関東近辺の美術館めぐり ~美術・美景・美味を楽しむブログ~

悠久の光彩 東洋陶磁の美 (感想後編)【サントリー美術館】

今日は前回の記事に引き続き、サントリー美術館の「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」の後編をご紹介いたします。前編には混み具合なども記載しておりますので、前編を読まれていない方は前編から先にお読み頂けると嬉しいです。

 前編はこちら

K3300065.jpg

まずは概要のおさらいです。

【展覧名】
 大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美

【公式サイト】
 http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol07/index.html

【会場】サントリー美術館  ★この美術館の記事  ☆周辺のお店
【最寄】六本木駅/乃木坂駅
【会期】2012年1月28日(土)~4月1日(日)
 ※営業時間・休館日・地図・巡回などは公式サイトでご確認下さい。

【鑑賞所要時間(私のペースです)】
 2時間00分程度

【混み具合・混雑状況(日曜日17時頃です)】
 混雑_1_2_3_④_5_快適

【作品充実度】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【理解しやすさ】
 難解_1_2_3_④_5_明解

【総合満足度】
 不満_1_2_3_④_5_満足

【感想】
前回は金曜の夜に観た1章の中国磁器のコーナーについてご紹介しましたが、その時は1章だけ観て時間切れとなったため、改めて翌週の日曜日に観に行ってきました。閉館まで残り1時間だった為か、空いていて快適に鑑賞することができました。


<第2章 韓国陶磁の美>
下階は韓国・高麗・朝鮮の陶磁のコーナーです。5世紀に伽耶や新羅から日本に技術者が渡来し須恵器の技術を伝えたそうで、7世紀になると中国の影響を受けた新羅の緑釉が日本に伝わり、日本でも緑釉が誕生したそうです。また、高麗とは10世紀以来対馬を通じて私的貿易の交流があり、11世紀後半には太宰府などで高麗貿易が盛んに行われ鎌倉時代以降も続いたそうです。
朝鮮磁器に関して大阪市立東洋陶磁美術館は800件以上の「安宅コレクション」と400件の「李秉昌コレクション」を持っているそうで、ここには67点の作品が並んでいました。

[青 高麗青磁]
まずは青磁の作品が並んでいました。青磁釉の焼き物は高麗時代の朝鮮にもあったそうで、宋時代の中国の青磁をも凌ぐほどだったらしく、1123年に宋の使節と共にやってきた人物が、翡色(ヒスイかカワセミの羽の色)と記して絶賛したそうです。また、象嵌による白と黒の文様など装飾的なのは高麗青磁の独自性だそうです。ここにはそうした作品も展示されていました。

78 「青磁陽刻筍形水注」 高麗時代
薄い緑でたけのこのような形の水注です。と言うよりは雫のような形に見えるかな? 側面には葉っぱの葉脈のような模様があり、注ぎ口や把手の部分は竹の幹のような雰囲気があります。解説によると、中国でもひょうたんや瓜の形の水注はあるようですが、高麗ではそのものを繰り抜いたような具象性が追求されたようです。

79 「青磁彫刻童女形水滴」 高麗時代
座って瓶を持っている童女の姿の水滴です。頭にまげのような髪があり、そこを外して水を中に入れて、童女が持つ瓶の口から水が出るそうです。細かい造りで目の中まで表情がつけられ、生き生きとした雰囲気がありました。

89 「青磁逆象嵌牡丹文梅瓶」 高麗時代
おわんの中に象嵌によって3羽の鶴と煙のような雲が描かれた作品で、鶴と雲は高麗象嵌青磁で最も代表的な意匠の1つだそうです。ちょっとキャラクターのような可愛さがある一方で、羽のふわっとした感じも表現されていました。

90 「青磁白堆陰刻草花文水注」 高麗時代
丸っこい形の水注で、側面に白の円の中に細い線で植物を描いて(掻き落して)います。 全体的に淡い緑をしていて、色が美しい作品でした。

この先には黒釉や鉄釉の作品もありました。


[韓国陶磁の美]
15世紀から17世紀にかけて、朝鮮の磁器は日本に数多くもたらされたそうで、茶の湯の普及によって高麗茶碗は戦国大名の憧れとなった他、粉青や白磁の食器も普及していったそうです。文禄・慶長の時代には朝鮮から移住した陶工達によって有田・薩摩・萩など名窯の礎が築かれました。 その後、19世紀以降の近代になると、浅川伯教・浅川巧の兄弟や柳宗悦らによって朝鮮陶磁が紹介され、日本人はその魅力を知る機会を得たそうです。
 参考記事:柳宗悦展-暮らしへの眼差し (そごう美術館)

118 「鉄砂虎鷺文壺」 朝鮮時代 ★こちらで観られます
白い壺の側面に、赤茶色の鉄砂で虎の絵を描いた作品です。雲を背景に吠えているのですが、子供が描いたような簡略化で、のんびりした雰囲気がありました。

この辺の作品は素朴な感じのものが多く、良く言えば侘び寂びなのかもしれませんが、どうも朝鮮の作品は緩くてどれも緊張感に欠けるように思います…。中国磁器とは明らかに違う方向です。

107 「粉青鉄絵蔓草文瓶」 朝鮮時代
粉青というのは民間で使われたもので、茶色い土を白く塗り象嵌などを施したものです。 これは壺の側面に抽象絵画のような渦や線が描かれています。古代の土器か近代芸術を思わせるようなプリミティブな模様でした。これも脱力系かな。

