関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

第6回 shiseido art egg three展 【資生堂ギャラリー】

先週の土曜日に、銀座にある資生堂ギャラリーで、「第6回 shiseido art egg three展」を観てきました。

P1142684.jpg

【展覧名】
 第6回 shiseido art egg three展

【公式サイト】
 http://www.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/index.html

【会場】資生堂ギャラリー  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】銀座駅 新橋駅など

【会期】2012年1月6日(金)~2012年1月29日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 0時間10分程度

【混み具合・混雑状況(土曜日 時頃です)】
 混雑_1_2_3_4_⑤_快適

【作品充実度】
 不足_1_②_3_4_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
空いていてゆっくり観ることができました。とは言え、2点のみの展示ですので、10分程度で鑑賞することができます。

去年もこの「shiseido art egg」をご紹介しましたが、今年も公募制の展示となっていて、新進のアーティストが3組が紹介される場となっています。第6回は3人組のユニットであるthree(スリー)、鎌田友介、入江早耶が入選を果たしたそうで、その順番に21日間ずつ個展が開催されていく予定となっているようです。

 参考記事:
  第5回shiseido art egg 藤本涼展 (資生堂ギャラリー)
  第5回shiseido art egg 川辺ナホ展 (資生堂ギャラリー)

今回はまず最初のthreeの展示となっていました。このthreeというグループはその名の通り3人組のようですが、福島生まれという事以外は特に素性について説明がなかったので、観てきた作品のみをご紹介しようと思います。

three 「Eat Me」
こちらはキャンディやグミが袋に詰められベルト状につながったものが、無数に天井から吊られた作品です。全部で7000個もあるそうで、大きな家の形をしています。カラフルでまさに現代アートといった洒落た雰囲気がありそれだけでも面白いのですが、この作品はタイトルの通り鑑賞者が食べることができますw せっかくなので、私もサイダーの飴をひとつ千切って食べました。持ち帰りはダメらしく、包み紙は部屋の一角にゴミを捨てるスペースがあってそこに捨てます。こうして会期中にどんどん食べられて家が消失してゴミが増えるのも作品のうちのようでした。解説によると、他者の力によって消失していく喪失感などを表現しているようですが、難しいことを考えなくても直感的に楽しめる作品でした。

three 「Tokyo Crowd」
こちらは一見、波打つような壁に映像を映している作品のように思えたのですが、よくよく観ると壁は魚の形の小さな醤油差しがびっしりと尻尾を向けて並んでいました。これも6万5千個もあるようで、それだけでも驚きです。そしてそこに映されているのは東京の交差点の人ごみで、解説によるとこれは福島県出身の彼らが東京のラッシュアワーに接した際に感じた違和感を表現したものらしく、お互いに不可侵の距離を保ちながら暗黙のルールによって規則正しく動くことが着想になっているようでした。群衆の動きを立体化して異様さを際立たせているとも解説されていましたが、確かに異様な一体感と迫力がありました。こちらも深い意図がありながら分かりやすくて面白かったです。


ということで、現代アートが苦手な私でも楽しめる内容でした。ここは無料で観ることが出来るので、銀座に行く際には寄ってみると面白いかと思います。


おまけ:
ここから少し歩いた所に静岡新聞・静岡放送東京支社があるので、ついでに写真を撮ってきました。メタボリズムで丹下健三が設計した建物です。
 参考記事:メタボリズムの未来都市展 (森美術館)
P1142689.jpg



関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

更新情報や美術関連の小ネタをtwitterで呟いています。
更新通知用twitter

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
15位
アクセスランキングを見る>>
広告