの少女時代」やウィリアム・アドルフ・ブーグロー「編み物をする少女」、ルノワールなどもありました。
 参考記事:
  「華麗なる花鳥画の世界展」と「ヴィクトリア朝絵画展」 (松岡美術館)
  エコール・ド・パリ展 (松岡美術館)

マルク・シャガール 「婚約者」
P1180499.jpg
シャガールは何点かあったのですが、これが一番好みでした。新郎新婦はよく主題になるし、色合いもシャガールらしいかな。

藤田嗣治 「二人の子供と鳥籠」
P1180521.jpg
藤田の1918年の作品。ちょっと寂しげな雰囲気で晩年の子供の絵とはちょっと印象が違うかな。

近くにはモディリアーニやピカソもありました。

モイーズ・キスリング 「プロヴァンスの少女」
P1180532.jpg
キスリングの肖像画ありました。キスリングなら何でも好きくらいの勢いですw


<2.穏やかな日常>
続いての部屋は風景画が多い内容となっていました。
P1180606.jpg

モーリス・ユトリロ 「モンマルトルのキュスティーヌ通り」
P1180564.jpg
ユトリロの色彩の時代かな。

モーリス・ド・ヴラマンク 「雪の中の村」
P1180623.jpg
ちょっと右のほうに反射があってすみませんw ヴラマンクは大好きですが、特に雪の絵は好みです。スピード感があります。


と言うことで、この美術館の西洋画コレクションを堪能することができました。勿論、これ以外にも作品はあってご紹介したのはほんの一部です。 また、特別以外にも中国磁器、東洋の仏像、西洋近代彫刻、エジプト文明の品など常設の作品もあるので、しっかり観たら1時間以上かかるかも。(私は何度も来ているので比較的早いペースで回りました。)
静かに観ることができるし写真も撮れるし、ぐるっとパスのみで観られるのも嬉しいところです。近くに庭園美術館もあるので、ハシゴのコースを組んで観るのも良いかと思います。 私自身、この後に庭園美術館にもハシゴしました。
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
松岡美術館
落ち着いてゆったりとしたステキな美術館ですね。
空いている?…なんて贅沢な時間!!v-254

藤田嗣治にこんな絵があるなんて知りませんでした。

2011/05/03(火) 08:06 | URL | パンピー #-[ 編集]
Re: 松岡美術館
>パンピーさん
コメントありがとうございます^^
そう、ここは穴場なんです。あまり知られていないようで。
周りには洒落たカフェが軒を連ねているし、白金は素晴らしいところですw

藤田は乳白色の頃が一番好みです^^
2011/05/04(水) 02:55 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
26位
アクセスランキングを見る>>
広告