関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

奇想の絵師歌川国芳の門下展 【礫川浮世絵美術館】

この間の土曜日に、東京ドームの裏手にある礫川(こいしかわ)浮世絵美術館で「奇想の絵師歌川国芳の門下展」を観てきました。この展示は前期・後期に分かれていたようで、私が観たのは後期でした。

PC162369.jpg

【展覧名】
 奇想の絵師歌川国芳の門下展(芳年、芳幾、芳艶、他)

【公式サイト】
 http://homepage2.nifty.com/3bijin/menu_j.html

【会場】礫川浮世絵美術館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】後楽園駅・春日駅


【会期】
 前期:2012年11月1日(火)~11月25日(金)
 後期:2012年12月1日(木)~12月25日(日)

 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間20分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日13時半頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_③_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_③_4_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_③_4_5_満足

【感想】
空いていてゆっくり観ることができました。

さて、今回の展覧会は没後150年を迎え盛り上がりをみせている歌川国芳の門弟たちの作品を集めた展示となっています。歌川国芳は自らの作品の素晴らしさだけでなく、親分肌で多くの弟子の可愛がり、弟子たちに慕われた絵師で、その流れは明治以降も脈々と続いていくことになります。この展示では師匠の影響を感じさせる作品などがありましたので、気に入った作品をいくつかご紹介しようと思います。

 参考記事:
  歌川国芳-奇と笑いの木版画 (府中市美術館)
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 前期:豪傑なる武者と妖怪 (太田記念美術館)
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 後期:遊び心と西洋の風 感想前編(太田記念美術館)
  破天荒の浮世絵師 歌川国芳 後期:遊び心と西洋の風 感想後編(太田記念美術館)


歌川芳虎 「[錦昇堂役者大首] 新洞左エ門娘夕しで坂東三津五郎 秀佳」
青地を背景に左を見る美人の胸から上だけの大首絵です。ちょっと上目遣いで色っぽい雰囲気がありました。この隣には背景の色が深くなった復刻版もあったので、人気があったのかな?

歌川芳春 「深川仮宅全盛揃 岡田屋内若人」
片膝を突いて座りながらキセルを持ち、やや振り返っている姿の沢山の簪をさした女性を描いた作品です。着物の模様や色が派手で、女性は楽しそうな表情をしています。このポーズが気に入ったのかわかりませんが、隣には同じポーズで違う場面の作品もありました。

この辺は主にこうした美人画が並んでいました。

月岡芳年 「おしやう吉三(小団次)、土佐得江門娘一とせ(歌女之丞)、木屋手代重三郎(羽左衛門)」
2枚続で、墓の前で争う2人の男と1人の女を描いた作品です。吉三と書かれた男は口をへの字にして何かを振り上げ、全身に龍の刺青をしています。もう1人の十三郎と書かれた人物は手を前に出し、やめてくれと懇願しているような感じです。そして2人右では背を向けた釣り目の女が笑っているような表情でした。3人はどういう関係なのかは分かりませんが、カラフルでちょっと怖いくらいのドラマチックなシーンとなっていました。特に襲う方の男の目はいっちゃってますw

この辺には月岡芳年の作品が何点かありました。
 参考記事:月岡芳年「月百姿」展 [後期](礫川浮世絵美術館)

歌川芳艶 「自来也越後妙高山の蟇を助け大蛇を撃つ図」
3枚続で、右に自来也(じらいや)と刀を持つ美女丸、もう一人名前がわからない男が描かれ、その下には竹槍を持ったカエルたちが左に向かって突進していきます。中央では沢山の蛇とカエルたちが戦っていて、その上に雲に乗った蝦蟇仙人の姿もあります。そして左には黒姫夜叉五郎と2人の男が蛇に巻きつかれたカエルを眺めているようでした。 どうやらこれは蛇退治の様子の絵らしく、ちょっとコミカルな感じもしつつ、ストーリーが伝わってくるように思いました。
こういう妖怪など出てくるのは師匠の国芳の譲りなのかな。想像力豊かに描いています。

月岡芳年 「芳年漫画 土蜘」
2枚続で碁盤に向かって突っ伏している感じの武士と、その後ろで身をくの字にして身体から蜘蛛の巣を出している女性が描かれています。この女性が土蜘蛛なのか怪しい雰囲気に見えました。だいぶピンチの場面です。
この隣には大江山の鬼退治の3枚続の作品もありました、こちらはすごい迫力でした。

歌川芳藤 「新坂さかなつくし」
1枚の中にところ狭しと沢山の魚とその名前が描かれた作品で、いわゆる「○○つくし」の典型といった感じです。たこ、さんま、たい、エイ、カレイ、車海老、ヒラメなどなど、数えるのも大変なくらいいます。ややデフォルメされているようにも思いますが、基本的には写実的に描かれていました。図鑑みたいだけどどこか洒落ているのが面白いです。

落合芳幾 「擬九星市川系譜 元祖 二代B」
上下に並んだ円形の中に描かれた、役者の顔だけの肖像です。上は目玉が丸く飛び出すように描かれた初代市川団十郎で、下は五右衛門のような頭をした2代目が描かれています。共に個性的な顔立ちで、特徴をデフォルメしたような感じがありました。
ここには擬九星市川系譜のシリーズ作品が並び、9代目までありました。

落合芳幾 「東京日々新聞第壱号」
これは絵が中心となった新聞らしく、包丁を振り上げて女の首を踏んでいる男が描かれています。下の女は男の足を掴み、必死にもがいているような感じです。男の挙げた包丁は東京日々新聞のタイトル部分を隠すように描かれ、画面から飛び出してくるような雰囲気がありました。


ということで、国芳の弟子たちも面白い作品を描いていたことがわかる展示でした。河鍋暁斎もあるかなと期待したのですが、今回はありませんでした。 とは言え、これだけ才能ある弟子がいるとは国芳の凄さがますます伝わってくるように思います。


おまけ:
この日、六本木で始まった歌川国芳の展示も観たのですが、こちらを先に観ておきました。六本木の展示は後日ご紹介の予定です。

関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
No title
こんばんわ!!
 この展覧会では歌川芳艶と歌川芳虎が良かったです~。
 最近この美術館に行く機会が多かったせいか、スタッフの方に顔を覚えられてました。小さい美術館ならではです。
 歌川国芳の展示の記事楽しみにしてます!
2011/12/19(月) 22:48 | URL | だまけん #-[ 編集]
Re: No title
>だまけんさん
コメント頂きありがとうございます^^
私が行った時はすでに後期でしたが、前期も観ておけば良かったかなと。
芳艶は師匠の奇想な部分が受け継がれているようでしたね。

国芳の記事はただ今準備中です。タイトルの打ち込みが大変でして…w もう少々お待ち下さい^^;
2011/12/20(火) 01:49 | URL | 21世紀のxxx者 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
お気に入りに追加
各種お気に入りに追加できます
よろしくお願いします^^;
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ニュース
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
入門用デジタル一眼
入門にもってこいのデジタル一眼レフカメラ(レンズ付)です。
現在の最安順に10万円以下で絞ってみました。 自分もこの辺で迷いました(><) 一眼を比較検討の際はこちらのリンクからどうぞ。。。
複製名画
名画の複製です。意外とお手頃みたいです。
美術館ガイド
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
26位
アクセスランキングを見る>>
広告