関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

【国立科学博物館】の案内 (地球館 2011年8月)

前回ご紹介した恐竜展を観た後、国立科学博物館の常設展示を観てきました。ここは地球館と日本館がありますが、今回は地球館だけ観てきました。

【公式サイト】
 http://www.kahaku.go.jp/

【会場】
 国立科学博物館 地球館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店

【最寄】
 上野駅(JR・東京メトロ・京成)

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 1時間00分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日14時半頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_4_⑤_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_4_⑤_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
特別展ほど混むことはなく、自分のペースで観て回ることができました。鑑賞時間を1時間としましたが、これは私は何度か行ったことがあるので、かなり早足で回っているためです。じっくり見たら1日中かかるくらい展示品はあります。

ここの常設は以前もご紹介しましたが、今回は以前ご紹介しなかったものを中心にご紹介しようと思います。地球館・日本館はルールを守れば写真撮影可能ですので、今回も撮ってきた写真を使ってご紹介しようと思います。
 参考記事:国立科学博物館の案内 (地球館)


<地下3F [宇宙・物質・法則 / 科博の活動] -自然“しくみ”を探る-> ★こちらで観られます
今回も一番深い地下3階から上に登っていくルートで観てきました。まずは宇宙や物理法則のコーナーです。

これは太陽の内部の模型。中心の温度は1,600万度なのだとか!
P9030366.jpg

これは霧箱というもの。インスタレーション作品のように箱の中で煙が動いて光の帯のようなものが見えます。
P9030370.jpg
これは宇宙線のような電気を帯びた粒子が通るとその軌跡が見えるという装置でした。宇宙線の他に電子や陽子、アルファ粒子なども検出できるようです。

これは1951年に作られた加速器。
P9030376.jpg
日本の加速器は1930年代と世界的にも早く作られたそうですが、終戦直後の1945年に進駐軍に破壊されて東京湾に沈められたそうです。その後サイクトロンの発明者でノーベル賞を受賞したローレンスの提唱によって再建が進んだのがこちらのようでした。

こちらは中学・高校の教科書でお馴染みの周期表。
P9030378.jpg
中に実物が入っているのが面白いです。

流石に放射性物質は入っていませんw 今話題のセシウムもあります(放射性ではないようです)
P9030379.jpg


<地下2F [地球環境の変動と生物の進化 -誕生と絶滅の不思議-] -誕生と絶滅の不思議-> ★こちらで観られます
続いて地下2階は生物の進化の歴史です。

左はコロンビアマンモス。右はオオツノジカ。
P9030388.jpg P9030393.jpg
この辺には他にも色々な生物の骨格が残っています。また、人類の進化のコーナーもあります。


<地下1F [地球環境の変動と生物の進化 -恐竜の謎を探る-] -恐竜の謎を探る-> ★こちらで観られます
地下1階は恐竜のコーナー。今回の特別展を観たならここも寄らないと損ですね。

左はカモハシ竜。右はステゴサウルスの仲間かな。
P9030395.jpg P9030400.jpg

ここには他にもティラノサウルス?もいて迫力があります。


<1F [地球の多様な生き物たち] -みんな、かかわりあって生きている-> ★こちらで観られます
続いて1階は現代の生き物についてのコーナーです。

これはユキヒョウ。可愛らしいですが、野生的な姿です。
P9030404.jpg

左は無数の巻貝(イモガイ)。右は様々な進化を遂げた動物たち。
P9030405.jpg P9030410.jpg
この辺は蝶の標本などもあり、多種多様な生き物の進化を一気に観ることができます。

ペンギンとシロイワヤギ。掛け値なしに可愛い^^
P9030414.jpg P9030415.jpg


<2F [科学と技術の歩み / たんけん広場-身近な科学] -私たちは考え、手を使い、創ってきた-> ★こちらで観られます
2階は再び科学に関するコーナー。ここにはかつて開発された技術の粋が展示されています。

これは1925年に作られたオートモ号。
P9030422.jpg
1924年から4年間で300台製造されたそうで、国産量産車のさきがけとなったそうです。

宇宙開発に関するコーナーもあります。
P9030427.jpg


<3F 大地を駆ける生命 / たんけん広場-発見の森] -力強く生きる哺乳類と鳥類をみる-> ★こちらで観られます
私が一押しなのが最上階の3階のヨシモトコレクションというハワイの日系2世の方の剥製コレクションです。ここは一度は観ておかないと勿体無いくらいです。

いつ来ても壮観な眺めです。しかも全部本物だというのが驚き。
P9030431.jpg

こちらは白熊。
P9030438.jpg

近くにはパンダもいます。

左は今にも飛びかかってきそうな豹。右は鳥たち。
PP9030436.jpg P9030440.jpg
本当に生きているように見える展示方法も面白いです。


ということで、今回は短時間で観て回りましたが、興味の尽きない内容となっていました。子供を連れて恐竜展に行く人も多いと思いますが、子供の頃にこうした科学や生物の面白さに触れることが出来るのは人生の財産になると思いますので、是非地球館も訪れてみて欲しいです。(体力の問題はありますがw)
関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
13位
アクセスランキングを見る>>
広告