100 「粉青白象嵌条線文?」 朝鮮時代 ★こちらで観られます
分厚い4本の足のついた器で、灰色の地に白土を塗りこんで象嵌を施しています。本来はこうした容器は青銅で作られるそうで、青銅器のような雰囲気が出ているように思います。側面がぐちゃっとうねるような模様があり、それがかえって現代アートのような趣きに感じられました。

109 「粉青粉引瓶」 朝鮮時代
ひしゃげた形の壺で、側面に無数の斑点があります。他にもひび割れていたりシミがあるのですが、それが侘びた感じに観えました。


[白 朝鮮白磁]
朝鮮でも14世紀末から中国の景徳鎮を理想に白磁が作られたそうです。王族専用で、白は儒教国家の精神性を象徴しているとのことでした。

115 「白磁壺」 朝鮮時代 ★こちらで観られます
大きな丸っこい壺で、満月壺と呼ばれる形だそうです。かなり大きいのでろくろで作るのは大変らしく、上部と下部で半球に分けて焼いて、真ん中で繋げているようです。その為か若干いびつに歪んで見えるかな。解説によると、これは志賀直哉の旧蔵品で、東大寺に譲られたそうですが、1995年に盗難に遭い粉砕されてしまったそうです。しかしその後の修復で見事に復元され、現在に至ります。薄っすらとそれっぽい跡が観えますが、言われなければ気が付かなそうです。見事な修復ぶりでした。

この辺には染付の作品もありましたが、どうにも好みではないのでメモは取りませんでした。

122 「辰砂松鶴文壺」 朝鮮時代
白い壺に赤い色で片足を上げて歩く鶴と、松が描かれています。ゆる~い雰囲気で漫画っぽい絵柄で、中国の白磁に比べて素朴な印象を受けました。

128 「青花鯉文扁壺」 朝鮮時代
白磁の扁壺に口を開けて身をくねらせる鯉の姿が描かれています。細い線で繊細に描かれ、上品な雰囲気がありました。これは宮廷画院の作風らしく、他の作品とは違った感じを受けました。

133 「青花辰砂蓮花文壺」 朝鮮時代 ★こちらで観られます
これは浅川兄弟の所蔵品だった大きな壺です。美しい曲線を持つフォルムで、底のほうが細くなっています。側面には蓮の花と葉が描かれ、花の赤や葉の青など色の使い分けが繊細で、幻想的な雰囲気すらありました。


ということで、朝鮮のコーナーについてはあまり好みに合わないものもあった気もしますが、参考になる内容でした。中国・朝鮮の陶磁器について一気に知ることができる機会となっていましたので、気になる方は是非どうぞ。

 参照記事:★この記事を参照している記事


関連記事


記事が参考になったらブログランキングをポチポチっとお願いします(><) これがモチベーションの源です。

  人気ブログランキングへ 

評価




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

21世紀のxxx者

Author:21世紀のxxx者
 
多分、年に70~100回くらい美術館に行ってると思うのでブログにしました。写真も趣味なのでアップしていきます。

関東の方には休日のガイドやデートスポット探し、関東以外の方には東京観光のサイトとしてご覧頂ければと思います。

画像を大きめにしているので、解像度は1280×1024以上が推奨です。

↓ブログランキングです。ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


人気ブログランキングへ



【トラックバック・リンク】
基本的にどちらも大歓迎です。アダルトサイト・商材紹介のみのサイトの方はご遠慮ください。
※TB・コメントは公序良俗を判断した上で断り無く削除することがあります。
※相互リンクに関しては一定以上のお付き合いの上で判断させて頂いております。

【記事・画像について】
当ブログコンテンツからの転載は一切お断り致します。(RSSは問題ありません)

展覧スケジュール
現時点で分かる限り、大きな展示のスケジュールを一覧にしました。

展展会年間スケジュール (1都3県)
検索フォーム
ブログ内検索です。
【○○美術館】 というように館名には【】をつけて検索するとみつかりやすいです。
全記事リスト

全記事の一覧リンク

カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する

日ごろ参考にしているブログです。こちらにも訪れてみてください。

<美術系サイト>
弐代目・青い日記帳
いづつやの文化記号
あるYoginiの日常
影とシルエットのアート
建築学科生のブログ
彫刻パラダイス
ギャラリークニャ
「 10秒美術館 」 ~元画商がほんのり捧げる3行コメント~ 
だまけん文化センター
横浜を好きになる100の方法
美術品オークション

<読者サイト>
アスカリーナのいちご日記
Gogorit Mogorit Diary
青い海(沖縄ブログ)
なつの天然生活
月の囁き
桜から四季の花まで、江戸東京散歩日記
うさみさんのお出かけメモ (u_u)
森の家ーイラストのある生活
Croquis
ラクダにひかれてダマスカス

<友人のサイト>
男性に着て欲しいメンズファッション集
Androidタブレット比較
キャンペーン情報をまとめるブログ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メディア掲載
■2012/1/27
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム「博物館ナイト」の収録に参加してきました
  → 詳細

■2011/11/21
海の見える杜美術館の公式紹介サイトに掲載されました
  → 詳細
  → 掲載場所

■2011/9/29
「週刊文春 10月6日号」に掲載されました
  → 詳細

■2009/10/28
Yahoo!カテゴリーに登録されました
  → 絵画
  → 関東 > 絵画

記事の共有
この記事をツイートする
美術鑑賞のお供
細かい美術品を見るのに非常に重宝しています。
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
外部ツール
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン・アート
17位
アクセスランキングを見る>>
広告